« October 2015 | Main | December 2015 »

2015.11.30

『潰れない日本』 戦争はどの国と (16)

 ここ暫く、日本が戦争する相手は、中国を初めとして、所謂大国だと思ってきました。
 しかし、自分の国の中に、日本を潰そうと思う人が少しは、おられると思っていましたが、沖縄県の人達が、本気で、日本から独立をするつもりになって居られるのが分りました。
 それは、[沖縄 独立]をキーワードにして検索して頂きますと、いろいろヒットします。

一部で独立論強まる沖縄県 尖閣諸島の次に中国が狙っている?
http://matome.naver.jp/odai/2134786542349728401
この記事は、どのような方が書いておられるのか分りませんが、私が購読しているメディアでは、全く取上げていません。
長いですが、最後まで読んでください。

 現在は、沖縄に造る米軍の基地のことで、裁判になっていますが、この問題が、沖縄県が勝つのではなくて、沖縄県知事が勝ちますと、日本の政治は、混乱をきたします。

 これらの事が認められますと、憲法は必要無くなります。憲法より、判断をする裁判官の方が、力が強い事になります。

 例えば、対馬も独立を認められたとします。島だけでは生活が成り立ちませんから、島と廻りの海の使用する権利を中国に売ります。 これだけで、対馬の人は、なにも働かなくても、生活が出来ることになります。

 このような誰も考えたことの無い事に対して、すべて、完全な法律は作られているのでしょうか。
 これからの世界は、領土は無くても、イスラム国のように、国を支配していると権利を主張出来ることになります。

 イスラム国に対して、フランスの法律を適用することは出来ません。

 このような不穏な状態になっているのに、沖縄県知事を国家転覆の罪で、検挙し、裁判をすることが出来ると思いますが、しないところをみると、そんな法律は無いのでしょうね。

フランスもおかしいですね。イスラム国は、国ではなくて、ならず者だといって、殺すのであれば、言葉は悪いですが、正しいです。ならず者だと発言しますと、大統領が、個人的に殺されますから、イスラム国を国と認めて、[戦争]だと宣言しました。

沖縄の人は、当然、日本に残りたい人は、本土に移動するでしょう。その時には、入国を禁止するということは出来ません。日本人だからです。
 しかし、中国の属国になって、豊かに暮らそうとする沖縄県の人は、沖縄を離れて日本で生活し、、独立後、中国のスパイとして働き、テロをおこなって、日本を潰す事になるでしょう。
 どうして、そんな考えをするのだと叱られるかも知れません。

 ここ15年程、2000年ほど前からの日本の歴史を調べています。

 日本も、外国と戦争をしたことが有るのです。
[白村江の戦い]と呼ばれている戦争が有ります。数万の軍隊を三回に分けて、朝鮮半島に差し向けました。しかし、負けました。
 責任者の中大兄皇子は、大陸から、一杯せめて来るので、お城を一杯築き、最後は、滋賀県の大津に、都を遷したことになっています。

 しかし、私は、この歴史は間違っていて、大津の錦織と云う所に、中国人によって、囚われの身になり、4ヶ月で毒殺されたと考えています。
天智天皇の弟の大海人皇子は、奈良に逃げました。その後、天智天皇の息子の大友皇子が、皇位を継いだことになっていたり、なっていないような歴史もあり、ややこしい歴史の展開が有ります。

 とうとう、大友皇子と大海人皇子が皇位争いの戦争をして、大友皇子は自殺したことになっています。
 ・・・・・ このような歴史は、すべて、間違いで、天智天皇、大友皇子、大海人皇子の三人で、協力して戦いましたが、中国人の人達に、遣られてしまいました。


 戦争は、勝った方の残した歴史が正しいのは、あたりまえのことです。

沖縄県の人が、望むのであれば、独立されれば良いのではないでしょうか。

このようなことは、中国にとってはも大したことではありません。

中国は、日本を支配下におくことは、諦めないと思います。


大国には勝つことは出来ないと思います。

| | TrackBack (0)

2015.11.28

『潰れない日本』 戦争はどの国と (15)

 戦争は、一日で始まります。 いかがですか。お判りになりましたか。
では、どうしたらいいかと云いますと日本は呑気すぎます。戦争はしませんが、本当に、ミサイルが飛んで来れば、10倍ぐらいのお返しはすべきだと思います。所謂軍備拡張です。
 現在は、フランスとイスラム国が戦争状態。 イギリスも加わると宣言しました。これで、イスラム国は負けると思われるでしょう。私は絶対負けないと思います。
 イスラム国の国民というか、隊員は増える一方だと思います。どうして、その様に判断するかと云いますと、
 お尋ね者の写真が有りますね。皆良い顔をしています。戦士の顔ですね。それに男前ですね。
 今、日本人でも、もう死んでも良いなと思っている人は一杯でしょう。

調べては居ませんが、日本は、自殺者の数は10位以内に入るのではないでしょうか。
 死ぬ前に、あのように云いたい事を云って、大暴れをして、自爆でもしてから死のうと思う人は、居るでしょう。


あの写真のような連中が、日本に来て、テロをおこすのは、大変ですが、日本人で、イスラム国の国民になる人は、どんどん出て来る可能性はあります。

 日本はフランスの次にテロ対象国に名指しをされたのですから、テロは起こるでしょう。

 では、どうすれば、防ぐことが出来るかです。

一番にすることは、現在のシリアの情勢を正確に知ることです。

我が家では、読売新聞社の新聞を読んでいますが、例えば、ロシアとトルコの事件の事は、新聞社が資料を持っていないことが分ります。
 
 トルコの云い分とロシアの云い分を書いているだけです。もし、もし、持っているとします。正確に書きますと、新聞社の人は、悪く書かれた国の者から殺されるでしょう。 読売新聞は、この3日間、[原節子さん]の死を悼んで書いて居られます。私は75才ですから、どの様な女優さんであるかは、知っていますが、当時、映画を見ることが出来る人は、裕福な家庭に育った人だけですから、全く知りません。
 最初の日は、三面は、原節子で一杯。一面は、左上に6分の1に原節子さんの記事が埋まりました。記事だけでは無理なので、大きな写真が飾られました。
 きっと、朝日新聞も、毎日新聞もそうだったと思います。
 違うのは、サンケイだけでしょう。その代わり、サンケイは、社員が死ぬことになるでしょう。

どうして、名指しで新聞社の悪口を書いたかと云いますと、日本でのイスラム国のテロを防ぐには、方法は一つしかありません。

 その時に、新聞社の協力が必要です。

 イスラム国、ロシア、トルコ、フランス、イギリスの国のことをもっと、精しく報道することです。
 その資料をもとに、読者がどのように考えるかは自由です。

そこで、提案です。

どの新聞社も、カラーで、一面を使って、イスラム国の兵隊の写真を掲載します。その写真は、1ヶ月だけ、どの読者も、家の前に、張ります。⑥ランプあれば、6ヶ月、自分の家の前に、お尋ね者の写真が貼られることになります。

 雨が降っても大丈夫の様に、ビニールで覆います。全部で、2000万枚は、日本中に張られることになるでしょう。

 張るだけではありません、その人物に似ている人を見かけますと、電話、ファクス等で、政府機関に通知します。 大阪府の何所そこで、何時ころ見かけたと。
 その情報が、1000通もある特定の所に集中しますと、その場所に警察官、自衛隊員を派遣します。
 その結果は、毎日、テレビ、新聞で報道します。

馬鹿げていると思われるでしょうが、このシステムの良い所は、イスラム国のテロには、軍隊の出動は必要ありません。 国民の大半が、関心を持つことが出来る点に良い所が有ります。

話題は、変わりますが、このような話題は、メディアでは無理と云うことが分ると思います。

私のコンピューターに、6ヶ月の代金が、3000円だから、この様な情報を買えと云うメールが入ります。私は、お金が有りませんから、時折届くメールを読んで居ます。 7割ぐらいは、正しいのではないかと思いながら、読んで居ます。

 この金額は、安いのですが、一年で6000円。もう10年は生きていないと思いますが、10年で、60000円。このようなお金を今でも、一杯使っていますから、100歳迄生きますと大変です。

でも、読んだことがない方は、一度、読んで下さい。

| | TrackBack (0)

2015.11.27

『潰れない日本』 戦争はどの国と (14)

次に日本が戦争に巻き込まれる時の相手を考えています。
少し、考えている間に、アメリカが、助けて貰うと思っているのか、大国としては、恥かしい歴史を公開しました。
次の二つの記事です。

米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望http://asilka.blog61.fc2.com/page-1.html

マイケル・ピルズベリー「中国は2049年の覇権国家を目指す」は本当か?
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-date-20151126.html
 
