« 熊本地震に対する対応の仕方は 間違っていたのではないか | Main | 地震学者の責任----地震の原因 その2 »

2016.04.30

地震学者の責任----地震の原因 その1

 地震が起こった時には、政府、各府県、各市町村に対策本部が、設置されます。これを決める時の元になるものは、起こっている地震は、どのような地震であるかを地震の学者から、資料を受け取ることになると思います。

 今回の熊本地震の場合は、これまでの地震と違っていたために、判断が、いろいろの別れた様に思われます。加えるに、報道の仕方もまちまちだったようです。

そこで、NHKの報道が、すばらしかったようなブログを見付けました。

熊本地震で試されたNHK災害報道の実力280427http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6610?page=1
しかし、ここでも、地震に対する専門家の考え方が、いろいろですので、素人なりに、大きく分けて、地震はどの様な原因に依って、引き起こされるかを集めて見ました。

①活断層説
http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20120301.html

②プレートテクトニクス説
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

③熱移送説
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=248043

私の頭は、単純ですから、①~③になりました。
③の熱移送説は、はじめて、知った学説の様です。

|

« 熊本地震に対する対応の仕方は 間違っていたのではないか | Main | 地震学者の責任----地震の原因 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震に対する対応の仕方は 間違っていたのではないか | Main | 地震学者の責任----地震の原因 その2 »