« 倭国大乱(2) | Main | 上野神社 ・三島神社の不思議 »

2009.08.15

倭国大乱(3)

中国の文献では自国がやぶれた時には、日本の国名を殊更にあいまいに書いたのであった。
 何所に敗れたか分からない様にカムフラージしたのである。
 勝った戦争なら地名を正確に書く方がPRになる。従って倭面土国はソツクリの地名は日本にない筈である。
 しかし戦争経験者なら、中国と日本の地図をひろげて日本の基地を考えて見て欲しい。天草の本渡、熊本の宇土半島、伊都国の候補地糸島が適地である。
 面土国とはこの何れかだったことだろう。
 魏志倭人伝では難升米は正確な国名を知って居り、魏の都に半年も居って日本攻略法を研究したのに国名は誤魔化してあった。
 人の名前までデタラメを書いたのである。中国人の倭国に関する記事には特に注意が必要である。
 面土国は漢軍が日本攻略目的なら、九州にないと戦略的に不利である。何れにしても九州に漢国の前進基地があったのだ。

|

« 倭国大乱(2) | Main | 上野神社 ・三島神社の不思議 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18266/45929986

Listed below are links to weblogs that reference 倭国大乱(3) :

« 倭国大乱(2) | Main | 上野神社 ・三島神社の不思議 »