« August 2016 | Main | October 2016 »

2016.09.27

熊本地震の原因を探る その28

前回、その27に於いて、「日置」という地名や人の名前について書きました。 この名前が、熊本地震と関係があるのかといいますと、なんら関係ありません。

 唯、東日本大震災が起こった時に、あの時の地震は、人工的に起こされた地震だと思いました。
時は、2011年(平成23年)3月11日午後2時46分でした。東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害であり、この地震によって福島第一原子力発電所事故が起こったとされています。

 人工的に地震を起こされたと云うことは、起こした人がいたのと起こされた人には、起こされる理由が有ったと考えました。
 東北の前に、阪神・淡路大震災が有りました。この地震は、1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害です。

私は大阪府の北部に住んでいましたから、被害は少なかったですが、それまでに私が経験した一番大きな地震でした。

と云う次第で、二つの地震を念頭に、地震を起こして、この地域を叩きつぶそうとする者を探しました。
 そして、気になったのが、日置という地名でした。

其の時に調べたことは、次の所に書いています。

日置地名
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page179.html

日置地名
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page179.html

現在の日置地名 
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2008-02-14

No278 三重県の神島  
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2008-01-20

藤原氏と式内社
http://o-mino.la.coocan.jp/page878.html

| | Comments (0)

2016.09.21

熊本地震の原因を探る その27

熊本 地震 電磁波をキーワードにして、検索しますと、厖大な記事を見ることが出来ます。
 「熊本地震の原因を探る」とのタイトルで書き始めたときよりも、記事の数が、増えています。それだけではなくて、内容が、詳細になっています。

「熊本地震」:ついに発見「怪しい掘削事業」=南阿蘇村の「地熱発電事業」
http://quasimoto2.exblog.jp/22723916/
重要追加あり)熊本人工地震(電磁波)2
http://ameblo.jp/catseye-virdo/entry-12151074799.html
熊本地震は人工地震である事がほぼ確定 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1460794980/l502014-10-11
これからの日本(449)歴史を知らない日本人(676)どう戦うか(654) [日本の道]
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300624878-2

| | Comments (0)

2016.09.19

熊本地震の原因を探る その26

 [帯広発~大阪発]というブログを書いています。
http://obitikuoosaka.blog.fc2.com/

ここは、私の資料保存用に使っています。

ここに、次のタイトルの文章を掲載しています。
2カ所同時に震度7 16日の地震、観測史上初

古い話ですが、大切なことですので、ここに、転載します。

• 2016/04/22 (Fri) 06:35
• 地震
熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、気象庁は20日、熊本県益城町と西原村では、16日午前1時25分に起きたマグニチュード(M)7・3の際、震度7を観測していたと明らかにした。益城町の震度7は14日に続いて2回目。
 気象庁によると、1回の地震で、2カ所同時に震度7を観測したのは史上初めて。同じ場所で震度7が2回起きた例もない。過去に経験のない大地震であることが浮き彫りになった。
 震度7の観測は1995年以降、阪神大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、14日の益城町に続き5例目となる。震度7は固定していない家具や人が飛ばされるほどの揺れ。
 気象庁は記者会見で「地震活動は依然活発で収まる兆候は見えない」として引き続き警戒を呼び掛けた。21日は大雨の恐れがあり、土砂災害にも注意を求めている。
 14日午後9時26分の震度7から20日午後7時までに観測した震度1以上は707回に上った。震度7は2回、6強は2回、6弱は3回、5強は3回、5弱は7回、4は73回。20日は午後7時までに55回観測した。
 益城町と西原村の震度計はM7・3の地震でデータ送信ができなくなり、気象庁が機器から直接データを取り出し解析していた。M7・3の地震ではこれまで、最大震度は南阿蘇村などの6強とされており、気象庁は総回数のうち震度7を1から2回に、震度6強を3から2回に修正した。
 M3・5以上の地震回数は、95年以降に内陸や沿岸部で起きた同規模の地震の余震回数(M3・5以上)と比べ、新潟県中越地震の同時期を上回り過去最多ペースで推移している。
 21日は前線を伴った低気圧が西日本を東に進む影響で、九州北部は明け方から昼すぎにかけて雷雨や暴風の恐れがある。熊本、大分両県では1時間に40~50ミリの激しい雨の予想。また熊本市では20日午後、最高気温25・2度を観測し夏日となった。朝は平年より気温が低く寒暖の差が激しかった。体調管理にも注意が必要だ。


