« 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 | Main | 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 その2 »

2005.05.12

ATS―Pの設置義務化決定

「兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山)の脱線事故を受けて、北側国土交通相は8日、全国の鉄道会社に、新型の自動列車停止装置(ATS―P)など、急カーブでの列車の速度を制御できる設備を義務づける考えを明らかにした」以上は、asahi.comの記事です。これは、本当なのでしょうか? JR宝塚線で義務付けるのであれば、判りますが、一部だけの義務化は、法律的に無理なのでしょうか?
記事の続きを読みますと、義務化をすると企業の負担が増えるので、税制面で援助するとあります。北側国土交通相が出されるのであれば、判ります。税金で賄うことになります。税金はどのように使っても良いかもしれませんが、本当に必要なのでしょうか?
地方都市で、一時間に2本ぐらいしか運転されない所でしたら、税制負担どころで済みません。運賃をあげるしかありません。このような所でしたら、ダイヤ通りに走ってもらえば充分です。数秒を争って運転したもらう必要はありません。乗客の殆どが、少々高くても良いから、スピードを出してほしい。安全に走ってほしいと考えれば、全路線に付ければいいことです。国土交通省で考えることではないでしょう。
これからの日本は、できるだけ自分の行動には、自分で責任を持たないと、すべて、政府がするようでは、借金が増える一方です。
二分ごとに、列車を走らせないと世の中がうまくいかないこと自体がどうかしています。
尼崎に着いた乗客は、数秒以内で乗り降りをしなければならないこと自体がどうかしています。私の娘は、毎日、3回乗り換えて職場に通っていますが、其のうちの1回は、電車を降りて、10秒後には、ドアーが閉まるそうです。本当は、そんなサーカスのようなことをしないで、次の列車は、2分後に来るのですから、次の列車にすればいいのです。
JR西日本だけではなくて、日本人全体がおかしくなっているのでしょう。
ATS―Pの設置義務化は撤回した方がいいのでは?

|

« 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 | Main | 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 その2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/4091232

Listed below are links to weblogs that reference ATS―Pの設置義務化決定:

« 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 | Main | 魏志倭人伝を読む   福の字がつく地名 その2 »