« 勾玉(3) 勾玉の形は胎児からか | Main | 資料 古墳 箸墓古墳 (1) 北緯と太陽の道 »

2011.05.19

絹戦争(16)

 中国は日本の絹が欲しいために、日本書紀各地を占領した。しかも絹の出ない所には、兵を進めなかったのである。
 ヤマトタケルが熊襲と出雲の出雲タケルを征伐して、帰還すると、すぐに東に征伐に行く様に云われた。
 この征伐のルートは〝大日本読史地図〟に示されている。
 秩父、買い、信濃、諏訪、岐阜、桑名、福島と全て、絹の産地であり、絹に縁のある地名の密集地は網羅されていた。
 しかも、これが全て銅鏡の出土地だった。近くには竜や、城、雷のつく地名も必ず見付かったのである。
 何故ヤマトタケルは急に征伐を頼まれたか。実は中国が北朝鮮の支配権を失ったのが、315年である。この年に高句麗が独立した。
 高句麗が独立したので、中国から南朝鮮沿岸沿いのルートが絶たれた。従って日本各地の中国軍は、本国との連絡が失われてしまった。景行天皇が九州征伐ができたのも、高句麗独立と関連していたのである。

第13話 建国の日は正しかった  83ページ より

|

« 勾玉(3) 勾玉の形は胎児からか | Main | 資料 古墳 箸墓古墳 (1) 北緯と太陽の道 »