現在、アメリカは、南シナ海の件で、中国に抗議をして、中国が造成した島は、世界のルールから外れていると、島の周りの12カイリ以内入って、頑張っています。

 一緒に戦おうと発言したのは、豪州とフィリピンだけです。日本は、アメリカの行動には、賛同すると口先だけでコメントを出しました。

 日本が、アメリカと同じ様なことをすれば、直ぐに、戦争になると思います。中国と。

その例の事件が発生しました。
ご存じのトルコがロシアの戦闘機を撃墜した事件です。
 どちらの言い分が正しいという問題ではありません。国土は広いですが、弱小国のトルコが、世界で1,2の大国のロシアの戦闘機を撃墜したことは確かです。

 それに対する制裁ですが、もう戦争がはじまったのと同じです。

トルコ農産品の輸入規制強化=撃墜受け、制裁措置―ロシア
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b3%e8%be%b2%e7%94%a3%e5%93%81%e3%81%ae%e8%bc%b8%e5%85%a5%e8%a6%8f%e5%88%b6%e5%bc%b7%e5%8c%96%ef%bc%9d%e6%92%83%e5%a2%9c%e5%8f%97%e3%81%91%e3%80%81%e5%88%b6%e8%a3%81%e6%8e%aa%e7%bd%ae%e2%80%95%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2/ar-AAfGv7E?OCID=DELLDHP

日本も70年前に、アメリカにやられました。石油を初めとして、すべて、輸入をストップされました。

トルコを応援すると、EUに飛火しますから、EUは相手にしません。

このように、大国は、一日で、戦争に持ちこみます。

現在、世界で一番強いのは、中国です。アメリカではありません。 その証拠が、前述の①②です。
 アメリカは、中国は、世界制覇を目指しているから、他の国は、結束しなければ駄目ですと援助を求めました。

これで、2番目の大国は、ロシアであることが分りました。


この前に、大国・フランスが、イスラム国に宣戦布告をしました。

【映像】露軍、トルコ救援車を空襲 トルコメディアなど報じる
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182190

| | TrackBack (0)

2015.11.25

『潰れない日本』 戦争はどの国と (13)

如何でしたか。読まれた後、ご自分でネットで探されましたか。
きっと、どなたも探されなかったと思います。
こういう時は、専門家の話を聞くのが手っとり早いです。

対「イスラム国」安倍晋三首相の発言に識者が忠告「介入しすぎ」
http://news.livedoor.com/article/detail/10844354/
• 「イスラム国」が邦人を殺害後、安倍晋三首相は「罪を償わせる」と発言した
• 安倍首相のISに対する姿勢に「介入しすぎだ」と識者は忠告する
• 「日本国民はテロに備えている」と通知することと同様だと指摘した
日本でのテロの危険は? 専門家「安倍首相は介入しすぎ」
2015年11月18日 7時0分

 フランス・パリでイスラム過激派とみられる組織による同時多発テロが発生し、世界が騒然としている。日本は大丈夫なのか。専門家たちに聞いた。

 テロ集団の標的になるのはヨーロッパに限らない。パリの同時多発テロの発生時、トルコ訪問中だった安倍晋三首相は、菅義偉官房長官に対し、テロ対策に一層緊張感を持ってあたるよう指示した。

「もはやテロは遠い国の脅威ではない。いずれ日本でも起こる可能性はある」(外務副大臣経験者)

 日本本土にISのテロリストが上陸する──。最悪のシナリオは今後、あり得るのだろうか。中東現代史が専門の臼杵陽・日本女子大学教授は、こう話す。

「島国で逃げにくく、銃規制のある日本は、武器の調達の面からして上陸のハードルは高い。だが、爆弾テロの可能性はゼロではないでしょう」

 中東情勢に詳しいインスペックス特別顧問の畑中美樹氏もこう指摘する。

「可能性は低いでしょうが、ISに対する『有志連合』に入っているのでないとは言い切れません」
以下省略


コメントは完璧です。しかし、この様に書かれたのでは、イスラム国も意地でも、テロをするでしょう。その時は、日本人のテロリストが腕を見せる時です。

専門家は、「「新幹線でガソリンをかぶって自殺した事件は、監視カメラの設置で一件落着のようになっています。しかし、これは犯人を捜すのには役立つでしょうが、テロ防止にはなりません。」と書いて
ヒントを与えてくれました。

新幹線が駄目なら、地下鉄がいいですね。
このように考えますと、警備は、50000人に増やしても駄目でしょうね。

| | TrackBack (0)

2015.11.24

『潰れない日本』 戦争はどの国と (12)

前回、テレビの真似をして、解説しますと記しましたが、悔しい事に、私には、情報源が有りません。
 その後のネットのニュースのうち、日本に関係するものをピックアップします。

JAL厳戒態勢…日本の旅客機と新幹線が「テロの標的」になる
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/169938
18日も激しい銃撃戦が繰り広げられ、テロから5日経った今もフランスは緊張に包まれている。こうなると不安なのが日本だ。イスラム国は機関誌「ダビク」で「安倍晋三の愚かさにより、すべての日本国民が戦闘員の標的となった」と宣言しているからだ。狙われるとしたら、どこが危険なのか・・・・・。
私のコメント。
フランスは、戦争を宣言したのは、間違いでしょう。空爆は、即、実行しても、「戦争」を宣言には早すぎるでしょう。日本の首相は、どれだけの情報を知っていたのでしょう。


パリ同時多発テロ
「誤爆もテロ」「安保法制で日本が標的」 現実離れなテレビ報道も
http://www.sankei.com/entertainments/news/151120/ent1511200004-n1.html
 テレビ各局は連日、パリ同時多発テロを時間を割いて報じている。テロの背景や難民問題、テロ対策に焦点を当てた番組が目立つ一方、コメンテーターがテロ組織との対話を呼び掛けたり、安保法制と結びつけて日本への影響を不安視したりと、現実離れした意見を紹介する番組も出ている。


私のコメント
 前回のイスラム国の時に、正しい様に思われる新聞記事を書いたために、相当叩かれた為に、サンケイの考えは、書かないで、他社に任せています。

 戦争を一切放棄している日本は、間違っても、攻撃されるような種は撒かないことです。 これは、正論です。

イスラム国による日本標的テロ・Xデーは2月18日!」ゲンダイ記事がネットで話題に!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/42621160.html 
少し、古いですが、2月18日に 上記のようなことが有ったのですが、覚えている人はおられないでしょう。

此のたびのパリのテロ事件は、現実に起こりました。
フランスでは、事前に情報が有りましたので、警察だけではなくて、軍隊から10000人警備に当りましたが、効果はゼロでした。

またもや、日本は標的にされましたが、日本は、警備を増やしたとの報道は有りません。

フランスの人口は、約6,632万人(2015年1月1日、仏国立統計経済研究所)です。人口比で考えれば、日本は、20000人に増やせば、防備は大丈夫でしょうか。

| | TrackBack (0)

2015.11.21

『潰れない日本』 戦争はどの国と (11)

日本が戦争に巻き込まれる時は、一番にどの国かを考えています。
それは、簡単です。中国は、世界に羽ばたくには、日本とフィリピンが邪魔になることを見て頂きました。
 周主席は、あらゆる国と仲よくやっている様に振る舞っています。 一番領土問題で、軍艦まで出動していたベトナム迄、訪問して、友好的に貿易などをしようと持ちかけました。
 逆にストップされれば、ベトナムの将来は有りません。それほど、ベトナムの対貿易量が、多いのだと思います。

 日本は、長年途絶えていた首脳会談を中国と韓国とも行いました。 中国は、敵対する国は、世界に存在しないことを示しました。 一番、だらしがなかったのは、イギリスでした。 イギリスはアヘン戦争などは忘れてしまったのでしょうか。 もっとも、私はアヘン戦争という名前を知っているだけで、なにも知りません。 香港がイギリスの領土になっていたのは知っていますが、中国の人は忘れられたのでしょうね。

 さて、今回のイスラム国のパリ攻撃は、自分達が空爆で殺されたことへの報復だと宣言しています。
 この事件に対して、日本政府は、世界で二番目にイスラム国を批難しました。

これは、今回の事件で、一番重要なことだと思います。

安倍首相は、どうやら、自分の任期の間に、戦争をされたいようです。

なにも、フランスに次いで、非難声明をださなくても良かったと思います。

イスラム国は、どうして、この安倍首相のコメントを知ったのでしょうか。 まさか、日本の新聞を読んだのではないでしょう。フランスやアメリカの新聞を見たのでもないでしょう。
 日本が声明を出した2日後に、イスラム国は、日本を攻撃すると発信しました。

