« 熊本地震の原因を探る その54 電磁波攻撃(11) | Main | 熊本地震の原因を探る その56 電磁波攻撃(13) »

2016.11.19

熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12)

  タイトルの「電磁波攻撃(12)」となんら関係ありませんが、次のニュースを記録しておきます。

十和田など3火山 常時観測へ
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221227

十和田など3火山常時観測=12月1日から追加―気象庁
 気象庁は17日、青森県の八甲田山と青森・秋田県境の十和田、富山・長野県境付近の弥陀ケ原の3火山について、12月1日から常時観測を行うと発表した。(時事通信)

[続きを読む]
時事通信 11/17(木) 18:58配信


気象庁が、このような発表をしたのは、始めてです。
常時観測であれば、メディアを通じて、発表しなくても、良いと思います。
十和田、富山・長野県境付近の弥陀ケ原の3火山が爆発する可能性が強いからだと思います。

隠す事は無いと思います。少しでも、可能性が高くなれば、この地域の方だけに、避難の心得を指導すべきだと思います。


爆発の可能性がある山は、阿蘇山と富士山です。
東北沖で起こった地震は、今でも、又、可能性が在ることが、気象庁にも分っただけではなくて、黙っていないで、報道しませんと、被害は増える一方になると思います。

|

« 熊本地震の原因を探る その54 電磁波攻撃(11) | Main | 熊本地震の原因を探る その56 電磁波攻撃(13) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その54 電磁波攻撃(11) | Main | 熊本地震の原因を探る その56 電磁波攻撃(13) »