« スサノオ、天照大神を攻撃する | Main | ウケイ(誓約)で判断 »

2005.03.03

がんばれ ライブドア  その3

日本放送やフジテレビは公共性のある会社だから、普通の会社とは違う。とメディアでは、語り記事にしている人が見られましたが、公共性とはどういうことでしょうか?
不思議な言葉です。これを主張すればなんでも通る雰囲気があります。
例えば、台風や地震があったときに、何時、何処に避難するのか。避難した人にどのように、誰が状況を伝えるのか。政府がするといってもテレビ・ラジオ・新聞を使わないと方法はありません。この辺りは公共性といってもいいと思います。間接的に外国資本が入っていると、これらのことは出来ないのか? 出来るとおもいますが・・・。
外国が攻めてきた場合。現在のところ、可能性のあるのは、中国と北朝鮮です。其のときは、正確に様子を伝えるのは、やはり、メディアであると思いますが、政府の手の内を性格に報道したのでは、敵にやられてしまいます。いかに、嘘の報道をして国民も敵も騙すかということが重要になります。其のとき、外国資本が入っていると報道ができなくなるでしょうか? 出来なくなるかもしれません。それでは、困りますから、政府のいう通りに動くメディアである必要があります。何のことはありません。第二次世界大戦のときの、ラジオ局と新聞社です。
先日、大阪・寝屋川市で中学校に卒業生が入り、先生を殺傷する事件が発生しました。
猛烈な勢いで、報道しました。これは、一般国民に知らせる義務感からでしょうか? 公共性のなせることでしょうか? 国民は知っていてもいいですが、知らなくてもいいのです。あれだけ報道されますと、北海道の平和な中学校でも、職員会議が開かれたと思います。そして、なにもしないでいますと、もし、同様なことが起こったときに、新聞に叩かれますから、会議を開いたことを記録に残し、門のところにインターホーンを設置、お金のあるところは、誰も見ないテレビ撮影装置を付けられたことでしょう。
事件が起こった中学校では、さぞ、大変であったでしょう。連日会議。そして、危険だから、下校登校時は、先生が付き添うことに決定。結果、先生くたくた。精神的に参られたから、精神カウンセラーを呼んで、治療することになった。どうして、先生が付き添う必要があるのでしょう。心配である親が、送り迎えをすればいいのです。あれだけ報道すれば、学校とすれば、失敗は赦されないと考えるしかないでしょう。公共性どころか、世の中をずたずたにしていることが判ります。
 公共性が必要なメディアは、日本に二つぐらいでいいのではありませんか? フジテレビには、従業員は何人おられるのでしょうか? サンケイグループには、何人おられるのでしょうか? どれほど、優秀な人がおられるのでしょうか? 日本の将来を引っ張って行く人が、夕刊 フジのようなものを毎日、製作するでしょうか?
全体を眺めると、公共性を前面に出すほどのことをしてこられたのでしょうか?

国民、皆で公共性について、考えてみてもいいと思います。
公共性のないラジオ・テレビ局があってもいいでしょう。

|

« スサノオ、天照大神を攻撃する | Main | ウケイ(誓約)で判断 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/3151594

Listed below are links to weblogs that reference がんばれ ライブドア  その3:

« スサノオ、天照大神を攻撃する | Main | ウケイ(誓約)で判断 »