« 皇位継承 と 天皇制 | Main | 皇位継承(その3)  皇極天皇はどのような人 »

2006.02.15

東京地検特捜部は悪くない?

東京地検特捜部は正義の味方で素晴らしい活躍をしておられます。でもやり方がよくないのではないでしょうか? 
先日来、新聞報道でホリエモンが調べに応じないことが記事になっています。このような事は誰が流したのでしょう。東京地検特捜部の人しかいないと思うのです。これはけしからんと言うことでしょう。これを元にいかに、ホリエモンが悪いかの記事が続きます。
東京地検特捜部の人は、これを流すことによって、自分達の調べが考えているように進むことを意図していることは間違いないと思われます。新聞報道で世論を先につくりますと、それを跳ね除けてまで、裁判官はホリエモンに有利になるように判決することはできないと思います。
ホリエモンが調べに応じないことぐらいは良いかなと思っていましたら、今日(2月15日)の読売新聞のトップにすごい記事が出ています。
 ライブドア粉飾 広告掲載データーねつ造 架空取引隠し関連会社に指示 監査法人欺く
兎に角大きいタイトルですから、実際に見てください。
 記事要約は、インターネット関連企業「ライブドア」が2004年9月期粉飾した際、架空売り上げの計上が発覚しないよう、データーのねつ造を関連会社に指示していることが、関係者の話で分かった。監査法人の会計監査をごまかす狙いがあり、ねつ造データーは監査法人に提出されていた。東京地検特捜部も同様の事実を把握しており、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で、前社長の堀江貴文(33)らの再逮捕に向けた捜査を続けている。」

後に、3段組の記事が詳細に掲載されています。
この要約はおかしいと思われませんか? 「関係者の話」とは誰なのでしょう。
① ライブドアの会計に携わった人
② データーを受け取った監査法人の人
③ 東京地検特捜部の人
この三つのケースが考えることができます。
① は内部告発で許されると思われます。それなら、誰だと名前を書けばいいです。
② この人であれば、職務上知り得たことを新聞記者に喋ってもいいのでしょうか? 東京地検特捜部の調べで話すのであれば判りますが・・・。
③ 東京地検特捜部の人が、新聞記者に喋ったら駄目でしょう。憶測するとすれば、元東京地検特捜部の人が、東京地検特捜部の人から聞いて、それを新聞記者に流した。この可能性は一番です。

その証拠に「東京地検特捜部も同様の事実を把握しており、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で、前社長の堀江貴文(33)らの再逮捕に向けた捜査を続けている」と書いています。
この新聞記者は、どうして、東京地検特捜部も同様の事実を把握していることを知ったのでしょう。しかも、ご丁寧に「証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で、前社長の堀江貴文(33)らの再逮捕」しようとしていることまで書きました。
新聞記者も悪いですが、意図的に流した東京地検特捜部も悪いです。

CCF20060215_00000
(画像クリックで大きくなります)

 
自分達が考えている通りになるように、いろいろ細工をすることは良くありません。
この新聞記者と東京地検特捜部の人は、誰がさばくのでしょうか?

|

« 皇位継承 と 天皇制 | Main | 皇位継承(その3)  皇極天皇はどのような人 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/8669812

Listed below are links to weblogs that reference 東京地検特捜部は悪くない?:

« 皇位継承 と 天皇制 | Main | 皇位継承(その3)  皇極天皇はどのような人 »