« 唐の傀儡政権だった近江朝廷(1) | Main | 唐の傀儡政権だった近江朝廷(3) »

2011.10.29

唐の傀儡政権だった近江朝廷(2)

大友皇子が如何なる人物であるかは、日本書紀の668年(126頁)に精しく書かれている。中大兄皇子には皇后の外に、側室が四人おられた。更に宮人四人の間にも子供が生まれている。大友皇子は炊事女中の家におった子娘との間に生まれた素性すら分らない人物である。従って落とし子で皇子の資格がない。
 この大友皇子を太政大臣にして、近江朝廷の組閣人事を行ったのは、百将の鎮将が遣わした唐人、李守真である。
 日本書紀では天皇の享年や在位等がなぜデタラメかの謎を解くことである。この理由が分らない以上、日本書紀にはアリバイ工作はないと考えることは矛盾してないか。
 太政大臣が大友皇子に決まったのは1月5日で百済の鎮将劉仁願が李守真を遣わしたのが1月13日だから、李守真は近江朝廷の組閣には無縁だとのアリバイが成立する。しかも李守真は唐人と分かるのは7月11日の記述である。なぜ1月13日に来朝した時には唐人であることを隠したのか。日本書紀の記述に矛盾があれば裏を読むことだ。


第19話 壬申の乱は日唐戦争  43ページより、転載

|

« 唐の傀儡政権だった近江朝廷(1) | Main | 唐の傀儡政権だった近江朝廷(3) »