« 大栄町の高千穂は、古代はどのような所だったか | Main | 青谷上寺地遺跡に住んでいた人たち »

2005.02.23

青谷上寺地遺跡

青谷上寺地遺跡は青谷平野のほぼ中央に位置し、日本海まで直線距離にして1kmです。
当時は、入り江を形成して良港であったと思われます。発掘は1998年から始まり、2004年は、6月から11月まで続けられています。

出土品
① 鉄製工具---270点あまりの鉄器、鉄片が出土。鋳造鉄斧は、破片や再加工したものを含めても、20 点近くしか出土していない。これらは、中国・朝鮮から持ち込まれたと思われる。
② 木製容器 ----きれいな製品。
③ 木製高坏 
④ 蓋付き容器 
⑤ 木材多数--今から2000年前に護岸材に使われた板。長さ2.6m、幅70cmと大型で、弥生時代のものとしては最大。
⑥ 箱形の琴---完全な形で残っていた。琴の糸は何だったのでしょうか? (絹?) 
⑦ 琴の横板に書かれた絵-----五匹の動物が描かれていますが、三匹は狐のように口が尖っている。右二匹は、角が曲がって、羊のようです。
⑧ サメを描いた木製品---サメは群れをなして泳いでいる様子が描かれています。古事記に書かれている〔因幡の白兎〕は、サメの泳ぐ様を知っている作者が、ワニにして、創作したのかも知れません。
⑨ 編み物—現在でも通用するような複雑な編み方のものです。
⑩ 占いに使った骨---全国最多の220点出土。
⑪ 漁猟具—鹿の骨や木製の精巧なもの。
⑫ サメを描いた土器—波の上に躍り出た様子が描かれています。
⑬ 殺傷痕の見られる人骨――銅鏃が骨に刺さったままのものが、4点出土。
⑭ 脳。
⑮ 脊髄カリエスを患って死亡した人の骨。
⑯ 溝に蓋をし、そのときの板材。---長さ3mの範囲で確認されました。溝は、長さ8m以上、幅は50㎝程、深さは20~30㎝程で、溝の両壁面は横板を杭で止め、護岸されています。
⑰ 水田を耕す道具 
⑱ 貨泉---前漢を滅ぼして西暦8年に新を建国した王莽(おうもう)が、それまで流通していた五銖銭(ごちゅうせん)を廃した後、いくどかの貨幣改革を経て西暦14年に新たに鋳造させた貨幣---4点出土。少なくとも、西暦14年以後に此の地にもたらされた貨幣であることから、時代がほぼ確定できる。もっとも、200年後誰かが持ち込んだという可能性は無いことはありません。
⑲ 大型船が描かれた木製品
⑳ 銅鐸--破片が4点。高さが1mほどもある銅鐸の破片。見る銅鐸であった。山陰地方での銅鐸は、伊豆もなどで出土しているが、見る銅鐸としての出土したのは初めて。
⑳-1 鏡---6面出土。日本製の「重圏文鏡(じゅうけんもんきょう)。穴があけてあり、ペンダントのように使用してか? 「内行花文鏡(ないこうかもんきょう)」中国製。外に、文様のない日本製の鏡で、直径が4.9cmあります。弥生時代後期後半の溝から出土。破片ばかり。すべて、破片ばかりです。
この破片が、遺跡の中で壊されたのか、破片として遺跡に持ち込まれたのかはわからない。
⑳-2 土器、壺、甕、高坏 ---多数
その他 膨大な出土品が、ホームページに写真入りで公開されています。
上に書きましたデーターは、最近書かれたものばかりです。どのように判断するか難しいところですが、紀元前200年ころに遡るように思われます。
⑳-3 環濠  環濠内には、杉板で作られた矢板が打ち込まれていた。1900年ほど前から作られたようである。
⑳-4 大規模な護岸施設  遺跡周辺では、クイを打ち込んで2m 超える板で護岸を作っている。
⑳-5 水田跡。

⑦と⑲は線刻の絵ですが、気になります。

次回 これらを元に、青谷上寺地遺跡には、どのような人たちが生活していたのか想像して
見たく思います。
⑦の羊の絵ですが、此の頃、日本には、羊がいなかったと魏志倭人伝に書かれていますが、間違いでしょう。骨は出ていませんが、羊の絵は、二例目です。美作の陶器製の棺おけに、羊と羊飼いの姿が描かれています。美作で葬られた人は、羊をつれて、青谷に上陸し、天神川を遡り、ヒルゼンを通り美作へ行ったのかも知れません。
⑲は、装飾を凝らした大型船を中心に、同型の小型船3隻が続き、さらに船形の異なる中型
船2隻を従えた、少なくとも大小6隻の船からなる船団が描かれています。この絵がいつ頃
描かれたか不明ですが、2000年前としますと、この時、すでに大陸と行き来をしていたこと
になります。
150年も遡れるかどうか判りませんが、徐福か゛3000人を率いて渡来・イザナギ、天照大神、月読命
スサノオも、大勢の人を引き連れてやって来た可能性がでました。
この遺跡の年代は、出土した土器で判定されたと思いますが、どこの遺跡も100年ほど遡らないと他
のことと話が合わないように思っています。ところが、青谷上寺地遺跡では、貨泉が4枚見つかって
います。 

|

« 大栄町の高千穂は、古代はどのような所だったか | Main | 青谷上寺地遺跡に住んでいた人たち »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/3041396

Listed below are links to weblogs that reference 青谷上寺地遺跡:

« 大栄町の高千穂は、古代はどのような所だったか | Main | 青谷上寺地遺跡に住んでいた人たち »