  パリの次の攻撃目標は、アメリカ。その次は、日本だったと思います。

 アメリカは、その前から空爆をしていたからだと思います。(どうして、アメリカは、遠いのに、空爆をしていたのでしょう) 日本の目標は、安倍氏の声明に対する返事だと思われます。

こんなに、早く反応出来たのは、日本人で、日本に潜んでいるイスラム国の兵士が居るのだと思います。

此の推測であれば、新聞が配達されて、5分後には、安倍首相の声明はイスラム国の幹部の元に、届いたと思われます。

 フランスは、昨日、フランスのアジトを見付けて、明け方3時から、銃撃戦の末、二人は自爆、外一名を射殺、8人を拘束したと発表しました。

 こんなに早く、どうして、アジトが分ったのでしょうか。 私が購読している読売新聞は、凄いです。 確か、此のアジトのことは、半年前に、警戒する様に、情報が流れていたらしいことを報道していました。

 それなら、フランスの警察も軍隊も知っていた筈です。 軍隊は10000人も出動させていたと報道されていた様に思います。
 何分、私は最近ボケが始まって、前日のことは、半分ぐらいは記憶から消えています。
 このようなことは、2、3日前からの新聞を繰れば分るのですが、確かめていません。

書きましたことが事実であれば、このアジトをを捜索しておけば、大量の犠牲者は出なかったことになります。

どうして、折角の情報を役立てなかったのか。

 二通りの推理が考えれます。
① わざと攻撃をさせておいて、戦争に持ちこんで、一気にやっつける。
 これも可能性はあります。 事件の有った次の日には、戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機 攻撃しました。その後、3日続けて空爆をしています。

②折角流してくれた情報を全く信用していなかった。
 ①より②の方が可能性は大きいです。 第二次世界大戦のときに、アメリカの誘導作戦に引っかかり、真珠湾を攻撃してから後も、アメリカ国民が、怒りが頂点になるまで待って、日本への参戦をしたと書いた本を読みまして、私は少々、その作者に洗脳された部分はあります。

読売新聞だったか、インターネットだったか忘れましたが、同じところから、同じ情報が、届けられて、今度は、信用して、調べる気になったら、先に発砲されたような記事が書かれていました。後は、一杯の兵隊が居ましたから、銃撃戦になり、フランス側にも負傷者は有りましたが、全員拘束されたらしいです。

わたしとして、精しい展開は、どうでも良いのです。

日本も気をつけませんと、一日で、戦争に巻き込まれるということです

 フランスは、戦争だと発言するだけではなく、飛行場の閉鎖などを初めとして、次々と国民に制限を加えるよう指示を出しました。 手早すぎます。 
 このような事は、日本は出来ないと思います。 もし、日本なら、第二のテロの攻撃が起こっていたと思われます。

日本は、現在の政府では、戦争放棄ですから、戦争を前提にして、空港を閉鎖したり、国民の移動を制限したり、勝手に、アジトだと叫んで、日本人をはじめとして、在日の外国人を拘束することは出来ません。


 関連の記事が有ります。ご覧ください。
日本でのテロの危険は? 専門家「安倍首相は介入しすぎ」
http://news.livedoor.com/article/detail/10844354/
イスラム国と闘う国への支援重要、安倍晋三首相 テロリスト刺激に反論
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/02/islamic-abe_n_6600724.html

【これは酷い】産経新聞が「イスラム国事件で安倍首相を批判した人達」のリストを全国に報じる!中には民間人の名前も!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5445.html

| | TrackBack (0)

2015.11.20

『潰れない日本』 戦争はどの国と (10)

 面白い事になってきました。面白いと云えば、叱られるかも知れませんが、イスラム国の連中が、パリを攻撃しました。

 大騒ぎですね。大国がどのような動きをするかを勉強する良い機会です。

前回、大国のフランスの武器とイスラム国の武器の種類を書きました。


イスラム国は、 ケットランチャーとカラシニコフ自動小銃各1丁ずつで、合計、20兆にもなりません

フランスは、戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機 です

このような状態を戦争と云うのでしょうか。


大国は、一日で戦争を始めます。


こんなに武器に差があるのに、フランスの大統領は、戦争だと宣言しました。この決議は、国会で決めないで、ベルサイユ宮殿を使ったそうです。 映画のストーリーの様です。

慌てて、ロシアとフランスが、顔を合せました。
なんだか、ホテルのロビーの様な所で、ヒソヒソ話をするように会談をしているような所が、テレビに映りました。

フランスが、戦争を決議する所をテレビに取材させたことになります

ここ数日の大国の動きを、わたしも、テレビの真似をして、解説して見ようと思います。

| | TrackBack (0)

2015.11.19

『潰れない日本』 戦争はどの国と (9)

米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e8%b6%85%e5%a4%a7%e7%89%a9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%81%8c%e6%98%8e%e3%81%8b%e3%81%99%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%b6%e8%a6%87%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%87%8e%e6%9c%9b/ar-CCdLIu?OCID=DELLDHP#page=2
の報道は読まれましたか。

 このような報道は、掲載したものの、やはり拙かったと思われることが多くて、インターネットから消えてしまいます。
そこで、私のコンピューターに保管しました。こちらには、私が読んでおかしいなと思ったことを書きました。書かれた中国は、すごいことを考え、実行して来たのだなと思いましたが、公表したアメリカもおかしいなと思ったことを書いています。

【おかしな世の中】
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-entry-1584.htmlそうしますと、私のコンピューターは壊されるでしょうし、私も殺されることになるなと思っています。

大国が考えることは、日本人にはとても考えることは出来ません。考えるだけではなく、攻撃は早いです。

何のことかと云いますと、フランスでテロの攻撃が有りました。 テロリスト達は、フランスがシリアの自分達を攻撃し、多くの同胞を殺した報復だと云っています。

武器はロケットランチャーとカラシニコフ自動小銃各1丁でした。

それに対して、フランスは、直ぐに仕返しの攻撃をしました。

相手は、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」です。
作戦には戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機が参加し、20発の爆弾を投下した。
写真
http://jp.sputniknews.com/politics/20151116/1171200.html少し古いですが、 次の爆撃機が、10機出動しました。

フランス軍、ISIS拠点を初めて空爆 イラク北東部
http://www.cnn.co.jp/world/35054082.html

| | TrackBack (0)

2015.11.17

「乱」を語る   執筆 田村邦夫

始めに  この原稿を縦書きで頂戴しましたが、縦書きに掲載する方法が判りません。
コピーして、縦書きに変換してください。 日本語は縦と横では随分印象が異なるようです。


① 壬辰倭乱(文禄の役、一五九二年)
② 壬申の乱(六七二年)
③ 倭国乱 (三国志 魏志倭人伝)
④ 倭国大乱(後漢書 倭伝)

右の①~④を見てどのようなことを考えられますか。 ①は全ての文章を中国風に書いていた李氏朝鮮時代に、秀吉の朝鮮出兵を朝鮮側から名付けた呼称です。 壬辰の時代に倭と戦争があったということです。 即ち「乱」とは戦争を意味します。 ②は大友皇子と大海人皇子の皇位継承の争いであり、壬申の時代に世の中が乱れたわけではありません。 また、日本国内の争いであるために、初出表記はどのような形(壬申乱?)であったのかは解かりませんが、やはり「乱」は戦いを意味します。 ③、④は当時の漢人が現地言葉で書いた歴史書に出る表記です。 即ち、「乱」という字の用法は①、③、④共に同じと考えるべきではないでしょうか。 ③と④の違いは「大」の字だけです。 ④に於いて大陸内ではなくて、洛陽から見て東の果てにある一つの島国の状況をわざわざ「大」まで付けて表記しようとした意図は何だったのでしょうか。 それ以上に、「三国志」よりも後に著された「後漢書」に於いて、漢字を重視する国の歴史書における「大」の字の追加は非常に重く受け止めるべきではないでしょうか。 「大禮」「大葬」等は天子に対してのみ用いられる用語です。 もし「大乱」も同じ用法で用いられていると仮定すれば、古代の日本の歴史はどのように書き換えられるのでしょうか。 
 以下に考えられることを記してみます。 まず④の「後漢書」に「倭国大乱」と記されていますので、「倭国」が「後漢」を相手に戦争をしたことになります。 「倭国」が戦うのですから北部九州が「後漢」(呉人主体)に占領されていたと考えてみます。 遡って前漢時代から北部九州が呉人に占領されていたとしますと、漢時代の呉鏡が多く発掘されるのは当然です。 吉野ヶ里に環濠集落を作り、戦いの痕跡を残したのも呉人だったのです。 またここで「倭国」とは春秋時代に大陸を追い出されて、水田稲作技術を携えて列島にやって来た越人及び苗族主体の国と考えます。 すると呉と越ですから、話し言葉は同じとしても仲が悪いのは歴史書に記されているとおりです。 
 次に③の三国志より検討してみます。 書かれた主体が魏ですので単に「乱」のみで合っています。 魏志倭人伝において末盧国を詳述するよりも前に、一大国より南北市糴、と記されていますが、壱岐の人達は北九州の沿岸部で交易していたのであり、続いて記された末盧国、伊都国、奴国とは交易をしていなかったのです。 後れて三世紀に日本列島にやって来た魏の使者は、当時は呉と戦争状態にあるのですから、北九州には立ち寄ることができません。 そのように判断すれば壱岐より末盧国まで千里という距離の不適合とか、方角が記されていない理由も納得できます。 
 参考
一、「歴史の交差路にて」 司馬遼太郎、陳舜臣、金達寿著 七六頁
ぼくは最初の朝鮮における漢字の音が、中国江南地方の呉音だったということで・・・
日本でも、最初は呉音ですね。
二、日本書紀 一  岩波文庫 補注 三二〇頁
古事記は、百済を経由して伝来した、五、六世紀頃の、揚子江下流地域の発音に拠っている。 書紀は、それに後れること百年以上の、北方中国の長安・洛陽の地方の発音に拠っている。
三、随書 倭国伝
又東至一支國又至竹斯國又東至秦王國其人同於華夏・・・達於海岸自竹斯國以東皆附庸於倭