掲載した理由----おかしな報道ですね。
どこが、おかしいかと言いますと
「気象庁によると、1回の地震で、2カ所同時に震度7を観測したのは史上初めて。同じ場所で震度7が2回起きた例もない。」

「史上初めて」と書いてある通り、現在、一週間目になりますが、始めから、気象庁の予報、勧告、警告は、間違いばかりです。 

| | Comments (0)

2016.09.16

熊本地震の原因を探る その25

数日間、台風の報道に目をそらしていましたら、三つの台風があれよあれよと思う間に、発生しました。
こんなことは、普通にあることなのでしょうか。
 次のタイトルは、卵の17号も一緒に書いてある台風の資料です。

《2016》台風14号15号16号17号たまご 米軍最新進路予想・気象庁天気図動画・九州沖縄上陸情報
2016年の 14号(Merantiムーランティ), 15号(Raiライ), 16号(Malakasマラカス) の、米軍・最新進路予想・気象庁天気図動画・台風の上陸予想情報となります。
更新日: 2016年09月14日

▶︎ 台風14号 : 890hPa (2016/9/14 4:00)
ちなみに、観測史上最低の気圧の台風は 870hPa (1979/10/6 発生) だそうです。
出典:http://goo.gl/FJXOWz
お気に入り詳細を見る
▶︎ 台風15号 : 熱帯低気圧になりました
▶︎ 台風16号 : 975hPa (2016/9/14 4:00)

 こんなに続けて台風が発生することは稀だとしますと、人工地震をおこして、阿蘇山を爆発させようとしているという、私の良く無い発想が又、ぶり返します。

阿蘇山の爆発が起こるとしますと、九州全域は、生活ができなくなると思います。

少なくとも、台風が収まる迄、特に阿蘇山の近くの方は、3日程、本州に旅行されてもいいのではないかと思います。

| | Comments (0)

2016.09.14

熊本地震の原因を探る その24

 前回、もう台風は発生しないだろうと書きました。

台風14号2016の最新米軍・ヨーロッパ進路予想図!台湾が心配、日本への影響は?
http://disastress.com/%E5%8F%B0%E9%A2%A814%E5%8F%B72016%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E9%80%B2%E8%B7%AF%E4%BA%88%E6%83%B3%EF%BC%81/ タイトルをご覧ください。

台風14号2016の最新米軍・ヨーロッパ進路予想図!
と書いてあります。どうして、日本だけではなくて、米軍の予想図を掲載したのでしょう。

日本の予報は、最近、殆ど、間違っています。

 何故、間違うのでしょうか。
若し、戦争状態で、これから、艦隊が出撃するとします、途中から暴風雨になれば、艦隊が全滅することになるでしょう。
 其の時は、戦争の 方は仕方が有りませんから、出撃は半分に減らすとかの変更は当然でしょう。
 
その為に、アメリカではなく、米軍独自の予報は必要なのでしょう。

このように考えて、読んでいきましたら、次の文章が有りました。


大きな被害を受ける可能性があります。最大風速はなんと70m/s以上の予想。

しかし上の図で15/18のところから急速に衰えます。60ktsと半分近く落ちていきます。16/18つまり日本の17日未明には熱帯低気圧に変わる予想。

それにしても気象庁・米軍・ヨーロッパ今回は違いが大きいですね。

■ヨーロッパEMCWFの台風14号の最新進路予想
ヨーロッパは10日先まで予想をだします。

 台風14号2016の最新米軍・ヨーロッパ進路予想図!台湾が心配、日本への影響は?
このページは、気象に知識が有る方が書かれたのでしょう。
どこまで信用していいのか解りませんが、
最近の気象庁の予報が外れていることの原因は、検討しなければならないでしょう。

予報のデーターの出典
出典:気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)
http://www.usno.navy.mil/JTWC/

