« 古事記を読む  倭文神社の考察 その1 | Main | 倭文神社の考察 その2 »

2005.08.09

郵政否決 首相笑顔で?

我が家の新聞(8月8日夕刊)が おかしいのだろうか? 小泉首相がいつものスタイルで片手を挙げて、やや作り笑いとも見える笑顔で写真に納まっている。記者団に向かって手を挙げているのですから、新聞・テレビで報道されるのを承知でのポーズです。
 一般には解散をちらつかせて、言わば脅しながらの審議でしたが、そのような批判を受けることは重々承知していたはずです。結果は大差の負けで、それでもなお、解散をして国民に真理を問うのはいいかも知れません。国民が、駄目だといえば、小泉首相の考えが受け入れなかっただけのことです。間違っていたわけではありません。
小泉首相は、はじめから郵政は民間に持っていくといっていました。この世界で甘い汁を吸っている人が、100年来続いていることを知っていたのでしょう。それこそ、是ぐらいにやっておけば、民間に移管できなくても、相当大胆に改革は可能です。そして、もう一ついっていたことは、どうしようもない自民党という政党を潰すと言っていました。これも、この選挙で、潰れはしなくても改革されるでしょう。
 国会にも国民にも指示されないのであれば、退陣すれば良いだけのことです。もし、否決されていなかったら大変だったでしょう。いざ、本当にすすめるとなると、自殺する人もでるほど、国民に負担をかける事業でしたから、日がたてば忘れられるだけのことです。
首相とすれば、案外 清々したのかもしれません。

もし、退陣となるようなことになった場合、置き土産をしてほしく思います。
元首相の森氏が説得のために訪問しました。そのとき、小泉首相から受けた数々の侮辱が、八分にもわたってテレビで放映された。あの映像は冗談をではありませんでした。これまでの政治家の説得工作というものが、どのようなものであったのか、あの映像に対するお返しとして、公表してほしいものです。

さて、選挙がどちらに転んだときに、首相の笑顔をみることができるのでしょうか?

|

« 古事記を読む  倭文神社の考察 その1 | Main | 倭文神社の考察 その2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/5374743

Listed below are links to weblogs that reference 郵政否決 首相笑顔で?:

« 古事記を読む  倭文神社の考察 その1 | Main | 倭文神社の考察 その2 »