« 人間の記憶と気象庁 | Main | 続く地震に政府はだんまり »

2004.08.20

頑張った井上康生

井上康生は、結果は 残念ながら、最低でした。次々、日本の他の選手が好成績を収める中、リーダーとして一層プレッシャーがかかったと思われます。
しかし、試合を見ていた感じでは、そのような雰囲気は微塵にも感じられなかった。最後に、一本とられるまで、常に攻める柔道でした。それに反して、挑戦者は、消極的な柔道であった。 どちらかというと、挑戦者に与えられるべき失点は最後まで影響し、焦りから、一本を食らうこととなった。結果だけを見ると、続けての一本負けで言い訳は通用しないように思われます。
 試合すべてを見れば判りますが、時間を引き延ばす作戦、柔道着を取られたら、キチガイのように振りほどく、腰を低くする、足技、寝技の連続。これは、井上康生だけではありません。阿武が対戦したイタリアの相手などは、一時は喧嘩かとおもわれるような試合が見られました。 
オリンピックは、試合ですから、勝てばいいのですが、柔道に限ってみますと、あまりにも、私が頭に描いている柔道とはかけはなれているように思えます。レスリングとどこが違うのかと思えるような試合が多く、不愉快にも思えるぐらいでした。
 井上康生の試合は、褒められるものではありませんでしたが、カメラから逃げなければならない試合であったとは思えません。
日本人の柔道は、世界の柔道とかなり違っています。
頑張った井上康生だったと。

|

« 人間の記憶と気象庁 | Main | 続く地震に政府はだんまり »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/1234739

Listed below are links to weblogs that reference 頑張った井上康生:

« 人間の記憶と気象庁 | Main | 続く地震に政府はだんまり »