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
http://goo.gl/hvzeaF

|

2016.09.11

熊本地震の原因を探る その23

①台風13号 広範囲で大気不安定 土砂災害などに警戒(NHK)9月7日 10時11分

台風13号は鹿児島県の種子島の南の海上を東寄りに進んでいます。台風と前線の影響で、8日にかけて沖縄から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になるため、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水などに警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風に十分な注意が必要です。


 以下は、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160907/k10010673131000.html を参照。


12号台風で、甚大な被害を受けた岩泉町は、自衛隊に避難援助を要請して、ヘリコプターで住民の避難を行いました。

次の記事は、7日の岩泉町の様子を伝えています。 7日午後2時20分

②岩手日報
台風10号豪雨の県内被災地では7日、台風13号などの大雨への警戒を強めた。避難所や被災した自宅での避難生活が長期化する中、被災者の疲労は色濃く、雨による被害の拡大に一層不安を募らせている。台風10号では避難の遅れによる被害の拡大が指摘されており、被災者は早めの避難を心掛けた。

 以下次の所をご覧ください。
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160908_2


上に二つの記事を書きましたが、私の不満を書いてみます。
①NHKの記事ですが、気象庁が発表した通り記事にしたのでしょうか。
 <台風と前線の影響で、8日にかけて沖縄から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になるため、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり>
 九州の南の海上に発生したばかりの台風13号が、どうして、8日に沖縄から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になるのでしょう。不安定になると、必ず、局地的に、豪雨になるのでしょうか。

 これでは、全国的に大雨ですから、各地の予報にはならないでしょう。
NHKは、こんないい加減な気象庁の予報ですが、まあ、日本中の皆さん、8日は外出しないで注意しましたょうと報道すれば良いと思います。
 しかし、このように報道しなかったから、岩手県岩泉町の老人ホームでは、気が付いた時には、首までの水が部屋の中までやってきました。
 そのような経験は一度もありませんでしたから、町長もホームの所長さんも避難の指示は行いませんでした。
 
 それほどに、今年の台風は、気象庁が、データーを取り始めて以来、始めての豪雨台風が発生、異常続きでした。

 素人の私が二年前から、異常な豪雨は、人工的に起こされた豪雨だとブログに書いてきました。
 プロの気象庁の人であれば知って居られた筈です。

 直接人工による地震とか、台風だと云わなくても、もっと、厳しい注意報を出せた筈です。
 NHKの人も人工地震のことはご存じだった筈です。

熊本の地震も、三陸沖地震も、人工的におこされたというお話は、よみきれないほど、ネットに掲載されています。

 では、誰が犯人かと云いますと、私は、アメリカ、ロシア、フランス、ドイツ、中国、、オーストラリア、日本だろうと思っています。これらの国は、人工的に地震を起こす技術はもっているからと思っています。
 技術が有りますと、その技術は使ってみたくなるものです。
こんなことをかきますと、私は殺されることになるかも知れませんが、誰かがいいませんと、犯人は、調子にのって、電磁波を使う筈です。

②岩手日報の記事は、反応して、自衛隊を撒きこんだ、避難になりました。
 発生したばかりの台風が、次の日に、岩手県で豪雨となるわけはありません。


③13号は、翌日に、熱帯性低気圧になりました。
気象庁 | 台風情報
www.jma.go.jp › 防災情報
1. キャッシュ
予報円の中心を結ぶ直線を表示 する しない. 説明へ. 台風第13号. 温帯低気圧平成28年09月08日03時45分 発表 ... なお、台風が熱帯低気圧または温帯低気圧に変わり、3日先以降は台風でなくなると予想される場合も5日進路予報は表示されません。

人工的に、富士山と阿蘇山を爆発さそうと、次々と、7~13号に誰かが、細工をしようとしたと、邪推をしていましたが、今年は、これ以上の台風は発生したら、愈々怪しい事が判ってしまいますから、お仕舞いだと思います。