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『潰れない日本』 戦争はどの国と (8)

第3集 地下に眠る皇帝の野望 ~中国 始皇帝陵と兵馬俑~ 
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20151107

先日、NHKの再放送で見ました兵馬俑は、随分前に大阪へやってきた時に、見に行きました。もの凄い人で、長い事並んだでしょうが、忘れています。その凄さは、会場の中に入ってからでした。確か、階段を数段降りた所に、兵馬俑が展示してあったと記憶します。ここに到達した時は、前の人と後ろの人の肌が触れ合う程の混雑でした。階段を下りる所では、押されて、そのまま、落ちるのではないかと思いました。やっと、目の前に兵馬俑が現われた時は、禄に見ない内に、押し出されてしまいました。 それでも、其時の兵馬俑は、記憶に残りました。

 是また、何時のことか忘れましたが、旅行で北京に行った時には、始皇帝の御陵に立ち寄りました。その御陵が何処にあったのか、どのような御陵だったのかは、記憶がありません。きっと、バスで横付けされたのだと思います。

 今度は、押されることも無く、体育館より広い所に、埋め尽くされた兵馬俑と埋められた溝までが、そのまま目の前に拡がっていました。
 その広さは覚えていましたが、ここは、秦の始皇帝のお墓の中に造られていると思っていました。結構、その凄さに圧倒されて、見ていたように記憶します。 山のように感じる御陵だったので、見ていた筈ですが、記憶にありません。
 しかし、先日、上に書きました再放送を見ていましたら、どうやら、お墓の中では無いなと思いながら、ビデオを巻き戻して見ましたら、兵馬俑のある所は、墓所から離れた狭い一角でした。確か、始皇帝のお墓は、一辺が7キロ四方であると報じていました。
 7キロの四角形の部分は、既に、発掘が進んで居まして、ハッキリと分っているのですが、その中に、遺蹟が存在するとは限りないと意地悪な気持ちで、観ていましたら、現在も、発掘が続けられていて、町の跡(住んでいたとは限らない)が出現している様子を映していました。 始皇帝は、死んでからも、人々が住んでいる町まで造っていたことが判りました。 兵馬俑は、その町を守る兵隊でしょう。 顔なども一人ずつ違っていました。


 周主席は、始皇帝の真似をするには遅すぎた様ですが、始皇帝は、7キロ四方のお墓を造り始めたのは、30歳(これも数字は忘れました)だったとしますから、急げば、生きている内に、世界制覇は出来るのではないかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.11.16

『潰れない日本』 戦争はどの国と (7)

「アジア巨大遺跡・第4集 縄文 奇跡の大集落~1万年 持続の秘密~」
http://www.nhk.or.jp/special/asia-iseki/jomon.html

 このシリーズは、4回続いたことになります。しかし、全く観ていませんでした。今、出雲大社の巨大神殿のことを書いていますので、再放送ですが、観る気になりました。
内容は、出雲ではなくて、青森の三内丸山遺跡の事でした。この遺跡の事が発表された時には、これもいつの事か忘れましたが、見に行ってきました。ここも遠かったですが、テレビ映像に見られるような建造物は、無かったと思います。
 遠くから行きましたので、ゆっくり時間を過ごしました。 でも、いろいろのことを断片的に覚えています。一番記憶に残ったのは、住居の近くに、お墓が有ったことです。それに加えることに、一番端ではありましたが、人のお墓と並んで、犬のお墓が有りました。この様な時には、既に、犬は大切にされていたのだと感激しました。

此の度、テレビの再放送を観て驚いたのは、縄文時代は、10000年も続いていたことです。
 調べて見ましたら、公開されてから20年になりそうです。私の三内丸山の知識は、20年間も止まっていたことになりますが、発掘は続けられていて、「縄文時代は、10000年も続いていた」ことが分かっていたことになります。

 私の古代史の研究もいい加減なことが分かりました。
しかし、その後、この遺跡には、突如として、住まなくなったことは、知っていましたが、何故、住まなくなったのかは、今でも解らないらしいです。
国の歴史を語る時には、石器時代があり、次に縄文時代があり、次に弥生時代が有ることは、当り前だと思っていましたが、中国では、我が国では、昔は縄文時代と思っていた時には、中国では、秦の国が有りましたから、中国の歴史家は、中国には、石器が見つかっても、石器時代があることを信じない時代が最近まであったと云われています。

二回にわたって、書いてきましたのは、何故かと云いますと、中国と韓国は、日本人は、歴史の捉え方が間違っていると怒って居られることになります。

一番に、侵略戦争をした日本は、天皇陛下が、謝りに来いと云ってます。

次は賠償金を支払う様に云ってます

韓国戦後補償訴訟で新日鉄住金に賠償命令 ソウル中央地裁が判決
http://www.sankei.com/world/news/151113/wor1511130026-n1.html おかしいですね。韓国は、日本と共同で戦ったことになっているのに、裁判になりました。裁判は、日本の裁判所ではなくて、ソウル中央地裁が判決を出しました。
この問題は、日本政府は、解決済みとの見解ですが、これぐらいの金額なら、支払った方がすっきりすると云うことでしょうか。会社は支払う気になっています。 それでは、日本政府は間違っていたことになります。

これでは、世界中の人に謝罪をして、賠償金を支払う必要が出てきます。

 ただ、日本は、アメリカに、広島と長崎の方への賠償金を支払って頂く事になります。

お判りですか。このような話は、絶対解決しません。
どの国の人も、皆、動物と違った顔をして、二本足で歩いていますが、全く違う人間です。解決するには、 極端ですが、喧嘩をするか、どちらかが譲るしかありません。

単純な論法ですが、
私は、いつ攻められても良い様に、身構えることぐらいはして、お付き合いはしないでおくしかないと思います。 

政府がようしないのであれば、国民は、5年ぐらいは、中国へは行かない。中国のものは買わないのが良いと思います。といっても、100万人の中国人が、日本へ上陸してきたらどうしますか。 

| | TrackBack (0)

2015.11.15

『潰れない日本』 戦争はどの国と (6)

私はここ15年程前から、古代史ばかりの勉強???をしてきました。古代とは、2000年前のことです。 この辺りの事になりますと、中国では漢字はありましたが、ヨーロッパではどうだったのでしょう。知りません。
 このようなことですから、私が得る情報は、中国からの資料が殆どになります。
 
 所が、紀元前から日本には、ユダヤ人がやって来ていたと考えるしか歴史は解けないなと思うようになってきました。
 それが昂じて、紀元元年は、神武天皇が、奈良の柏原に都を造った時と考えるに至りました。
 そして、『西暦元年一月一日は神武天皇の即位の日』とのタイトルの本を出版しました。
 
 しかし、殆ど売れませんでした。

誰にも認められない歴史観ですが、どうして、ユダヤ人がやって来たかといいますと、日本の絹を求めてやってきたと推理しています。
 この頃、中国では、秦の始皇帝という人が居まして、日本に徐福という人を派遣したということが分かっています。
 
