« 熊本地震の原因を探る その4 | Main | 熊本地震の原因を探る その6 »

2016.05.28

熊本地震の原因を探る その5 

 タイトルは、「熊本地震の原因を探る」にしていますが、全くの素人が、原因を知ることは不可能ですので、新聞報道に見られた情報より、原因を探っています。
 
 読んで頂きました通り、熊本地震の原因は、良く解っていないことが判ります。それでも、どんどん、新聞報道を取上げますと、熊本県の人にとっては、厳しい報道になっていきます。
 なんだか、書くのが悪い様に思われて、記事の掲載はストップしてしまいました。
 前回の記事は、5月13日でした。

その後、 保管していましたが、やはり、見て頂こうと思います。
 以下 読売新聞に、平成28年5月14日に掲載された記事です。


熊本と大分、2か月程度は震度6弱以上の可能性

読売新聞 平成28年5月14日

政府の地震調査委員会(委員長=平田直・東京大地震研究所教授)は13日、熊本や大分で続いている一連の地震活動について、「熊本県から大分県にかけて最低2か月程度は震度6弱以上の揺れにみまわれることも否定できない」との見解をまとめ、注意を呼びかけた。
また、今回の地震ではマグニチュード(M)6級の後にM7級のさらに大きな地震が起きたことを受け、平田委員長は余震の発生確率の評価手法を見直す方針を明らかにした。「3か月程度で結論を得たい」としている。

以上です。


新聞記事としては、このように簡単な記事ですが、こんな記事ですと、報道しなかった方が良かったのではないでしょうか。

結果論ですが、今日5月28日までには、マグニチュード(M)7級の地震は、起こりませんでした。

 しかし、この報道を知った避難されておられる住民の方は、家に 少し、物を取りに帰えることも出来なかったでしょう。、
 それは、何時まで続くのかと云いますと、3ヶ月は掛かると書いてあります。しかし、3ヶ月すれば、起こるか起こらないか分らないでしょう。 無責任な報道だなと思いました。

|

« 熊本地震の原因を探る その4 | Main | 熊本地震の原因を探る その6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その4 | Main | 熊本地震の原因を探る その6 »