« 熊本地震の原因を探る その21 | Main | 熊本地震の原因を探る その23 »

2016.09.05

熊本地震の原因を探る その22

 コンピューターの時計では、8時34分です。

台風12号の進路予想
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/typhoon/1612.html
台風12号は、きょう未明に長崎付近に上陸した後、北上しています。九州だけでなく、台風から離れている四国から東海でも大雨のおそれがあるので、低い土地の浸水や土砂災害などに警戒してください。また、東日本太平洋側を中心に大気の状態が不安定で、晴れる地域でも、午後はにわか雨や雷雨になるところがあるでしょう。(気象予報士・久保井朝美)

 この記事は、ネットからコピ|ーしたものですが、テレビ8チャンネルで台風情報をしていました。
 この台風は、コンパクト台風と名前が付けられましたが、風は強くは有りませんが、鹿児島を逸れて、長崎に上陸し、北上を続けているらしいです。特徴は、スピードが遅く、歩く速さだと報道していました。
 台風が遅いと云うことは、水分をたっぷり含んで豪雨になります。地図を見ていますと、阿蘇山にたっぷり雨が降ることになります。そして、熊本地震は継続しています。

 阿蘇山にしみ込んだ水分は、阿蘇山のマグマに到達しますと、水蒸気となって、噴火すると私は想像しました。 想像しすぎでしょうか。

9時現在の、台風は、山口県に上陸したらしく、私の想像した阿蘇山の噴火は、起こりませんでした。

岩手県の台風被害の町では、12号が岩手に来ても、一人の死者も出さないのだと、早くも避難命令を出し、自衛隊員によるヘリコプターや背負っての避難の様子を放映していました。

|

« 熊本地震の原因を探る その21 | Main | 熊本地震の原因を探る その23 »