« 熊本地震の原因を探る その63 電磁波攻撃(20) | Main | 熊本地震の原因を探る その65 電磁波攻撃(22) »

2016.11.27

熊本地震の原因を探る その64 電磁波攻撃(21)予備

その60に於いて、泉パウロ氏の本のことを書きました。

 本当かデマか
3.11か
「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
2011年8月31日発行

恐ろしい話題が一杯で、こんなことはある筈がないと思いながら、全部正しいなと思いながら読みました。 その後、似た内容で、6冊の本を出版されました。

 結論は、人工地震はあると云う事と、地震は、電磁波によって起されるということを、泉パウロ氏は、少なくとも、私には、信じさせることに成功された事になります。

 しかし、日本政府と気象庁とメディアは、国民に対して、知らせることは、一切ありません。

そこで、「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
をもう一度、読み直しています。

 現在、179ページ辺りを読んでいますが、 67頁辺りから、次第に恐怖感が増えてきます。
 このようなタッチに騙されないぞと思いながら、読み進めていますが、これでもかと言うほど、電磁波の所為だと云う証拠が書いてあります。

証拠らしくない文章を見つけました。

190ページ、4行目からの文章です。
「アメリカのメーソンは日本のお金が欲しくて、各種の脅しと人工地震で攻撃していますが今回、3.11以降、管総理は60兆円を支払いました。そして411以降はさらに来日したメーソンのヒラリーに20兆円を追加で払いました。 日本政府はいつもこのように、歴代総理たちが脅迫され、誰一人対抗できないまま摂取され続けているのです。」ここより、数ページは、あり得ないと思いますが、作り話にしては、作ることは、無理な事柄が書いてあります。
 しかし、証拠と云えるかどうか、私には、チンプンカンブンですが、(経世会)と(清和会)の政治家が、どのような人生を送られたかを気味の悪い、 一行で記されています。

せめて、一冊目だけでも、読んで頂きますと、人工地震は、可能であることが、お解りになると思いますが、では、歴代総理が、恐怖の地震がある毎に、お金を払うだけで、少しは収まったのでしょうか。
 そのことは、泉パウロ氏は、書き続けておられます

|

« 熊本地震の原因を探る その63 電磁波攻撃(20) | Main | 熊本地震の原因を探る その65 電磁波攻撃(22) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熊本地震の原因を探る その63 電磁波攻撃(20) | Main | 熊本地震の原因を探る その65 電磁波攻撃(22) »