« 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(5) | Main | 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(6) »

2012.05.16

銅鐸について考えた事  小銅鐸(2)

前回、銅鐸の中には、〔小銅鐸〕と云うものがあり、現在の所、50程あるらしいですと書きました。
 
小銅鐸(1)は、http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2012/05/1-db55.html に書きました。
 資料の保管場所は、【歴史の不思議】http://www21.atpages.jp/skeikas/ です。このコーナーは、私以外に見られる方はありません。

 【銅鐸のおはなし】http://www21.atpages.jp/skeikas/page195.htmlの小銅鐸をご覧ください。

 まだ、50件には到りませんが、33件の資料が集りました。
 静岡、千葉、福岡が、断然多いです。この3つの県には、共通のものがあるはずです。

 小銅鐸一覧のページから「戻る」をクリックして頂きますと、まだ、完成していませんが、大きな銅鐸の一覧表を掲載しています。 大きな銅鐸は、全部で500個近くあるそうです。現在、136個ですから、まだ、利用できませんが、静岡、千葉、福岡には一致しません。
 と云うことは、小銅鐸と普通の銅鐸は、別のものだと考える必要があるように思います。

 銅鐸は、豊作を願ってお祈りするときに使ったとされていますが、そうかもしれませんが、そのような絵が残っているわけでも無く、伝承すらありませんから、考え直す必要があるのではと思います。
 小銅鐸の方は、大きいのと小さい銅鐸があります。どのような所で発掘されたのか、複数個見付かったとか、どの様な場所で見つかったかなど、詳細に見ていく必要があります。

少なく共、静岡、千葉、福岡で多く見付かったということは、今後、ここで見付かるという予想を立てています。

|

« 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(5) | Main | 第17話 古事記が解いた古代史  先入主を捨てよ(6) »