熊本の地震も、富士山の噴火も、今年は起こらないと考えます。

|

2016.09.05

熊本地震の原因を探る その22

 コンピューターの時計では、8時34分です。

台風12号の進路予想
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/typhoon/1612.html
台風12号は、きょう未明に長崎付近に上陸した後、北上しています。九州だけでなく、台風から離れている四国から東海でも大雨のおそれがあるので、低い土地の浸水や土砂災害などに警戒してください。また、東日本太平洋側を中心に大気の状態が不安定で、晴れる地域でも、午後はにわか雨や雷雨になるところがあるでしょう。(気象予報士・久保井朝美)

 この記事は、ネットからコピ|ーしたものですが、テレビ8チャンネルで台風情報をしていました。
 この台風は、コンパクト台風と名前が付けられましたが、風は強くは有りませんが、鹿児島を逸れて、長崎に上陸し、北上を続けているらしいです。特徴は、スピードが遅く、歩く速さだと報道していました。
 台風が遅いと云うことは、水分をたっぷり含んで豪雨になります。地図を見ていますと、阿蘇山にたっぷり雨が降ることになります。そして、熊本地震は継続しています。

 阿蘇山にしみ込んだ水分は、阿蘇山のマグマに到達しますと、水蒸気となって、噴火すると私は想像しました。 想像しすぎでしょうか。

9時現在の、台風は、山口県に上陸したらしく、私の想像した阿蘇山の噴火は、起こりませんでした。

岩手県の台風被害の町では、12号が岩手に来ても、一人の死者も出さないのだと、早くも避難命令を出し、自衛隊員によるヘリコプターや背負っての避難の様子を放映していました。

|

熊本地震の原因を探る その21

 [熊本地震  人工地震]をキーワードにして検索しました。
 一杯、ヒットしましたが、上から3つだけ、次に記します。

①九州全体に広がった熊本地震。今後どうなるか。阿蘇山の大噴火は間違いない。
http://open.mixi.jp/user/20653861/diary/1951981997

②熊本地震と阿蘇山噴火、南海トラフは関連するのか
http://diamond.jp/articles/-/89997

素人の感想---タイトルのことは書いてありません。
結論は、できる備えはするべきですが、それ以上の心配をしたら心穏やかでは暮らせません。
 津波が来ずとも、福島の原発事故のようなことが起こりうるのです。 ---原発の事まで心配されています。

 役に立ちません。

③【速報】熊本地震→阿蘇山噴火!最悪「カルデラ噴火」の可能性も?
2016年04月16日10:03
http://www.yukawanet.com/archives/5036559.html
阿蘇山が噴火した模様です。気象庁でも(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)となっていたが今後は引き上げの可能性も。地震との関係性は明らかになっていないが、多くのメディアでは地震の影響で噴火しているという可能性を示唆しており、最悪カルデラ噴火を起こす可能性も視野に入れているようだ。

実は阿蘇山は今年に入って2回噴火している。その以前からも噴火はしており警戒レベルは2とされていた。そのため噴火そのものはまったくもって寝耳に水ではないのですが、昨日からの地震との関係性を鑑みると、今後のストーリーが木になってくる。テレビメディアなどでは最悪「カルデラ噴火」を起こし、九州全体に甚大な被害が発生する恐れもある。

実は阿蘇山は今年に入って2回噴火している---今日初めて知りました

現在の地震は、徐々に震源の深さが浅くなってきている。マグマの上昇が始まっているのかそれとも別の問題なのか

徐々に震源の深さが浅くなってきている---地震と深さは関係あるのでしょうか。 深さが10kmと書かれたのは、人工地震に多いような気がします。

| | Comments (0)

2016.09.04

熊本地震の原因を探る その20

 おはようございます。
九州の方、特に、阿蘇山周辺の方は、4~5日は、河川の決壊は注意ではなくて、大きな河川の近くの方は、避難されればいいと思います。

 今朝一番の台風報道は、次の様になっています。

強い台風12号 4~5日に九州北部に上陸のおそれ 暴風に厳重警戒
ウェザーマップ 9月3日(土)23時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00010004-wmap-soci 

強い台風12号は、九州南部の西海上を北上していて、4日(日)から5日(月)にかけて九州北部に接近し上陸するおそれがある。西日本を中心に、暴風に厳重な警戒が必要なほか、高波、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。

