« 熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12) | Main | 熊本地震の原因を探る その57 電磁波攻撃(14) »

2016.11.20

熊本地震の原因を探る その56 電磁波攻撃(13)

熊本地震の原因を探る。
 その54に於いて、 (左上か、右の縦の乱に、青色の文字をクリックしますと、移動します)

 小沢一郎氏を中心とした民主党議員143名、その他民主党支持者500名あまりが参加した 小沢訪中団全員が、写真撮影している映像がテレビで放映された事が有りますと古い話を書きました。

あの時は、民主党支持者500名の人達が、何をしに、中国へ行かれたのか理解出来ませんでしたが、最近、やっと解ってきました。
 小沢一郎氏等は、本気だったのですね。 中国と対等に考えて、これから世界を中国と一緒に世界統一しようと考えておられたのだなと。

 ユダヤ・イルミナティの人達も、本気で、世界統一を考えておられるのだと思います。
ネットでは、イルミナティの陰謀とか、悪魔の秘密結社とか書いてありますが、そのイルミナティを潰そうとしている人が一杯居られることが、ネットでも、知ることが出来ます。

イルミナティのことをどんどん知ろうとしていきますと、イルミナティの人達を動かしているのは、英国王室とロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥に行きつきます。
 
こんなことは、本当だろうかと思われるでしょう。
『世界の富の99%はハプスブル家と英国王室が握っている』真田 幸光著 宝島射新書
を読みますと、ある程度は理解できます。そこに、ロックフェラーが加わりますと、世界の富の99%は言えるかも知れません。

 ロックフェラーのことは、ご自分で調べて下さい。


と云うことは、お金が無尽蔵にあれば、世界を仕合せの国に出来ると考えておられることになります。
 民主党の人は、お金は無いのでしょう。だけど、日本で、政権を取れば、出来ると考えておられることになります。
 その為には、自民党の考えていることは、すべて間違っているという戦法を取って、毎日、国会で活躍して居られます。
 中国は、イルミナティの人達と同じで、お金と人間があれば、世界を仕合せに出来ると考えています。人間は、多過ぎる程、増やせましたから、どんどん、世界に進出しています。
 電磁波攻撃の武器を完成させたのは、アメリカとロシアと中国だと考えています。

この三つの国に逆らう国は、地震と豪雨と台風が襲ってくることになります。
北朝鮮の原子爆弾は、もう、古い事になりました。

とえらそうなことを書きましたが、日本は大丈夫でしょうか。

ネットで、いくら調べても、イルミナティのことも、電磁波攻撃のことも理解出来ないと思います。
 イルミナティの人も、アメリカも、ロシアも、中国も、正しい事だと思ってやっていますから、止めることは出来ないと思います。

|

« 熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12) | Main | 熊本地震の原因を探る その57 電磁波攻撃(14) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12) | Main | 熊本地震の原因を探る その57 電磁波攻撃(14) »