« 熊本地震の原因を探る その34 | Main | 熊本地震の原因を探る その36 »

2016.10.17

熊本地震の原因を探る その35

 熊本地震は、10月16日で、半年になりました。
新聞、テレビで、報道されましたが、私のコンピューターにも保存する意味で、ここに、掲載しておきます。
1万人余りが仮設暮らし…熊本、本震から半年
熊本地震は、観測史上初めて2度目の震度7を記録した本震の発生から、16日で半年となる。(読売新聞)
 被災地では仮設住宅の建設が進み、1万人余りが暮らし始めた。ただ、熊本市では高齢者のいる世帯が7割超。過去の震災では、慣れない生活で心身に変調をきたすケースも相次いでおり、熊本県は対策に乗り出している。

 県内では14日現在、16市町村に4052戸の仮設住宅が建設され、必要戸数の9割以上が完成。うち3889戸で1万335人が生活している。高齢社会白書によると、全国で65歳以上の人がいる世帯は5割弱だが、熊本市内の仮設住宅では、入居する528世帯のうち393世帯(74%)に高齢者がいる。一人で暮らす高齢者も75世帯に上る。

読売新聞 10月16日(日)6時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00050167-yom-soci

その後、報道されていませんが、地震は、収まったのでしょうか。

地震情報(各地の震度に関する情報)
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html このデーター出見ますと、今日、10月17日も微震ですが、起こっています。
 少しずつでも、減ってほしいものです。

宮城県・福島県も多いのが気になります


次のブログは、写真が多いです。熊本地震は、まだ終わっていない。大事なのは、これからだ。地震で大きな被害を受けた益城町に足を運び、まちと被災者の現在地を取材してきました!
http://greenz.jp/2016/08/24/kumamoto_report/

|

« 熊本地震の原因を探る その34 | Main | 熊本地震の原因を探る その36 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その34 | Main | 熊本地震の原因を探る その36 »