 この人の野望は、現在の中国の習近平国家主席に重なります。 しかし、始皇帝の野望は、続きませんで、前漢の時代となります。 何故か、前漢は、滅びて、後漢の時代が200年続きます。 両方とも、[漢]が付きますから、漢人と思われていますが、みな殺しにあって、後退したと推理しています。

 その後、794年に、平安時代が生れたことになっていますが、平安時代(へいあんじだい、794年 - 1185年/1192年頃)は、日本の歴史の時代区分の一つである。延暦13年(794年)に桓武天皇が平安京(京都)に都を移してから鎌倉幕府が成立するまでの約390年間を指します。

これほど長く続く事は、日本でも、中国でも無かったことです。

わたしは、中国の歴史は、日本の歴史に振回された歴史だと考えています。一番最近では、日清戦争になります。 これは、日本の江戸時代の鎖国があったから、中国が負けたと考えています。

 訳のわからない歴史を書きましたが、古代史は、近代史も知りませんと解けない部部もあり、少しずつ勉強していますが、世界を見渡す時、戦争の無かった時代は無かった様に思います。
 日本が戦争放棄を誓かったのは、素晴らしい事でしたが、日本はその気でも、世界の人は、そのようなことは信じないと思います。

特に、大国は、日本を攻めませんと、自動車も、ミサイルも、負けてしまいますから、叩こうと必死です。
 中国は、アメリカもやっつけたと考えているでしょう。 残るは、気持悪い日本だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.11.14

『潰れない日本』 戦争はどの国と (5)

 いつの日か日本と戦争になる相手国は、中国と韓国と見てきました。

[米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望は読まれましたか]
どのような野望があったかは、私の知っているものでは、アメリカに中国が、太平洋を二分しようと提案したことがあるという話が記憶にあると書きましたが、インターネットで、検索していましたら、これがその証拠になるかどうか分りませんが、記事を見付けました。
中国の孤立外交と太平洋二分論の現在的中間報告http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2014/07/post-41ce.html
中国軍「太平洋二分論」に喝っ!
http://ameblo.jp/ameblojpvbctv3do/entry-10079947354.html
 
この二つのブログより、どうやら、二年前から、中国の太平洋への進出は始まったようです。手始めに、尖閣諸島を中国のものとしようとしました。
その時は、日本政府は、腫れものに触りたくないようでしたが、中国は海上保安庁の巡視船に体当たりを加えました。
船長は逮捕されましたが、中国の次々の脅しに、怖くなって、釈放しました。

中国政府の報復措置  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E6.94.BF.E5.BA.9C.E3.81.AE.E5.A0.B1.E5.BE.A9.E6.8E.AA.E7.BD.AE 

アメリカは、尖閣諸島は、日本の領土とは、コメントしましたが、中国に対する批判は一切しませんで、中立の立場を取りました。

何所まで正しいといえるか、私は自信がありませんが、この太平洋二分論に対して、アメリカは、どのような返事をしたのか知りたくて、探しましたが、見付かりませんでした。

アメリカは、太平洋どころか、世界を中国と二分するつもりになっていたのではないかと推理しています。
その証拠が、同盟国が、戦争に巻き込まれようとしているのに、助けませんでした。その後、中国は、あちこちで、海の埋め立てをフィリピンベトナムの近くで行ったり、領海への侵入を繰り返したり、損得になるようなことを日本以外でも行いました。
 それでも、アメリカは、中国の近くの事ばかりですから、一言も、中国に文句を言えなかったと思います。 
そうこうするうちに、アメリカの経済が上手くいかなくなり、世界を中国と二分する話どころでなくなり、抗日70周年記念パレードでは、アメリカに届く程のミサイルを披露し、援軍として、朴大統領とプーチン大統領と、国連事務総長壇上に並べ、世界に報道しました。

日本人より、多くのアメリカ人は、恐ろしく思われたでしょう。

アメリカは、中国による南シナ海埋め立て問題を事実上2年間無視していました。無視していた理由もあり、やっと、腰を降ろして、南シシナ海に進出しました。 しかし、気が付いたら、南シナ海に軍隊を出すと云ったのは、オースリラリアだけでした。 一番関係ありそうな日本は、尖閣諸島の時と同様に、なにも出来ませんでした。

まわりくどい書き方でしたが、アメリカは、出来れば、世界を中国と二分と都合の良いことを考えている内に、AIIB問題では、イギリス・フランス・ドイツでしたが、特にイギリスは、賛成して、世界で、原子力発電所のアメリカのものは買わないで、中国の発電所を買いました。 どいつはといいますと、アメリカとのすぱい問題もあったためか、ドイツの自動車に仕返しをしました。 アメリカは、気が付いたら、日本とオーストラリアだけでした。

中国は、その後、台湾とは、「一つの中国」だと宣言しました。 台湾もアメリカから離れた事になります。


これは、アメリカにとって、歴史始まって以来の出来事です。 ドルは勝手に印刷するは、そのドルの相場を好きなように操っていたのに、中国が操る事になりました。 
南シナ海では、中国は、まちがっていますと、こぶしを挙げましたが、イギリス・フランス・ドイツは誰も応援はしません。 

さあ、私の考えは、間違っているでしょうか。 間違っていても、いつかは、必ず、日本に攻めて来ると考えています。
慌てることはありません。日本は、戦争をしないと宣言していますから、いつでも、潰すことは可能です。

| | TrackBack (0)

2015.11.13

『潰れない日本』 戦争はどの国と (4)

戦争が、20年後におこるのか、30年後に起こるのか分かりませんが、必ず、起こるような気がしています。
その可能性が高い国は、中国です。それにくっついて、韓国が攻めてくると考えています。
その理由は、後に記します。

 次に攻めて来るのは、ロシアだと考えます。それを確実にさせる事件が有りました。
 数日前から報道されていましたが、読売新聞は、記事の信憑性に自信がないのでしょう。
11月11日の一面のトップに、ロシアのドーピングが、ロシアの国ぐるみでしていたことを報道しました。
 [根も葉もない]と政府は、否定しています。

もう少し、様子をみてから否定しても良いと思いますが、世界を相手に、平気な人達であることが分かります。最後まで、否定すると思います。

 次は、アメリカだと思います。
こちらは、日本が一番信頼している同盟国ですが、アメリカだと思います。

これも、又、インターネットに、凄い、記事が航海されました。

米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e8%b6%85%e5%a4%a7%e7%89%a9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%81%8c%e6%98%8e%e3%81%8b%e3%81%99%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%b6%e8%a6%87%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%87%8e%e6%9c%9b/ar-CCdLIu?OCID=DELLDHP#page=2
 
記事はご自分でお読みください。 変な文章です。
このような事実が初めて分かったのであれば、ニュースですが、このような内容の本が出たと云う話題です。
 これで、きっと、本は売れるでしょうね。 一番買いたくなるのは、日本人だろうと思います。
 中国「世界制覇」を狙うのは、当たり前のことです。

東アジアの地図をご覧ください。
随分前に、中国は、太平洋を中国とアメリカで二等分しようと提案したと聞いたことが有ります。 何所まで本当か分りませんが、現在、中国は世界でトップになったと思います。

しかし、太平洋を制覇しませんと、世界一になれません。何故かといいますと、裕福になったのは、13億人のうちの極わずかの人達です。

 地図はご覧になられましたか。
太平洋に出るにも、前に横たわっているのは、日本です。これは、自分の国にしませんと、邪魔です。 簡単です。100万人の中国人で、日本を攻めますと、乗っ取ることが出来ます。

その為に現在、12億人の国民を怒らせる必要が有ります。
2年にわたって、準備したのが、南シナ海の南沙諸島です。世界から避難をあびるのは承知の上で、着々と準備を進めました。 アメリカが立ちあがった様に見えていますが、私はそうではないと考えています。
 他の人の考え方は、一杯有ります。

中国VS米国。戦争をする気もないのに挑発する理由とは?
http://www.mag2.com/p/news/17160 

話題は、一気に、大事なことになりました。
元に戻しますと、日本が気にくわないと思う国は、次にイギリスです。 その次は、ドイツ、フランスと続きます。

残念ですが、所謂大国と云われている全ての国から、警戒されているとみています。

それでは、どうしますか。

日本は、世界で、一番上手くいっている国だと思います。

次の言葉はご存じですか。
一億総活躍国民会議

 少し、一服をしても良いと思います。 中国と韓国とは、鎖国に近いことが必要です。

国同士の付き合いにも、礼儀というものがあっても良いと主も居ます。

| | TrackBack (0)

2015.11.12

『潰れない日本』 戦争はどの国と (3)

前回の記事はお解りになりましたか。自分で書いたのですが、知らなかったことばかりです。
 これだけ、毎日、気が狂ったばかりに、日本を罵る韓国が問題にするのは、慰安婦と、戦争に対する謝罪と賠償金の支払いの事です。

