« 熊本地震の原因を探る その18 | Main | 熊本地震の原因を探る その20 »

2016.09.04

熊本地震の原因を探る その19

9月4日に間に合いませんので、9月3日のブログは、二度書く事になりました。


9月4日は覚えておられますか。

熊本地震の原因を探る その13 のブログに書きました。 少し、戻ってお読みください。

 次のブログは、日にち限定の警告です。
「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160823-98620416-tocana


今朝(9月3日)朝に:原稿を書いた時に、9月4日までの予想は、外れたので、4日には、予想が外れてたことを書こうと思っていましたら、九州に台風が接近だけで、雨量が最大の台風になることが報道されています。

 こんな事は馬鹿げた事と思わないで、鹿児島の方は、9月4日は、一歩も外出してはいけないと思います。鹿児島の方だけではなくて、熊本、大分の方は、地震にも注意する必要が有ります。

  豪雨と地震が重なりますと、火山の爆発に繋がると予想しています。

特に、台風の進路が、熊本県に逸れれば、熊本県の人も、外出しないほうが、良いと思います。
 
 素人のくせに、証拠もないのに、この様な事を書いても良いのかと思いながら、書いています。


 鹿児島十島村 50年に一度の雨
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6213236
〔台風12号〕鹿児島県十島村で50年に一度の記録的大雨 土砂災害などに厳重警戒(9/3)
台風12号に伴う発達した雨雲の影響で、鹿児島県奄美地方では所によって1時間雨量が約120mmに達する猛烈な雨が降っており、3日14:47、名瀬測候所は「鹿児島県十島村では、50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります」とする情報を発表しました。土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒が必要です。(レスキューナウニュース
■気象概況
【1時間雨量】
・鹿児島県 中之島  121.0mm(~3日13:58)≪史上1位≫

■防災気象情報
【記録的短時間大雨情報】
・約120mm:十島村付近(~3日14:00)

◆用語解説「50年に一度の大雨」
・2013年8月からの大雨特別警報導入にあたり、気象庁がその客観的指標として定めた値。1991年以降の観測データから、50年に一回程度の頻度で発生すると推定される降水量及び土壌雨量指数の値で、過去50年の間に実際に観測された値の最大値というわけではない。実際に大雨特別警報が発表されるためには更に複数の条件が設定されているが、特別警報が発表されていない場合でも、当該地域では厳重な警戒が必要である。
レスキューナウ
最終更新:9月3日(土)14時55分

11号は、北海道を襲いました。
10号は、岩手県を襲いました。
 
 どれだけ、気象庁は、これまでにない台風だと警告したでしょう。 理由を台風は二つの高気圧に挟まれた所を通かすると進路も提示しましたが、川があふれたり、土手が決壊するような警告は出しませんでした。

 気象庁が今までに、蓄積した知識では、判断できないことが起っていると思います。

|

« 熊本地震の原因を探る その18 | Main | 熊本地震の原因を探る その20 »