« 漢字9  言  依 | Main | 勾玉と兵庫県立博物館 »

2011.02.22

神武紀元 (1)

古事記で年代が分かるのは、崇神天皇が崩じた年である。この時のエトは戌寅と書かれている。
 これ以後も年代が分かるエトは、書かれてない。年代を論ずる時に、記紀と書かれては誤解を招くだけだから、梅原先生の記述に異論を申上げたのである。
 古事記には天皇の年令が書かれている。人の年令を信用出来る根拠があるだろうか。わたしは年をきかれると、時には〔ネズミ〕だと返事する。これで確実に12才は、サバが読める。20才位少い目にしておいても、当分はゴマ化しが通用する。
 「おんな太閤記」の秀吉が、何才で死んだか確証があるだろうか。僅か300年昔のことでも、年令は調べ様がないのである。
 昔の人はわたしは元禄四年生まれと云ったらインチキだ。ヒツジと云った筈である。
 このエトは申すまでもなく、中国の年代表示である。
 古代にエトが分るからには、中国との交流が前提条件である。

第13話 建国の日は正しかった  37ページ より

|

« 漢字9  言  依 | Main | 勾玉と兵庫県立博物館 »