« 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(11) | Main | 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(13) »

2012.05.30

第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(12)

本居宣長は古事記が日本の正史だと主張して来た。しかし太陰暦を太陽暦に改める時に日本書紀を採用したのである。古事記には神武天皇が橿原宮で天下を治めたとだけしか書かれてなかった。
 しかし紀では辛酉の年の正月に即位したと書かれていたので、これを基準にした。この時の低陰暦の正月が太陽暦の2月11日だったのである。ここまでは正しかった。
 この時に日本書紀の天皇の在位年数を加えると西暦より660年も遡ることになり、これを皇紀元年にしたのである。日本の歴史は本居宣長の言を信用しないで、無批判に日本書紀を採用したために矛盾が生じた。
 先に述べた様に天皇即位制は中国系不比等が持込んだ謀略である。この日本書紀を偽書だと云われれば困るのは誰だろうか。一度犯した間違いを今更訂正出来なくなった。このために日本独特の土器編年表で、年代を全てゴマ化して来たのである。しかしカーボン14で絶対年代が計れるが計れることになり、ここでこの年代を国民に内緒にする外なくなった。


第17話 古事記が解いた古代史 21ページより転載

|

« 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(11) | Main | 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(13) »