« 地震学者の責任----地震の原因 その2 | Main | 熊本地震を理解するための地震の基礎知識 »

2016.05.05

熊本地震最新情報

 タイトルの地震最新情報は、5月2日の情報です。
刻々と変る地震学者から発せられる情報を元に、メデイアは、情報を流します。

 6月2日の産経新聞とNHKの報道を読んで、この文章を書きました。
その後、直ぐに、滋賀県の蒲生郡といわれた西湖の東側一帯を歩く為に出かけました。

その為、その後の熊本県はどのようになっているのか知りませんが、考えたことを書いていますので、ご覧ください。

 次の報道は、NHKのニュースです。私のコンピューターの時報は、5月2日6時46分です。
他のメディアは確認していませんが、素晴らしい記事です。

熊本県・大分県 地震の被害 2日
5月2日 6時08分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160502/k10010506321000.html
熊本地震では、これまでに49人が亡くなり、今も1人の行方が分かっていません。避難している人は2万2000人余りに上っています。
続きを読む
地震で死亡 49人
熊本地震で亡くなった人は、熊本県の7つの市町村で49人に上っています。最も多いのは震度7の揺れを2回観測した益城町で20人、次いで南阿蘇村で15人となっています。また、西原村で5人、熊本市で4人、嘉島町で3人、八代市と御船町でそれぞれ1人が亡くなりました。
1人が行方不明
先月16日の地震で大規模な土砂崩れが起きた南阿蘇村では、今も1人の行方が分かっていません。
関連死の疑い 17人
熊本県は、避難生活による体への負担や持病の悪化など地震の影響で亡くなったと思われる人が17人に上るとしています。
けがをした人 1500人余
けがをした人は、熊本県内では、1日午後1時半現在で、重傷が337人、軽傷が1171人となっています。
大分県では、1日午後5時半現在、重傷4人、軽傷24人の合わせて28人となっています。
住宅の被害 2万棟
住宅の被害は、1日午後1時半現在、確認されただけで、熊本県内で2万68棟に上っています。全壊が2252棟、半壊が2757棟、一部破損が1万5059棟です。ただ、調査はまだ途中で、県によりますと、さらに増える見通しです。
避難している人 2万2000人余
熊本県災害対策本部の1日午後1時半時点のまとめによりますと、熊本県内では412か所の避難所に2万2078人が避難しています。このうち避難者が最も多いのは熊本市で9815人、次いで益城町が4868人、御船町が1369人、西原村が1325人、阿蘇市が988人、宇城市が925人、南阿蘇村が828人などとなっています。
NHKが大分県内の各自治体に取材したところ、自主的に避難している人は、1日午後5時半現在、2つの市で合わせて17人となっています。自治体別では、別府市が12人、由布市が5人となっています。
断水続く 1万世帯
熊本県内では、2日午前5時の時点で、5つの市町村のおよそ1万世帯で断水が続いています。
 NHKの記事は此処までです。

今回の地震で亡くなられた方は、49+17=66名です。 捜索が打ち切られましたが、最後の行方不明者の大学生の方の生死が不明です。

 東日本大震災は、津波による被害が大きかったので、比較になりませんが、家の倒壊数から判断すると、亡くなられた方は、少なかったのではないでしょうか。


 今日の産経新聞の朝刊では、社説に、
熊本地震の教訓 耐震の先送りは許されない
http://www.sankei.com/column/news/160502/clm1605020002-n1.html

 私は今、76歳です。76年間の間に、20年前に、阪神大震災が有りました。震源地の神戸から離れていましたから、壁のあちこちに、ひび割れが出来たり、大きな冷蔵庫が、30センチも移動した被害は有りましたが、命の危険は感じませんでした。
我が家の古い方の家は、築60年を過ぎます。 古い材木を使った家ですが、屋内は、新しい材木と変わりありません。
 木は、コンクリートより強い事が判ります。 薬師寺の搭は、1200年は経っていると思われます。
しかも、薬師寺に限らず、五重の塔で、地震によって、倒れたのは無いと記憶します。

 建物の寿命は、地震よりも、瓦の破損による雨漏れや、壁からの浸水により柱などの腐ることにあると思います。
以上の事から、産経新聞の社説は間違いではないでしょうが、すこし、判断が早かった様に思います。

 どうして、民家などの一階部分が、潰れたかの検証が必要かと思います。

 私の想像では、原因が、これまでの地震と原因が、異なっていたのではないかと推理しています。


NHKの報道はいろいろのことを教えてくれます。
内容は、如何でしたでしょうか。
 
 今後の地震情報として、NHKf利用させて貰っていいと思いました。


参考資料
薬師寺
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA#.E6.9D.B1.E5.A1.94

|

« 地震学者の責任----地震の原因 その2 | Main | 熊本地震を理解するための地震の基礎知識 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地震学者の責任----地震の原因 その2 | Main | 熊本地震を理解するための地震の基礎知識 »