 強い台風12号は、3日午後11時には鹿児島県枕崎市の南の海上にあると見られ、1時間に約10キロメートルとゆっくりとした速度で北上している。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は50メートルで暴風域を伴っている。九州南部が暴風域に入っていて、強い勢力のまま4日から5日にかけて暴風域を伴い九州北部にかなり接近し、上陸するおそれがある。
暴風・高波
 九州南部の海上では猛烈な風が吹き大しけとなっている。台風の接近に伴い、九州南部では4日夜遅くにかけて、九州北部では4日夕方から5日にかけて、海上で猛烈な風が吹き、大しけとなる見込み。
 4日にかけて予想される最大瞬間風速は九州で50メートル、波の高さは九州と奄美地方で7メートルとなっている。暴風に厳重な警戒が必要なほか、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。


4日午前9時に予想される雨の様子。
大雨
 台風の接近に伴い、九州南部では4日夜遅くにかけて、九州北部では4日昼過ぎから5日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨の降る所がある。台風から離れた四国から東海でも5日にかけて南から温かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となり、大雨となる所がある見込み。

■5日に予想される24時間降水量(多い所)
 九州南部        250ミリ 九州北部、四国、東海  150ミリ
■6日に予想される24時間降水量(多い所)
 九州北部、中国、四国 100から150ミリ
 近畿         50から100ミリ

 低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するとともに、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど、安全確保に努める必要がある。

この報道で、重要なことは、
①1時間に約10キロメートルとゆっくりとした速度で北上している。
 すると、南から温かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となり、大雨となる。と書いてありますと、海に電磁波が照射されますと、豪雨になり、北上しますと、浅間山に豪雨がふり、降った雨は、浸透し、マグマの所で、水蒸気となって、阿蘇山は爆発を起こします。

②暴風に厳重な警戒が必要なほか、高波、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。
 これは、11号は北海道を襲いました。10号は岩手県を襲いました。

③「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160823-98620416-tocana
これは、恐ろしいですが、読んで下さい。
 日本だけではなくて、世界の地震を予告して、当ったとされています。i日本の場合、3つの台風が上陸しました。
 こんなに予告が当る筈が有りません。 しかも、「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」と日まで限定し、当ることになります。もしかすると、5日にずれるかも知れません。

 警告している人が、地震を起こしていると考えますと、不思議でもなんでもありません。
今日、一日は大切な仕事が有っても、阿蘇山周辺の方は、少しはなれたところへ避難し、河の近くの方は、一日、外出しないことです。

|

熊本地震の原因を探る その19

9月4日に間に合いませんので、9月3日のブログは、二度書く事になりました。


9月4日は覚えておられますか。

熊本地震の原因を探る その13 のブログに書きました。 少し、戻ってお読みください。

 次のブログは、日にち限定の警告です。
「8月20日~9月4日にメガ地震が起こる」ネパール地震、熊本地震を予言した男が警告

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160823-98620416-tocana


今朝(9月3日)朝に:原稿を書いた時に、9月4日までの予想は、外れたので、4日には、予想が外れてたことを書こうと思っていましたら、九州に台風が接近だけで、雨量が最大の台風になることが報道されています。

 こんな事は馬鹿げた事と思わないで、鹿児島の方は、9月4日は、一歩も外出してはいけないと思います。鹿児島の方だけではなくて、熊本、大分の方は、地震にも注意する必要が有ります。

  豪雨と地震が重なりますと、火山の爆発に繋がると予想しています。

特に、台風の進路が、熊本県に逸れれば、熊本県の人も、外出しないほうが、良いと思います。
 
 素人のくせに、証拠もないのに、この様な事を書いても良いのかと思いながら、書いています。


 鹿児島十島村 50年に一度の雨
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6213236
〔台風12号〕鹿児島県十島村で50年に一度の記録的大雨 土砂災害などに厳重警戒(9/3)
台風12号に伴う発達した雨雲の影響で、鹿児島県奄美地方では所によって1時間雨量が約120mmに達する猛烈な雨が降っており、3日14:47、名瀬測候所は「鹿児島県十島村では、50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります」とする情報を発表しました。土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒が必要です。(レスキューナウニュース
■気象概況
【1時間雨量】
・鹿児島県 中之島  121.0mm(~3日13:58)≪史上1位≫