 韓国の大統領は、どの国に行っても、日本の悪さを機会ある毎に、訴えています。これは、中国の周主席も同様です。
 
 先日、イギリスを訪問された時は、食事会が確か、二度も催されたらしいですが、其時も、話題は、日本の悪口ばかりだったらしいです。

習近平 晩さん会 残虐行為]で検索しますと、
トップにサンケイ新聞がヒットします。

晩餐会で「抗日」「日本の残虐性」を強調、演説で口にした中英以外は「日本」のみ 法による統治は中国初?
http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210054-n1.html
是非、お読みください。

サンケイの記事が、間違っているか、どうかだけを確認してください。

日本の主要な新聞社は、見ることが出来ません。 

英中「黄金時代」の幕開けに、習近平が「抗日」の歴史を繰り返した理由
http://www.newsweekjapan.jp/kimura/2015/10/post-1.php

英国での習近平氏の訪問は、英国では、批判もあったようですが、多くの報道を読んだ範囲では、英国は、日本よりも、中国と仲よくしていくことに決めたと判断しました。

 その判断の元になるものは、次の二つです。
① 中国習氏訪米:「爆買い」展開…旅客機300機4.5兆円
http://mainichi.jp/select/news/20150924k0000e030187000c.html

②イギリスが中国製の原発を導入! 世界から不安の声相次ぐ・・。 海外の反応。
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51904797.html
続けて、アメリカとイギリスを訪問して、変な買い物をしたことです。 ただ、買い物をしただけではなくて、金額が 日本の自衛隊の一年間の予算より多かった点です。

 これで、アメリカもイギリスも、日本と貿易するよりも、l両国に傾斜することに決めました。 これまでの、仲間との手を切ってでも、貿易をしたいことが 解りました。

 アメリカもイギリスは、それだけ、経済的に困っていることだと思います。

 言葉を変えますと、日本は、世界の人からも、嫌われていることになります。
試しに、ドイツ、フランスの人が、日本人をどのように思っているをネットで、調べて貰えば、初めて、耳にするようなことが一杯書いてあります。

[ドイツ人 日本 嫌い]で検索しますと、ヒットします。

| | TrackBack (0)

2015.11.11

『潰れない日本』 戦争はどの国と (2)

中国と韓国は、共通して日本に要求していることは、第二次世界大戦の時に、日本が韓国と中国を侵略したときのことを謝罪していない。
これが一番だと思います。ドイツは謝罪をしたし、戦争の時に与えた損害の補償もした。しかし、日本は、両方とも行っていない。

この要求に対して、日本政府は、正式に一度も謝罪していないとされています。

そうでしょうか。 これまでに、首相が変る度に、申し訳なかったと口にされていますが、賠償金を払っていないとされています。
このあたりのことを考えてみようと思います。

[天皇 戦争 謝罪]をキーワードにして、googleで検索しますと、トップに

中国・新華社、天皇陛下に謝罪を要求 「昭和天皇が戦争指揮 ...
http://www.sankei.com/world/news/150826/wor1508260037-n1.html
2015.8.26 21:14更新 がヒットします。

全文を掲載します。
【北京=矢板明夫】26日付の中国紙、光明日報は「昭和天皇には中国への侵略戦争の主な責任があり、その後継者である天皇陛下は先の大戦について謝罪するべきだ」と主張する記事を掲載した。記事は国営新華社通信が配信した。中国はこれまで安倍晋三首相ら日本の政治家に対し、歴史問題について反省や謝罪を求めることはあったが、天皇陛下に対し直接、謝罪を求めることは異例だ。
 記事は、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争を発動し、指揮した」と強調した上で、「昭和天皇は亡くなるまで被害国とその国民に謝罪を表明したことがなかった。その皇位継承者は、謝罪で雪解けを、悔いることで信頼を手に入れなければならない」と主張している。
 8月14日の安倍晋三首相の談話内容に不満をもった共産党指導部が、陛下の戦争責任を間接的に追及する方向に調整した可能性もある。
 陛下は1992年に中国を初訪問した際、「わが国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。これは私の深く悲しみとするところであります」と、お言葉を述べられた。


関連ニュース

新華社も三菱マテ批判「アジアの隣国には横暴」「中国への謝罪がない」
首相談話「侵略、謝罪」を 唐氏、自民野田氏に
南京事件で「謝罪と賠償」求める書簡を日本に送付、中国公文書当局は写真公開…「国家」記念日格上げで攻勢
中国で日本への損害賠償・謝罪請求、訴訟準備相次ぐ
【日米首脳会談】安倍首相演説、中国メディアは「謝罪拒絶」と批判


以下、私がこの記事を読んで考えたことを書いてみます。
この記事が書かれた日付が大切です。 小さな字で、2015.8.26 21:14 と記されています。
書いた人は、北京滞在の記者・矢板明夫です。
26日付の中国紙、光明日報に掲載されたものを元に矢板明夫氏が書いたことになっています。しかし、この記事を元にして、勝手に、日本の記者が記事を書いた場合は、罰せられるのでしょうか。 その後に、「国営新華社通信した」と記して居られす。
どういう意味なのでしょう。
 民間の新聞社である[光明日報]が書いた記事を、政府系の「国営新華社通信」を通じて、新聞社に記事が廻って来たと云うことでしょうか。
 そうすれば日本のどの新聞社も受けとった筈です。

この記事は、産経ニュースです。
そこで、 [新華社 謝罪]をキーワードにして、検索しますと、

中国・新華社、天皇陛下に謝罪を要求 「昭和天皇が戦争指揮 ...
http://www.sankei.com/world/news/150826/wor1508260037-n1.html
l
2015/08/26 -
【北京=矢板明夫】26日付の中国紙、光明日報は「昭和天皇には中国への侵略戦争の主な責任があり、その後継者である天皇陛下は先の大戦について謝罪するべきだ」と主張する記事を掲載した。記事は国営新華社通信が配信した。中国は ...

新華社の謝罪要求 政府が抗議 - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172349

2015/08/28 - 岸田外相は中国国営新華社通信の配信について中国側に強く抗議。過去の戦争について天皇陛下の謝罪を求める論評。

「昭和天皇の継承者は侵略の謝罪を」 新華社が評論文:朝日 ...
http://www.asahi.com/articles/ASH8W66R4H8WUHBI01J.html
2015/08/27 - 中国の国営新華社通信は25日、「だれが日本の侵略戦争の罪を謝罪すべきか」との評論を配信し、「昭和天皇は亡くなるまで被害国とその国民に謝罪を表明したことはなく、その皇位継承者は謝罪で雪解けを、悔いるこ…

がヒットします。 この順位は、読者数の多い順だと思います。
トップに有るのは、サンケイです。 これは、日頃、中国の記事が多いので、納得できますが、一番、中国贔屓の朝日新聞が有ります。 ずっと、後に、日本経済が有ります。


サンケイの記事は、
同じ26日の21時4分に掲載したことになっています。サンケイの本社では、矢板明夫から報告の有った記事を受けて、どの様に報道するか、議論された事だろうと推察します。
そして、新聞には間に合わなかったでしょうが、26日の21時4分のインターネットには、報道されたと思います。
 他社は、27日と28日の報道になっています。

関連ニュースが、6本掲載されています。勿論、クリックすることによって、読む事が出来ます。 肝心の天皇の謝罪のことは書かず終いでした。 この事は、次回に記します。

| | TrackBack (0)

2015.11.10

『潰れない日本』 戦争はどの国と

 日本を潰したい国は、中国でしょう。
ただ、韓国は中国と共同で、日本を潰すことを願っています。

 どうして、韓国は日本を潰したいのでしょう。

韓国が、単独で日本と戦争をするとしますと、私にはよく解りませんが、どうやら、軍備は日本の方が強いらしいです。

 私の知識では、日本は、所謂軍隊は無いと思います。 それに変るものとしては、日本に攻めて来る軍隊が有った時は、自衛隊が対処することになっているらしいですが、戦争はしないことになると思います。

この件に関する法律があり、日本国憲法 第9条に書かれています。
日本国憲法 第9条(にほんこくけんぽう だい9じょう)は、日本国憲法の条文の一つで、憲法前文とともに三大原則の1つである平和主義を規定しており、この条文だけで憲法の第2章(章名「戦争の放棄」)を構成する。この条文は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている[1 (ウィキペディアより)

