« 記紀(2) | Main | 記紀(3) »

2011.05.27

資料 古墳 箸墓古墳 (4)  倭迹迹姫命は誰だ

前回も見て頂きましたように、倭迹迹姫命の名前は、日本書紀の崇神天皇10年のところに、書いてありました。ですから、崇神天皇の御世の人だと思っていましたが、崇神天皇の兄弟には、倭迹迹姫命はいません。
 崇神天皇は、先代の開化天皇の子供ですから、ここに書いてあります。6年春に崇神天皇は、第二皇子として、御間城入彦五十瓊殖尊の名前がみられます。
 外に、
第一皇子:彦湯産隅命
第三皇子:彦坐王
 が記載されています。

ところが、古事記では、違っています。これが重要な所ではないかと思います。
古事記では、
第一皇子:比古由牟須美命
第二皇子:御真木入日子印恵命
  皇女  御真津比売命------御真木入日子印恵命の父妣な寺の兄弟
第三皇子:日子坐王
第四皇子:建豊波豆羅和気王 


 古事記では、この天皇の御子等、併せて五柱なり。(男王四、女王一) 
 と念を入れて断ってあります。


崇神天皇に妹がいたという話は、あまり聞きません。しかし、上の様に、日本書紀には、違ったことが書いてあります。
 この辺りのことを以前に書いてことがあります。読んで頂ければと思います。

卑弥呼は崇神天皇の妹
http://homepage1.nifty.com/o-mino/page744.html

|

« 記紀(2) | Main | 記紀(3) »