■防災気象情報
【記録的短時間大雨情報】
・約120mm:十島村付近(~3日14:00)

◆用語解説「50年に一度の大雨」
・2013年8月からの大雨特別警報導入にあたり、気象庁がその客観的指標として定めた値。1991年以降の観測データから、50年に一回程度の頻度で発生すると推定される降水量及び土壌雨量指数の値で、過去50年の間に実際に観測された値の最大値というわけではない。実際に大雨特別警報が発表されるためには更に複数の条件が設定されているが、特別警報が発表されていない場合でも、当該地域では厳重な警戒が必要である。
レスキューナウ
最終更新:9月3日(土)14時55分

11号は、北海道を襲いました。
10号は、岩手県を襲いました。
 
 どれだけ、気象庁は、これまでにない台風だと警告したでしょう。 理由を台風は二つの高気圧に挟まれた所を通かすると進路も提示しましたが、川があふれたり、土手が決壊するような警告は出しませんでした。

 気象庁が今までに、蓄積した知識では、判断できないことが起っていると思います。

|

2016.09.03

熊本地震の原因を探る その18

九州、猛烈な雨や暴風警戒=台風12号接近、上陸の恐れも―気象庁2016年9月2日 9時10分
http://news.infoseek.co.jp/article/tenkijp_52681/ 強い台風12号は3日午前、鹿児島県・奄美大島近海を北へ進んだ。同日深夜から九州南部に接近し、九州西部沿岸近くを北上して対馬海峡に向かうか、九州に上陸して山陰沖へ進む可能性がある。
 九州では局地的に猛烈な雨が降り、四国や東海でも南から暖かく湿った空気が流れ込んで大雨になる所がある見込み。気象庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水のほか、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。
 4日午前6時までの24時間雨量は多い所で、九州南部300ミリ、奄美と東海200ミリ、九州北部と四国、近畿150ミリ。その後、5日午前6時までの24時間雨量は多い所で九州南部100~200ミリ、九州北部と四国、近畿、東海100~150ミリと予想される。九州と奄美の4日にかけての最大瞬間風速は50~55メートル、波の高さは7メートルの見込み。
 12号は3日午前5時、奄美大島の東北東約110キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。半径40キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側170キロ以内と南西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風
 強い台風12号は3日午前、鹿児島県・奄美大島近海を北へ進んだ。同日深夜から九州南部に接近し、九州西部沿岸近くを北上して対馬海峡に向かうか、九州に上陸して山陰沖へ進む可能性がある。
 九州では局地的に猛烈な雨が降り、四国や東海でも南から暖かく湿った空気が流れ込んで大雨になる所がある見込み。気象庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水のほか、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。
 4日午前6時までの24時間雨量は多い所で、九州南部300ミリ、奄美と東海200ミリ、九州北部と四国、近畿150ミリ。その後、5日午前6時までの24時間雨量は多い所で九州南部100~200ミリ、九州北部と四国、近畿、東海100~150ミリと予想される。九州と奄美の4日にかけての最大瞬間風速は50~55メートル、波の高さは7メートルの見込み。
 12号は3日午前5時、奄美大島の東北東約110キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。半径40キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側170キロ以内と南西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

以上が報道ですが、皆さん、又、台風か思われるだけだと思います。この気象庁の報道は、不親切です。
11号が北海道で大暴れして、空知川が決壊して、死者が出ました。
北海道に、初めて3つの台風が上陸しました。
10号が岩手県を通過して、日本を横切りました。これも、気象庁が測量を始めて、初めてのことです。

