« 私の健康管理---塩分 | Main | 私の健康管理---塩分の重要性 »

2015.07.04

私の健康管理---塩分 その1

過度な減塩は危険&体に害!「塩は高血圧の原因」はウソ?精製塩はダメ、良い塩とは?

http://biz-journal.jp/2015/07/post_10596.html

 この文章は、読者の大半の方は、なるほどと思われたと思います。

 文書は、タイトルに書いてあるように、三つの部分に別れています。

①過度な減塩は危険&体に害!
②「塩は高血圧の原因」はウソ?
③精製塩はダメ、良い塩とは?


執筆者は、知識が豊富で、タイトルに対して、その様に言える理由を書いておられます。ただ、欲張り過ぎて3つのことを書かれたために、では、読んだ人はどうすればいいのかは書いてありません。


①過度な減塩とは、どれだけ減塩すれば、危険なのか判りません。体にどのような害をもたらすのかを書いて居られません。

②「塩は高血圧の原因」はウソ? には、「?」が付いています。 暗に、「塩は高血圧の原因」では無いのではないかと書いて居られます。

 過度の食塩を摂りますと、喉が渇いて、水を飲みたくなります。すると血液の量は、一時的に増えます。多すぎますと、その塩分と、水分を出そうと頭が判断することになります。
 しかし、飲んだ水の為に、血液の量は増えます。増えた血液は、身体を巡る時に、血管に当ります。その当る力に対して、血管が跳ね返そうとする力が、血圧です。
 
 暫くは、血圧が高い状態が続きます。 ここまでは、化学と物理の知識が必要です。


この状態を高血圧と云いますが、血圧がいくらであれば正常なのかは、この状態を診察された先生の判断によって異なってきます。  この分野は、医学の分野になります。

執筆者の南清貴さんは、知識が豊富過ぎるのだと思います。
 塩分が、体にどれほど重要かは、ローマ時代には、兵士への給料が塩(salt)で支払われたといわれており、それがサラリー(salary)の語源になったのです。の例や、日本の「塩漬け」や「浅漬け」の素晴らしさを挙げて説明して居らますが、生きて行くために、塩の重要さの根拠にはなりません。

 動物にとっての、私が考えた塩分の重要性を次回に書きます。

|

« 私の健康管理---塩分 | Main | 私の健康管理---塩分の重要性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私の健康管理---塩分 | Main | 私の健康管理---塩分の重要性 »