« 地震学者の責任----地震の原因 その1 | Main | 熊本地震最新情報 »

2016.05.02

地震学者の責任----地震の原因 その2

今回の熊本の地震の原因はおわかりになられましたか。

学者が分られたか、どうかは問題ではありません。大部分の国民が、理解出来ませんと、地震に対して、どの様に対応したらよいか、判断が出来ません。

「その1」で分ったこと以外に、今回での地震では、どのような報道がされたかを箇条書きにしてみます。
①震源地は、10kmが多かったようです。 どうして、15kmと20kmは無いのでしょうか。 平成になってか、4回の大きな地震がおこっています。ということは、7年に一回、日本のどこかで起こっています。
 私の頼りない記憶では、75年間に、大きな地震は、阪神大震災だけです。

②余震が29日現在でも、起こっています。
 これほど、長い余震は、始めて出ないでしょうか
 阪神大震災の時には、兵庫県の猪名川町と大阪府豊能町で、確か、微震が300回も続いたことが有りました。この後に、神戸の阪神大地震が起こりましたので、関連があるのだろうと考えましたが、京都大学の地震研究所は否定されていました。


③2度の激震----この事実が、避難解除が出来ない根拠になっていると思われます。
2度の激震「対応が複雑に」 熊本・蒲島知事
http://www.asahi.com/articles/ASJ4Y3SCYJ4YTIPE00D.html

④活断層の横揺れ 
 私の町は狭い町ですが、南端の活断層が、隣の町との境界になっています。上下に、3mは有るでしょうか。所謂崖になっています。北は、山の麓に、断層があり、上の道路と下の中学校のグランドの高低差が、2.5mは有りそうです。 この二つの活断層の真ん中あたりに、我が家が建っています。
 私が知っている60年の間には、大きな冷蔵庫が移動するぐらいの阪神大震災が有りました、家が倒れることは有りませんでした。

 活断層があるから地震が起こるのでしょうか。 活断層は、かってに、地震が起こった痕跡では無いのでしょうか。
 活断層の近辺で、常に、エネルギーの発生、蓄積、発散が行われているのでしょうか。

 熊本の地震では、幅が、60~100cmは、あろうかと思われる、地割れの写真が掲載されていました。

識者「活断層動いた可能性がある」
http://www.sankei.com/affairs/news/160414/afr1604140061-n1.html


如何でしたか。
今回の地震は、いつもと違う、原因で起こったと考えてもいいのではないでしょうか。

原因は。
③熱移送説
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=248043 

まだ、学説として、確立されていない原因説ではないでしょうか。

|

« 地震学者の責任----地震の原因 その1 | Main | 熊本地震最新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地震学者の責任----地震の原因 その1 | Main | 熊本地震最新情報 »