 この憲法の解釈を巡って、いろいろの議論が有りますが、憲法が発布されたのは、

昭和21・11・3・公布
  昭和22・5・3・施行
です。 
昭和20年4月に、私は小学校に入学しました。

 この法律を作った人は勿論、其の当時、成人だった人は、昭和の初めに生れた人です。
さて、何人の方が生存されているでしょうか。
おられましたら、先ず、日本国憲法 第9条を見て頂き、書かれてある意味をお聞きすればいいと思います。
 戦争は、100%しないと返事されると思います。わたしも、ずっと、その様に思っていました。65年間もです。

昭和21・11・3と云えば、続々と戦争から、帰国されて来られた頃です。

日本国憲法 第9条 は、二度と、戦争をしないという決めごとだと思った筈です。

小学生1年の私は、憲法の事などは全く知りません。

調べたところでは、軍隊はは有りませんでしたが、警察予備隊が出来ました。
1950年8月10日、警察予備隊令(昭和25年政令第260号)が公布された。同第9条には内閣総理大臣の他に担当大臣を置ける旨の規定があり、実際に1951年(昭和26年)12月26日から1952年(昭和27年)7月31日まで国務大臣大橋武夫がその任に当たった。
 
その経緯は、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E4%BA%88%E5%82%99%E9%9A%8A#.E5.89.B5.E8.A8.AD.E3.81.BE.E3.81.A7.E3.81.AE.E7.B5.8C.E7.B7.AFに書いてあります。
 
ウイキペディアに拠れば、次の様に書かれています。
1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争において、アメリカ軍は日本駐留部隊を朝鮮半島に出動させることとなった。その時点で日本駐留陸軍部隊は第8軍の4個師団(第1騎兵・第7歩兵・第24歩兵・第25歩兵)であり、九州駐留の第24歩兵師団は直ちに移動を開始している。その後、7月上旬には第8軍全部隊が朝鮮半島に移動することとなり、日本における防衛兵力・治安維持兵力が存在しないこととなった。
7月8日、マッカーサー元帥は吉田茂首相に対し、「日本警察力の増強に関する書簡」を提示した。この書簡においては、「事変・暴動等に備える治安警察隊」として、75,000名の「National Police Reserve」の創設が要望されていた。公表された書簡では左記の表記が採用されていたが、GHQ部内資料である「日本の安全保障諸機関の増強」(Increase in Japanese Security Agencies) においては「Constabulary」(警察軍)と称されており、アメリカが第2次大戦前にフィリピンで創設していたフィリピン警察軍(英語版) (PC)、アメリカ軍政庁統治下の南朝鮮で創設していた南朝鮮国防警備隊(現在の大韓民国陸軍)のような対反乱作戦部隊を想定していたものと考えられている[1]。

と云う次第で、日本国憲法 第9条が出来た時には、自衛隊が出来て、自衛隊は、戦争をしてはいけないとか、しても良い等は、論外であったことが分かります。

それが何時の頃か、戦争をしたい人が、国民の中に増えて来て、戦争は、放棄することになっていますが、してはいけないとは書いてないために、同盟国のアメリカが、戦争に巻き込まれた時は、支援しても良いか、よくないかで、先日、国会で論議が行われました。

 戦争は、100%放棄するのであれば、このような議論は、必要ありませんでしたが、政府の云う通りに多数決で決まりました。
 すこし、飛ばしますと、戦争をしても良いと云うことになりました。

 話題ははじめから、変なことになりましたが、韓国は、中国と一緒であれば、日本と戦う気は満々です。

韓国は、何が不満なのかと云いますと、
①慰安婦のことで、謝罪をしろ
②侵略戦争をしたことに対して、謝罪をして、戦争に対する補償金を支払う様に要求しています。

 この要求が正しいのか、間違っているかは、私には判断が出来ませんが、政府の返事の仕方が、どことなく、はっきりしないところを見ると、日本に良く無い点が有るのでしょうか。
 ただ、韓国には、礼儀というものは、存在しないのでしょうか。

 説明が付かないほど、無茶苦茶のように思われます。 

中国と韓国は、他の世界の人が、見れば日本人との違いは気が付かないと思われますのに、何故、怒りぱなしの国民なのでしょうか。その違いは、江戸辞退前からの生活の違いに有るのではと、先日から、数回書いてきました。 武士道というものが日本には有りましたが、今でも、続いてあるような気もします。

 あれぐらい無茶苦茶をいう相手では、いくら説得しようとしても無理でしょう。

私は、戦争は、憲法には、しないと書いてあるのですから、我慢するしか無いと思います。

鎖国をすれば、お互いに損することは大きいのですが、戦争するよりはマシだと思います。


メディアの人は、口を開けば、経済の成長を煽りたてますが、1945年の頃を思えば、成長つ続けている様に思います。
 10年ぐらい、一服しても良いのではないかと思います。

ここ数年は、韓国の人は、日本を訪れません。 日本人の顔もみるのも嫌なのだろうと思います。
 日本人はどれぐらいのひとが、韓国を訪れているのでしょう。

 すくなくなったとの報道は有りますが、200万人ぐらいの方は、韓国へ旅行されていることになるらしいです。

 此のうち、半分の方は、在日韓国人の方ではと思います。100万人の日本人の方は、韓国旅行は、10年間ぐらい辛抱出来ないものかと思います。

 この方法は、第二次世界大戦のときに、アメリカが、日本に取った作戦だとものの本に書いてありました。
 そのときに、アメリカが取った作戦は、日本人を怒らせるのではなくて、アメリカ人を怒らせるように仕組んだと書いてありました。 かんこくは、日本の悪口をいって、日本人を怒らせるのではなくて、韓国の国民を怒らせていることになります。
 爆発した時が、戦争です。

 手を出したのは、日本が先で、真珠湾を攻撃して大成功と思っていましたが、卑怯な日本人に腹をたてて、その後のアメリカ人の勢いは凄いものでした。

 どれぐらい爆撃をされたか、ウッキペディアに掲載されています。

原爆を二つ落としましたが、正しかったことですから、勿論、謝る気は有りません。

 韓国は、日本と戦争になったら、中国の後ろからやってくると考えています。

| | TrackBack (0)

2015.11.06

『潰れない日本』 戦争

世の中は、なんだか変な動きになってきました。タイトルに「戦争」と書きましたが、これまでの歴史から考えますと、日本は必ず、戦争に巻き込まれると思います。
 メインタイトルが、『潰れない日本』だからと云って、何もしませんと、潰されます。
そこで、必要な事は防衛になります。

 私は、このようなことに関しては、全くの素人ですから、世の中の動きがどのような状態なのか判断出来ませんが、今、直接に戦争となる可能性の話題を書いてみます。

 一つは、過去の事になりましたから、どうでも良いのですが、今後のことを考えるときに、必要ですので、書いてみます。


それは、下手をすると戦争に曳きづり込まれるのではと考えたことが有りました。それは尖閣諸島のことです。


さて、覚えておられますか。尖閣諸島の事を。

それは、石原慎太郎都知事(当時)が「うちは尖閣を買うから」と宣言したことをきっかけに事態が動き始めました。

と云うことは、尖閣諸島は、日本のものですが、誰も住んで居ませんから、東京都が買おうと発言した為に、メディアが取上げましたから、あっという間に、少し、お金をだすという人や、個人で買うと云う人が、大勢現われました。
 石原都知事も、半分は、冗談だったでしょうが、何処でどうなったのでしょう。中国が怒りましたかね。???? 忘れています。

そこで、ネットで調らべましたら、ヒタリの人物のコメントが有りました。
問題になったのは、2012年のことですが、次の記事は、配信日時:2015年7月10日(金) 18時22分 になっています。

尖閣諸島国有化騒動の真相、当時の首相補佐官が語る―中国メディアhttp://www.recordchina.co.jp/p113656.html です。
 

|

2015.11.05

『潰れない日本』 習い事

明治・大正時代の事を書いたものは、目に付きませんんが、
インターネットでは、次のものが見つかります。
子どもの外遊び・昔遊び http://45web.net/ 
覚えておられますか。殆どの遊びをしました。

 学校が終わってから、暗くなり始める迄に、遊びました。
しかし、物ごころが付きはじめますと、男と女も遊びは変っていきました。
 
女性は、遊びが減って、習い事をしました。裁縫、料理などは、有る程度親が教えました。

 これが、江戸時代の頃は、小さいときから、男女は別だったようです。特に武士の社会では、男女の育て方は、全く異なっていたようです。
この話題は、『武士道』新渡戸稲造著に書いてあります。しかし、著者は、1862年9月1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)の方で、この本を外国の人に知って頂こうと1899年に英語で書かれた事になっています。と云うことは、37才の時に書かれた事になります。1862年生れと云うことは、幕府が潰れた時が、1868年ですから、まだ、武士とはどういうものであるかは、6才の新渡戸稲造氏は肌で感じて知って居られたと思います。

