« 古事記が解いた古代史  魏志倭人伝の時代(3) | Main | 古事記が解いた古代史  魏志倭人伝の時代(5) »

2013.11.29

古事記が解いた古代史  魏志倭人伝の時代(4)

倭人伝には使訳通じる国が三十国と書いている。これは奴国や邪馬台国を指しているのではない。倭人は漢族に圧迫されて渡来した民族だから、漢族はもともと敵であって善隣ではない。従って使者を出すことなどは原則としてない。卑弥呼が難升米を使者として出す根拠はないのである。
日本の各地から銅鏡が出土する。これは中国人が居った証拠である。中国と交流しないことには銅鏡は入手出来ない。次には銅鏡が出土した所は全て絹にかかわりがある所だ。
 更にこの近くには○城と二字目に城がつく地名、竜がつく地名、鬼(日本人が地名を付けた時は鬼は異人のことだ)がつく地名のパターンがある。
この様な中国と使者が交流したり、訳が分った国が、使訳通じる国だ。
倭人伝で倭人が風俗習慣が海南島人と同じだと書かれ、海南島には紀元前後には苗族が住んでいた。しかもこの苗族は漢と戦ったと書かれた文献まである。
 この苗族を主にした倭人が漢の銅鏡をわざわざ手に入れるだろうか。


古事記が解いた古代史  192ページより転載

|

« 古事記が解いた古代史  魏志倭人伝の時代(3) | Main | 古事記が解いた古代史  魏志倭人伝の時代(5) »