« 熊本地震の原因を探る その41 鳥取県の地震(4) | Main | 熊本地震の原因を探る その43 鳥取県の地震(6) »

2016.10.27

熊本地震の原因を探る その42 鳥取県の地震(5)

 熊本と鳥取の地震とは、共通点は、次の三点は、一致します。
①震源地の深度が、10kmぐらいと浅い。

②微震が継続している。

③過去に地震が多い

これだけの事が解れば、気象庁の見解は、もう少し、統一されても良かったのですが、解説された方が、違う方だったのではないでしょうか。

 この二つの地震だけではなくて、東北沖地震は、震源の深さ: 24kmと、前者の10kmと異なりますが、他の地震に比べますと、浅い様に思われます。
 と云う事で、人工地震ではないかと思っています。

 では、何を使って地震が起こされたかと云うことになりますが、解りませんが正しいと思われます。


私は、7~8年前より電磁波で起こされたと疑ってきました。


本当に、電磁波で地震を起こす事が出来るのかといいますと、無理なような気もしますが、台風は、簡単に起こせると思います。豪雨も簡単です。
 逆に天気にも出来ると思います。

 有名な話は、中国での北京オリンピック開会式では、実は天気予報は大雨。しかし、この技術を使って開会式よりも手前の地域に雨を降らせることによって、開会式に雨が降り注ぐことはありませんでした。

最近、50年振りの豪雨になるとの予報が有りました。 豪雨になるではなく、50年振りとは、これまでの天気図では、出て来ない数字です。
 気象庁は、電磁波を傍受されたのではないでしょうか。 今迄に野記録にないとどうして判断されたかです。

 それを公表するわけにはいきませんから、50年振りの豪雨となりました。 確か、幸いにも、多くの警報は、外れたと思います。

話は横道にそれましたが、電磁波は、人工的に天気を左右出来るだけではなくて、日本に台風を通過させることは、中国でも、アメリカでも可能であることが判りました。

電磁波による記事は一杯です。
①地震発生の数日前にわかる!!電磁波ノイズ地震予知情報配信システム
https://www.kuru-kamo.com/EqPredInfo
このシステムが、100%正しいとしますと、電磁波と地震は関係あることになります。

②人工台風5号:電磁波照射=人工の証拠
 http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12187718645.html

③衝撃暴露 HAARP 人工地震兵器
 http://matome.naver.jp/odai/2141156649469753401

|

« 熊本地震の原因を探る その41 鳥取県の地震(4) | Main | 熊本地震の原因を探る その43 鳥取県の地震(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その41 鳥取県の地震(4) | Main | 熊本地震の原因を探る その43 鳥取県の地震(6) »