« 古事記を読む  火照命の服従 その2 | Main | 其行來渡海詣中國 »

2005.11.27

古事記を読む  火遠理命と産屋

No149
No142において、二人の子供に何故「火」がついているか、その理由を付けたしたのでしょうか? ・・・なんだかすっきりしませんと書きました。
「佐久夜毘売よ、一宿にや妊んだからには、これ我が子ではないだろう。きっと、国つ神の子であろう」とニニギ命に言われて、木花之佐久夜毘賣は、戸無き八尋殿(やひろどの)を作りて、其の殿の内に入り、土をもって塗り塞ぎて、産む時にさいして、火を其の殿に著けて産みました。

このような馬鹿なことはあり得ないと思っていましたが、これに近い風習と木花之佐久夜毘賣のことも書いてある本を読みましたので、紹介します。澤 潔著『西丹波秘境の旅』より
① 京都府の由良川の支流・土師川の分流の川合川の源流に、大原(三和町)に藁屋根妻入りの二畳ぐらいの広さの産屋が復元されています。大原の町では、大正初期までこの小屋でお産をしていた。その後、家でお産をするようになってからも産後、産婦がここに移って七日間、のち三日間の忌ごもりをする風習は、昭和30年(1955)ごろまで続いていたという。
② 対馬の木坂(上対馬町鰐浦)にも似たようなものがあったことを『海神と天神』(白水社)から抜書きをしています。
「婦人が産をなす場合には、ひと川隔てたる血に、わざわざ小屋を造りてこれに移る。而して、一定の日数がたつまで産婦はその小屋に居りて、家人が食事をはこぶなり。また産の時は、男子は小屋に近づくことを禁ぜり。こは人家のある地は、そこにある神社の神領なるをもって、かく離れたる地に至りて産をなせるなり」
上の風習は、明治20年ころまで続いたとあります。『谷川健一著作集⑧』にも詳細にあると澤 潔氏は紹介しています。
「産小屋の中には、川砂を敷気、その上に藁を敷いて床を張らなかった。床を張ったら難産、床を取ったら安産と言われた。産屋の砂は安産のお守りとして、今でも氏子に配られている
」。

③ 若狭に多い産屋と題して、常宮神社の「砂持ち行事」のこと、気比神宮では、いまでも参拝者が砂袋をもらい受け、お産の前に、自分の家屋敷の隅に撒いて邪気を払うなどの記事があります。
立石半島の西浦七郷と呼ばれる縄間・常宮・沓・手ノ浦・色ヶ浜・浦底・立石の七郷と、それに隣接する白木、又常神半島の常神・神子・小川の三村落や内外海半島の外浦の犬熊にも産屋があったことが記されています。

④ 徳之島では、婦人が出産すると、産屋の側で七日間昼夜別なく火を焚く。この習慣は、琉球では、奄美(アマウミの略)から八重山(ヤエ山はハエ山で南の意味)諸島一帯まで行われていた。
同じ習俗はインドネシア、インドシナ半島の諸民族に顕著で、メラネシアまた八丈島にもあるという。
この外に、『古語拾遺物語』の中の一文も加えて、「お産の忌み」に関する風習を記しています。
はじめに書きました大原の藁屋根妻入りの産屋の近くには、大原神社があります。この神社の祭神は、イザナミ命、アマテラス大神、ツキヨミ命です。この神社の又の名は、天一社と云うそうですが、どういう意味か判りません。少し、南下したところの西脇市に天目一箇神(アメノマヒトツノカミ)がありますが、この天と一を取ったとしますと、こちらは製鉄の神ですし、祭神のアマテラス大神、ツキヨミ命から推察すると、この一帯に高天原から移動した天津族が住んでいたのかも知れません。
産屋に火を点けたのは、疑われたために、間違いないことを証明するために起こした本当の事件であったのかも知れません。

|

« 古事記を読む  火照命の服従 その2 | Main | 其行來渡海詣中國 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/7348416

Listed below are links to weblogs that reference 古事記を読む  火遠理命と産屋:

« 古事記を読む  火照命の服従 その2 | Main | 其行來渡海詣中國 »