« スサノオはなぜ泣いたのでしょう その2  | Main | スサノオ、天照大神を攻撃する »

2005.03.01

閑話休題--1

9月25日に書き始めてから、休まず、つっぱして来ましたので、古事記と関係ないことを書いて見ます。
歴史のことで判らない事はいっぱいありますが、一番不可解なのは、資料から見ますと、中国・朝鮮と日本とは、雲泥の差が有ります、又、魏志倭人伝に書かれている日本人(倭人)が所有する武器ですと、戦士が500人もおれば、倭人を皆殺しに出来ます。天皇を殺すことも難しいことではありません。多くの渡来人がやってきたはずなのに、 日本人はインカのように全滅しなかったことです。
魏志倭人伝には、当時100の国があり、互いに戦争をして国が大いに乱れていたことになっています。渡来人が100の国ぐらい平定するのに、一年もかからないと思います。 

普通に考えた疑問に納得のいく説明ができない限り、現在の日本の歴史の捉え方は間違っていることになります。
上のことと関連しますが、天皇の皇居は、私が入ることは難しいと思います。それほど、厳重に兵隊が守っているわけでは有りませんが、入ることは困難だと思います。一人ぐらい侵入する人がいても良いと思います。誰もいません。侵入すれば歴史に残ることになります。
奈良の平城京は、少しずつ復元されています。朱雀門に沿って塀はあります。きっと、平城宮の周りは塀があったようです。長安を参考にして作られたことになっていますが、長安は、大きな城壁によって、町全体が囲まれています。平城京も周りに城壁があったという話は聞きません。藤原京、難波京、平安京 すべて同じです。
現在の皇居は、江戸城だったから、濠はありますが、皇居には防御施設がありません。

どのように考えたらいいのでしょうか。
普通の家ですと、ドロボウがいくらでも入るのに、どうして皇居に入いらないのでしょうか。本当は入っているのですが、恥じになるから発表しないだけでしょうか。
本当は、入っても仕方が無いのだと思います。何かを盗んだとします。これは皇居にあった品物だと売るわけにもいかないし、自慢して他人に話しもできないし、中にいる人を殺しても仕方がないし・・・。
このように考えますと、天皇に執って代わっても、なに一つ得になることは無かったのだと思われます。ただ、天皇が自分の言うことを聞かないときは、天皇を交代させる必要は生じたのだと思います。
それにしても、初めの頃の日本人は、字も知らなかったことになっています。
渡来人が感心するほど、素晴らしい生活をしていたと考えないと、上に書いたようなことでは説明がつかないと思います。歴史の捉え方が、どこか間違っているのでしょう。                          

|

« スサノオはなぜ泣いたのでしょう その2  | Main | スサノオ、天照大神を攻撃する »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/3124195

Listed below are links to weblogs that reference 閑話休題--1:

« スサノオはなぜ泣いたのでしょう その2  | Main | スサノオ、天照大神を攻撃する »