 私は誰か解りませんが、何が何でも、大雨を降らせて、富士山と阿蘇山の噴火を起こそうと目論んでいる人がいるように塑像しています。
報道が、厳しいものになりました。

鹿児島十島村 50年に一度の雨

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6213236

〔台風12号〕鹿児島県十島村で50年に一度の記録的大雨 土砂災害などに厳重警戒(9/3)
台風12号に伴う発達した雨雲の影響で、鹿児島県奄美地方では所によって1時間雨量が約120mmに達する猛烈な雨が降っており、3日14:47、名瀬測候所は「鹿児島県十島村では、50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります」とする情報を発表しました。土砂災害や低地の浸水などに厳重な警戒が必要です。(レスキューナウニュース
■気象概況
【1時間雨量】
・鹿児島県 中之島  121.0mm(~3日13:58)≪史上1位≫

■防災気象情報
【記録的短時間大雨情報】
・約120mm:十島村付近(~3日14:00)

◆用語解説「50年に一度の大雨」
・2013年8月からの大雨特別警報導入にあたり、気象庁がその客観的指標として定めた値。1991年以降の観測データから、50年に一回程度の頻度で発生すると推定される降水量及び土壌雨量指数の値で、過去50年の間に実際に観測された値の最大値というわけではない。実際に大雨特別警報が発表されるためには更に複数の条件が設定されているが、特別警報が発表されていない場合でも、当該地域では厳重な警戒が必要である。
レスキューナウ
最終更新:9月3日(土)14時55分

|

熊本地震の原因を探る その17

熊本地震は、人工的に起こされたものではないかと疑っています。
その根拠になるものは、素人だけに、学問的なものは有りません。

敢えて言いますと、
①震源地の深さが、10kmと書かれているものが多いです。これは、正確には、12kmとか、8kmと、端数は測定出来ないからでしょうか。

②自然災害と思われる地震では、50kmと、桁はずれに深い深度が書かれています。

③人工地震は、電磁波だけでは出来ないのでしょうか。 電磁波プラス、人間が関与する様です。

 キーワードに、人工地震 自衛隊 熊本と入力しますと、一杯ヒットしますから、お読みください。

④ついでに、人工地震  3.11
をキーワードにして 検索してください。

全部、読みますと、頭が変になりそうになります。 其の時は、自分のおかしいか、書いている人の頭がおかしいかです。

めでぃあは、起こる地震や台風の報道していますが、どれもこれも、天気を観測して以来、初めての事ばかりだと報道するのみです。

岩手で高齢者施設浸水、9人死亡…台風10号---読売
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%b2%a9%e6%89%8b%e3%81%a7%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e6%96%bd%e8%a8%ad%e6%b5%b8%e6%b0%b4%e3%80%81%ef%bc%99%e4%ba%ba%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e2%80%a6%e5%8f%b0%e9%a2%a8%ef%bc%91%ef%bc%90%e5%8f%b7/ar-AAihu2J?ocid=UE07DHP 大型の台風10号は、岩手県大船渡市付近から上陸し、北海道や岩手県を中心に記録的な大雨を伴い、日本海へ抜けた。

この日は、1ヶ月分の雨が降りました。 これは予報出来なかったのでしょうか。 テレビでは、膝まで、浸かる様な道路を乗用車が走っている映像が有り、縁故している乗用車の上で、助けを求める映像が有り、その人間をヘリコプターで釣り上げている映像が有ります。

 このような映像を報道する以前に、川が決壊するほどの雨が降っています。外出は控えましょうという報道はどうして出来ないのでしょう。


この台風10号は、雨を降らせるための台風でした。 

何のために雨を降らせるのかと云いますと、富士山周辺の山に豪雨を降らせ、御嶽山の時と同じ様に、富士山を噴火させるつもりだったのではないでしょうか。

熊本の地震が続くのも、人工的に地震を起こさせて、阿蘇山爆発をたくらんでいると考えることは出来ませんか。

これで、九州は全滅です。
富士山が爆発しますと、東京も全滅でしょう。

これで、生意気で、反省することを知らない日本に反省させることは出来ると思います。
日本の何所が生意気なのか、私はそれほど思いませんが、外国の人は もうけ過ぎと思わないでしょうか。


[富士山おお噴火と阿蘇山大爆発] 巽 好幸著  2016年5月30日発行 がヒントになります。
 この本は、私の考えと全く、違います。しかし、ものを考えるヒントになります。

|

« August 2016 | Main | October 2016 »