そこで、武士の子供はどの様であったかを書いて居られます。


特に武士の子供は、各藩に学校があり、武士としての勉強が行われていたと記して居られます。

どれぐらいの藩校が有ったかは、次に記されています。
藩校  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A9%E6%A0%A1 

300年以上の歴史も! 藩校の伝統を引き継ぐ名門校 
http://president.jp/articles/-/14868一般の人の学校は寺子屋が良く耳にしますが、どのような実態であったかは知りません。

亥に昔、日本は、韓国と台湾を侵略して、国を潰したとされていますが、其の当時は、台湾も韓国も小学校も無かったので、両国に日本と同様のお金をつぎ込んで学校を建てたとものの本に書いてありましたので、信じていましたら、それどころが、日本人は、氏名まで、漢字に変えさせたりしたと最近の韓国の人は、私たちに教えてくれています。

先日から、俳句、和歌。琵琶や三味線のこと、習い事などが有った日本のことを書いてきましたのは、韓国では、日本とは、別つの文化を盛んにしたことの違いが、現在の国の違いではないかと考えてきました。 

どちらの国が良いかは、中国は自分の国が世界で一番に残る国だと思っているのでしょう。
日本は、消えてしまわないと害になると思っているのでしょうね。

日本はと云いますと、最近のように中国と韓国にボロクソに云われる様では、戦争をしないと決めましたから、勝ち目はない様に思われます。

しかし、私は 日本は潰れないのではないかと考えています。しかし、なにもしなければ、潰されるでしょうね。

次回から、潰されないようにするには、どうすればいいかを書いてみようと思います。

|

2015.11.03

『潰れない日本』 日本語(7)琵琶と三味線

日本語の私の見解如何でしたか。世界の人に自慢したい所ですが、このような考えは、私の独断かも知れませんから、もっと、外の日本人の考えを聞いてみないと分らないかも知れません。

 それでは、別のケースを考えてみようと思います。

今、奈良で正倉院展をしています。
http://www.yomiuri.co.jp/shosoin/  このタイトルに、琵琶が使われています。

見に行かれたことは有りますか。 いつの場合でも、満員です。今回も、満員の様子を報道していましたので、諦めました。
 どうしてかと云いますと、長い時は、2時間も待ったことが有りました。いざ、私が見ることが出来た時は、背が低い私は、見えず、やっと、目の前に来た時は、数秒の時間でした。それを承知で本物を見に行きます。

 いつも思います。私は大阪ですから、奈良までは知れていますが、北海道や九州の皆さんは、そう度々見に来ることは出来ません。
 一生のうちに数える程でしょう。 
 これでは、一泊でやって来ても、もう一度来ようとは思われないでしょう。

同じ日本人でも、物の考え方は、当然違ってきます。
 先日、『潰れない日本』 日本語(2) 
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2015/10/2-0933.html
に書きましたが、京都のタクシーの運転手さんは、家内とお友達が、大阪の者であることを知ると、「京都の人は、みんな、大阪の人はきらいですわ」と京言葉で云われました。
 京都の人は、大阪の人が苦手なのではありません。 「きらい」なのです。

当然、アメリカの人は、字を書くときに、毛筆で書いたり、ピアノではなくて、琵琶を愉しむ人は、解らないではなくて、「嫌い」という気持ちはあったと思われます。
 しかし、本を読んでいますと、当時の人は、せめて、人種差別はしないでほしいというようなことを書いて居られます。
 

話は逸れましたが、琵琶は写真では見たことが有りますが、演奏の音を聞いたことはありません。聞かれた事は有りますか。
 三味線は、如何ですか。 私の母親は、三味線の先生をしていましたから、三味線の音は、聴いて育ちました。三味線だけではなくて、長唄を教えていましたから、長唄の発生の仕方は、今でも、記憶に残っています。 5つ違いの姉が琴を習っていましたから、勤務からの帰宅の途中に、お琴の先生宅に迎えに行きましたから、先生の云い音と、姉の下手な音の両方を聞いて、育ちました。
 そうしますと、このような演奏会にいく機会が有りました。

当時は、ラジオで、このような放送は有りましたが、今では、テレビでは有るでしょうか。

  琵琶の発祥地は、東アジアとウィキペディアに書いてあれます。 その痕跡は、ベトナムに残っていて、中国に伝わり、日本に伝えられたと書いてあります。
 しかし、残っている琵琶で一番古いのは、正倉院の琵琶が一番古いらしいです。

 こうなりますと、正倉院の琵琶は、世界遺産になりますから、大切にしなければなりません。
 しかし、日本人の共通の遺産ですから、10年に一回ぐらいは、北海道と九州で展示されなければ、京都人が一番優秀という人が、現われることになります。

 中国は、日本標準を合せたミサイルを 100基持っている。
「抗日戦争勝利70年 中国軍事パレードのねらい」のパレードで、日本を脅しました。
中国の抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードhttp://jp.wsj.com/articles/SB12096842380967064583604581210233059134222
のボリュームをいっぱいに上げてご覧ください。

 どれほど、中国が、日本人を恐怖のどん底に落とそうとしたか、実感してください。 同じように、琵琶の音を聞いたことある中国の人は、どうして、日本人を殺したいのでしょうね。

脅しただけではありません。 殆ど、100%の確率で、戦争となると思います。

いろいろの事を書きました。 たかが、琵琶と三味線と思われるかも知れませんが、このようなものが、人間を作り上げて行くのだと考えます。
 
 
琵琶を知っているのは、中国では、昔の事でしょう。
知っているのは、数少ないですが、日本では、琵琶を見る事が出来ます。

残す日は少ないですが、どうぞ正倉院展に足をお運びください。

| | TrackBack (0)

2015.11.02

『潰れない日本』 日本語(6)中国語と日本語(3)

「てにをは」の使い方 
http://www.raitonoveru.jp/howto2/bunnsyou/03.html
読んでいただけましたか。

同じ文章の様でも、「が」のところを「は」に変えるだけで、意味は全く変わってしまいます。

 英語のことは精しく知らないのですが、
I am a boy. の文章では、私は少年ですと表現する時は、私は一人に決まっていますから、一々、一人とは断りません。 英語では、上記のように必ず、「a」入れます。
二人ですと、two boys と正確に二人を入れて、boy の後ろに複数を表す「s」
を付けます。
 
 また、二人でお喋りをしている時は、一々、私とか、貴方は、断らなくても分りますから、日本語では、省略します。「I」の部分は、普通は、守護と云いますが、英語では、必ず入れるのではないでしょうか。

日本語の場合は、私 少年 です と3つの単語を並べても分りますが、「は」を「私」の次に入れるだけで、 「私は少年です」と日本語になります。

英語ですと、私 です 一人 少年の単語が、この順に並び枚から、日本式に読みますと 「私 です 一人 少年」となります。

どちらが分かり易いのでしょうね。

「私」の部分を主部と云います。 「です」の部分は、述部と云います。
主部と述部の関係は、述部は、主部の部分を説明する部分を云います。


主部と云います。 「です」の部分は、述部で、主部を説明する部分です。

もう少し、複雑な文章の方が分かり易いと思います。

友だちの/妹が/、話題の/本を/読んだ。
・主部「友だちの/妹が」、述語「読んだ」、修飾部「話題の/本を」→被修飾語「読んだ」
この文章は複雑です。うえの文章は日本語の場合のたんごの並べ方です。

英語ですと、妹が 読んだ となります。 どのような妹かと云いますと、「友達の」と説明する修飾語が付いていることになります。
 一番大切な部分を先に行ってしまうのが、英語の並べ方になります。
どちらが理解し易いかと云いますと、日本人は、日本語の並べ方。
アメリカ人は、英語の並べ方の方が、判り易いことになります。 文章が複雑になるほど、英語の方が、始めに効いた部分で、判ることになります。
「てにをは」が歩かないかの違いだと思います。
日本人は、何時の頃からか、「てにをは」を発明したのだと思います。

この違いは、大きかったと思います。 日本人は、物事を他人に伝える時には、簡単なだけに、表現が豊かになったと思います。微妙な表現が出来る所が、京言葉であり、大阪弁の素晴らしい所だと思います。

かくして、僅か、31文字をつかって、自分の思いや自然の移り変わりなどを織り込んで遊ぶ、和歌か作られるようになりました。

 所が、江戸時代になると、僅か、17文字、しかも5—7—5
と、口調の良い、短文を作って、自然を詠み込んだり、ラブレターを書く遊びが生れました。それは、俳句です。

これは、世界にはない、短文でしょう。

| | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »