« October 2016 | Main | December 2016 »

2016.11.30

熊本地震の原因を探る その67 電磁波攻撃(24)

「人工地震説の根拠」衝撃検証 泉パウロ著 225頁には、どうして、地震が起きるのかの理由が書いてあります。その4つのタイトルだけを記します。

聖書が記す地震の4つの原因
 ①ケース1 (人の罪の故に地震が起きる)  箴言30**21-23
 ②ケース2 (サタンのゆえに地震が起きる) 「人工地震」
                    イザヤ書14**16,17
 ③ケース3 (自然法則のゆえに地震が起きる)  ヨブ記26**7
 ④ケース4 (時のしるしのゆえに地震が起きる) 
マタイ24**7   エゼキエル38**16   エゼキエル38**18-20

以上の外に、
ケース5(神様の栄光のゆえに地震が起きる)
この記事の説明として、1ページと3行の記事が書いてあります。

この記事を理解するために、参考になる資料として、
ゼカリヤ書14**3-5
イザヤ書64**1-3
の2つの聖書の言葉が、記されています。

キリスト教の聖書がどのようなものかを、全く知らないのですが、書かれていることは、全て、正しくて、地震のように起こる現象は、神が予言されている事で、何時起こるかは、解らないが、すべて、正しいことを前提に、泉パウロ氏は、ここに記し、読者は、神が云われた事ですから、日本人は、すべてを受け入れて、辛抱しなさいと読者に訴えておられるのだと受け取りました。

 辛抱するだけではありません。祈りますと、神は言うことを聞いて下さいますよ。

と云う事で、次の文章を書かれたと思っています。


日本よ忍耐と祈りで待てーーーどんな災害からも必ず恢復のチャンスがある

| | Comments (0)

2016.11.29

熊本地震の原因を探る その66 電磁波攻撃(23)

 「人工地震説の根拠」衝撃検証  
この本は、まだまだ、恐ろしい話が続きます。
日本は、もう、救いようのない国が約束されているようです。

所が、235頁は、章ががらりと代って、

第8章 首都圏はもちろん、日本中が「ソドムとゴモラ」になる!?

日本よ忍耐と祈りで待てーーーどんな災害からも必ず恢復のチャンスがある

しかし、日本の試練の時に、失望と祈りで時を待てば、どんな災害からも必ず、恢復のチャンスがめぐってきます。

と180度雰囲気の変った文章になりました。その成功例が、次々と書いてあります。
1914年の事で、トーマス・エジソンは、肯定的な信仰を聖書から頂き、けっして、否定的にならなかったから、新しく立ち直れた話を書いて居られます。
 その後、アメリカの内科医の事、戦時中、戦地で死の境をさ迷った息子が、母親の祈りによって、生き返った話など、神を信じてお祈りするだけで、助かる。
 その様なことは、キリストが、復活された時の聖書にチャンと予言されているのだと・・・・。

 次々と展開する、記事は、読者の頭を混乱させる記事で一杯です。

この後、これでもかと言うほど、おそろしい記事が続きます。

現在、239頁でストップです。

235頁~238頁の間に、聖書に、どうして、地震が起こるのかの原因が、書かれてあると泉パウロは記事を書いて居られます。

ここは、牧師でないと、気が付かないことです。
このことを次回に、紹介します。

| | Comments (0)

2016.11.28

熊本地震の原因を探る その65 電磁波攻撃(22)

前回の「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
の続きです。本は、人工地震説だけではありません。株の操作をして、日本人から、お金を巻き上げるなど、あらゆることをして、日本を潰撫す為に、イルミナティが行っていることは、詳しく書いてあります。
 日本の総理の中にも、イルミナティがいると、その証拠の写真を掲載して、忠告しています。
 前回紹介しました「管総理は60兆円を支払い」は、名前も金額も書いてありますから、当然、裁判をすれば、管総理は勝つお話でしょう。噂話ぐらいは、大臣でも、一杯報道されますから、一々、裁判などは受け付けて居れませんが、この問題は裁判すべきでしょう。
 受けて立つ、泉パウロ氏は、証拠を出さなければいけないと思います。 この文面に、「山田の案山子文庫より転載」と書いてあれば、まだ、許されますが、総理であれば、この内容だけで、事実でなければ、名誉棄損で、裁判には勝つことは可能です。
 これが、私の名前で書いてあっても、名誉棄損は成り立つ筈ですが、名も鳴き、日本人だけでは、名誉棄損には当たらないでしょう。
どうしてかと言いますと、「私は60兆円を支払い」事は出来ないからです。くやしいですが、私の様な一市民に名誉が在るのかと言いますと、普通に考えても、名誉は無い様な気がします。

 他の政治家のことも書いてあります。この方たちは、国会議員ですから、名誉棄損で、裁判をされても良かったですが、そのような事は書いてありません。
 日本は、選挙をする前から、イルミナティの良いなりに成る国だったと書いてあります。

この辺りの文章は、アメリカのイルミナティの考えではなくて、泉パウロ氏の考えのようにも思いました。

 兎に角、不思議な本です。この本の所為で、怖くなって、「管総理は60兆円を支払い」となったのかも知れません。

ご自分で、是非、読んで下さい。

| | Comments (0)

2016.11.27

熊本地震の原因を探る その64 電磁波攻撃(21)予備

その60に於いて、泉パウロ氏の本のことを書きました。

 本当かデマか
3.11か
「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
2011年8月31日発行

恐ろしい話題が一杯で、こんなことはある筈がないと思いながら、全部正しいなと思いながら読みました。 その後、似た内容で、6冊の本を出版されました。

 結論は、人工地震はあると云う事と、地震は、電磁波によって起されるということを、泉パウロ氏は、少なくとも、私には、信じさせることに成功された事になります。

 しかし、日本政府と気象庁とメディアは、国民に対して、知らせることは、一切ありません。

そこで、「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
をもう一度、読み直しています。

 現在、179ページ辺りを読んでいますが、 67頁辺りから、次第に恐怖感が増えてきます。
 このようなタッチに騙されないぞと思いながら、読み進めていますが、これでもかと言うほど、電磁波の所為だと云う証拠が書いてあります。

証拠らしくない文章を見つけました。

190ページ、4行目からの文章です。
「アメリカのメーソンは日本のお金が欲しくて、各種の脅しと人工地震で攻撃していますが今回、3.11以降、管総理は60兆円を支払いました。そして411以降はさらに来日したメーソンのヒラリーに20兆円を追加で払いました。 日本政府はいつもこのように、歴代総理たちが脅迫され、誰一人対抗できないまま摂取され続けているのです。」ここより、数ページは、あり得ないと思いますが、作り話にしては、作ることは、無理な事柄が書いてあります。
 しかし、証拠と云えるかどうか、私には、チンプンカンブンですが、(経世会)と(清和会)の政治家が、どのような人生を送られたかを気味の悪い、 一行で記されています。

せめて、一冊目だけでも、読んで頂きますと、人工地震は、可能であることが、お解りになると思いますが、では、歴代総理が、恐怖の地震がある毎に、お金を払うだけで、少しは収まったのでしょうか。
 そのことは、泉パウロ氏は、書き続けておられます

| | Comments (0)

2016.11.26

熊本地震の原因を探る その63 電磁波攻撃(20)

 メディアが報道するかしないかで、眺めるだけで、別の事が発見できるように思います。

少し古い話ですが、北海道を台風10号が通った話です。この件は、帯広を通過し被害があったとの報道はありました。
私は50年前に、帯広に住んでいましたから、丁寧に読みました。なつかしい富良野や新得の名前が見られました。被害は大きかった様に報じられましたが、そのままに思っていました。
 改めて、今回、ネットで探しましたが、作物の被害の記事は見つかりませんでしたが、次のブログが見つかりました。

この惨状!!なぜ、ほとんど報道されない、台風10号!北海道各地の爪痕!!80枚の写真掲載!
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/a834282e183e5bc715be94e4891b32c4

報道されないことに立腹された方が、私の外に居られた事が判ります。帯広の方は、報道されなかったことは、ご存じ無かったと思います。
 私の帯広在住は、4年間だけですが、余り雨が降ったという記憶がありません。傘を使った記憶はありません。台風も記憶がありません。

雪はと言いますと、冬は1ヶ月、大学はお休みでしたから、記憶は薄いのですが、北陸の様に、どかっと、積もる雪を見た記憶はありません。

どうして、報道しなかったのでしょう。 

報道するためには、
どうして、農作物が不作になった原因を
書かなければいけないと思われたのでしょうか ? ?

| | Comments (0)

2016.11.25

熊本地震の原因を探る その62 電磁波攻撃(19)

昨日は、どうして、古い熊本地震をタイトルにつけているかを原稿に書いていましたが、現在でも、どれぐらい 熊本で地震が起こっているかを、「今日の地震」をキーワードにして、検索して見ました。4時過ぎでした。
 地震は、熊本だけではなくて、やはり、福島が攻撃中であることを表していました。

そして、慌てて、もう一度、記事を投稿しました。

普通の方も、電磁波攻撃のことは知って居られるでしょうが、周りの方で、口にされる方は一人も居られません。 こんなことを口にしたら、馬鹿にされると思われるのか、あってほしく無いと思われるのか解りません。

勿論、メディアは、一言も口にしません。

 私が幾らネットに書いても、全く意味がないと思います。
何故かと云いますと、私のブログを読んで頂く方は、50~60人です。多い時で、100人ぐらいですから、100%意味のない事だと追います。

しかし、誰かが、電磁波は、出産に影響あるかないかの実験は、始めなければと思います。

でも、手遅れですね。
虫での実験で充分ですが、これから冬ですから、虫は手に入りません。

犬と猫でおこないますと、厖大な費用がかかりますから、個人の力では無理でしょう。

私のいい加減な計算では、30年しますと、現在、攻撃されている都市は、人口は、大幅に減ると思います。
 これは簡単ですが、この間に、どれぐらいの人が、病気になられて、どのような病気であったかの分析は、分析をしてもいいという法律を先に作りませんと、政府の力でも、出来ないでしょう。

| | Comments (0)

2016.11.24

熊本地震の原因を探る その61 電磁波攻撃(18)

 泉パウロ著の書物は、7冊とも読みました。 どうして、おそろしい本を7冊も読んだかと言いますと、泉パウロ氏は、キリストの教会の牧師をして居られることは、まさか、嘘はいわれないだろうという単純な理由がありましたが、どの記事ほ読んでも、正しいように思えた事と、キリスト教のことが理解していなければ、解らない点もあることでした。7冊とそれ以外にも、2冊読みました。

 それほどに、どうしても、この恐ろしさを日本国民に伝えたいのだと思いました。

ただ、おかしいなという思いは、ずっと、持ち続けていました。

 今回、もう一度、読み直していますが、おかしいなと思える箇所が一杯あります。
 電磁波攻撃に対する知識は、イルミナティの人よりも詳しく知って居られるのではないかと云うことです。

 それも、あることに関しての文章を書くときに、殆ど、5~6行で、上手く、まとめて書いてあることです。
 簡潔であるために、その短い文章を読んだときに、なるほどと思わせる点があると思いました。 その為に、勝てあることが、全て正しい様に思えたのではないかと分析しています。
 イルミナティの人よりも詳しく知っていると云うことは、いろいろのことをイルミナティの人から、教えて貰ったとしか考えられないことを書いて居られます。

欄外
このタイトルは、「熊本地震の原因を探る」です。もう、61回 続けて書いています。
電磁波攻撃は、熊本地震に限りません。

古いところでは、ロシアとアメリカが、攻撃仕合って、農作物の被害や、竜巻が起こったりしました。最近は、両国はなくて、アメリカと中国が行っているのではないでしょうか。
 
 例えば、日本へやって来たかと思われる台風は、九州から、北上して、中国を目指すかと思っていましたら、日本海に逸れました。 確か、今年だったと思いますが、台風は、進路を変えて、岩手県を横切ることがありました。この時は、メディアは、気象庁が、データーを取って以来、始めての出来事でしたと報道されました。
 この事実を流したのは、気象庁でしょう。そこで、又、流したのは、新聞、テレビでしょう。どれほど、ひどかったかは報道しましたが、犯人は、電磁波によるものだとは、報道しませんでした。
 勿論、犯人は、中国だとも報道しませんでした。これまで、中国に上陸した台風は少なかったのに、中国では、被害が続いています。中国としては、日本海に追い払いたいでしょう。

タイトルの熊本地震が、電磁波によるものだと、素人の私かわかるわけがありません。

しかし、そうだとしますと、目的は何だと成りますが、阿蘇山の爆発しかありません。阿蘇山は、これまでに爆発したことがあります。ご自分で調べてください。
 そのときは、火山灰が、青森でも降ったと書いてありました。ということは、全国で、火山灰が積もったことになります。
 その年は、全国的に、病気の人も多かったでしょうし、農作物の被害もあったと思われますが、そのような全国的なこととして、ニュースにする程の知識がなかったのでしょう。
 
 ひょっとすると、あまりにもひどかったので、政府が報道を留めたのかもしれません。

現在は、政府だけでなく、メディアも報道しないのかもしれません。

報道しないと云うことは、電磁波攻撃があるということでしょう。

「今日の地震」をキーワードにして、検索してください。

後ろに、今朝の4時頃までの、「今日の地震」の資料を貼付しておきます。

毎日、熊本県で地震が起こっていることが判ります。

熊本、福島、鳥取ばかりです。 攻撃は、ずっと、続いています。

 日本沈没という小説や映画がありました。 書いてある通りのことが、おこりつつあることは事実でしょう。

メディアも気象庁も、ダンマリで良いのでしょうか。
少くなくとも、三つの県の方は、必要無い外出は避けようとの情報は流すべきでしょう。特に、子供は、戸外での運動や遊びは止めませんと、将来、子供を産めない恐れがあります。
 おそれではなくて、確かめる為に、昆虫をはじめとする動物に電磁波をあてて、実験は、始めるべきでしょう。

情報発表日時 検知日時 震央地名 マグニチュード 最大震度
平成28年11月24日04時16分
24日04時13分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月24日03時27分
24日03時21分頃 福島県沖 M3.1 震度1
平成28年11月24日03時22分
24日03時17分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
平成28年11月24日03時20分
24日03時15分頃 福島県沖 M4.9 震度2
平成28年11月24日03時16分
24日03時13分頃 福島県沖 M4.5 震度2
平成28年11月24日02時36分
24日02時33分頃 鳥取県中部 M3.0 震度2
平成28年11月24日00時56分
24日00時53分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月23日23時49分
23日23時47分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月23日23時23分
23日23時20分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月23日22時44分
23日22時38分頃 福島県沖 M3.5 震度1
平成28年11月23日21時54分
23日21時50分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
平成28年11月23日21時46分
23日21時42分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月23日20時13分
23日20時10分頃 熊本県熊本地方 M3.6 震度3
平成28年11月23日20時05分
23日20時02分頃 福島県沖 M4.2 震度2
平成28年11月23日20時00分
23日19時56分頃 福島県沖 M4.2 震度2
平成28年11月23日19時05分
23日19時01分頃 小笠原諸島西方沖 M5.7 震度2
平成28年11月23日18時39分
23日18時36分頃 福島県沖 M4.4 震度2
平成28年11月23日17時20分
23日17時17分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月23日16時20分
23日16時17分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月23日15時00分
23日14時56分頃 熊本県熊本地方 M1.7 震度1
平成28年11月23日13時57分
23日13時54分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月23日11時36分
23日11時33分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月23日11時22分
23日11時18分頃 青森県東方沖 M3.9 震度2
平成28年11月23日11時14分
23日11時09分頃 福島県沖 M3.6 震度1
平成28年11月23日08時25分
23日08時22分頃 福島県沖 M4.1 震度2
平成28年11月23日08時10分
23日08時07分頃 福島県沖 M3.6 震度1
平成28年11月23日07時01分
23日06時59分頃 福島県沖 M4.1 震度2
平成28年11月23日06時08分
23日06時06分頃 福島県沖 M4.2 震度2
平成28年11月23日05時18分
23日05時16分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月23日05時15分
23日05時12分頃 福島県沖 M4.3 震度1
平成28年11月23日05時12分
23日05時10分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月23日03時48分
23日03時45分頃 房総半島南方沖 M4.6 震度2
平成28年11月23日03時47分
23日03時44分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月23日03時21分
23日03時18分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月23日03時15分
23日03時13分頃 福島県沖 M4.2 震度2
平成28年11月23日02時56分
23日02時53分頃 宮古島近海 M4.7 震度2
平成28年11月23日02時44分
23日02時41分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月23日02時26分
23日02時22分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月23日02時24分
23日02時22分頃 宮城県沖 M3.6 震度1
平成28年11月23日01時17分
23日01時14分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月23日00時41分
23日00時38分頃 福島県沖 M3.5 震度1
平成28年11月23日00時30分
23日00時27分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月23日00時07分
23日00時05分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日23時26分
22日23時23分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月22日23時22分
22日23時20分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日23時17分
22日23時14分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月22日23時07分
22日23時04分頃 福島県沖 M5.7 震度4
平成28年11月22日22時54分
22日22時51分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日22時38分
22日22時34分頃 福島県沖 M4.0 震度2
平成28年11月22日20時56分
22日20時52分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日20時24分
22日20時21分頃 福島県沖 M4.0 震度1
平成28年11月22日20時05分
22日20時01分頃 福島県沖 M3.7 震度1
平成28年11月22日20時01分
22日19時58分頃 福島県沖 M4.5 震度2
平成28年11月22日19時14分
22日19時10分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月22日18時52分
22日18時49分頃 福島県沖 M4.4 震度1
平成28年11月22日17時52分
22日17時49分頃 福島県沖 M4.5 震度2
平成28年11月22日17時28分
22日17時25分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月22日17時17分
22日17時14分頃 福島県沖 M4.1 震度2
平成28年11月22日17時07分
22日17時03分頃 福島県沖 M3.7 震度1
平成28年11月22日16時35分
22日16時32分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月22日16時17分
22日16時14分頃 熊本県熊本地方 M2.7 震度1
平成28年11月22日15時18分
22日15時14分頃 福島県沖 M3.7 震度1
平成28年11月22日14時51分
22日14時48分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月22日14時22分
22日14時17分頃 福島県沖 M4.0 震度2
平成28年11月22日13時31分
22日13時26分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月22日13時10分
22日13時04分頃 福島県沖 M4.0 震度2
平成28年11月22日13時07分
22日13時01分頃 福島県沖 M4.5 震度1
平成28年11月22日13時03分
22日12時55分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月22日12時41分
22日12時38分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日12時35分
22日12時32分頃 福島県沖 M4.3 震度2
平成28年11月22日12時09分
22日12時06分頃 福島県沖 M4.5 震度2
平成28年11月22日11時28分
22日11時24分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月22日11時21分
22日11時16分頃 福島県沖 M3.5 震度1
平成28年11月22日11時19分
22日11時15分頃 福島県沖 M4.0 震度1
平成28年11月22日10時41分
22日10時38分頃 福島県沖 M4.9 震度3
平成28年11月22日10時35分
22日10時31分頃 福島県沖 M4.9 震度2
平成28年11月22日10時22分
22日10時19分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月22日10時18分
22日10時15分頃 熊本県阿蘇地方 M3.2 震度2
平成28年11月22日10時14分
22日10時09分頃 福島県沖 M3.9 震度3
平成28年11月22日09時56分
22日09時53分頃 福島県沖 M3.7 震度1
平成28年11月22日09時52分
22日09時49分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日09時49分
22日09時47分頃 福島県沖 M4.2 震度1
平成28年11月22日09時39分
22日09時36分頃 福島県沖 M4.0 震度1
平成28年11月22日09時36分
22日09時32分頃 福島県沖 M4.4 震度2
平成28年11月22日09時32分
22日09時29分頃 福島県沖 M3.8 震度1
平成28年11月22日09時31分
22日09時28分頃 福島県沖 M4.0 震度2
平成28年11月22日09時22分
22日09時19分頃 福島県沖 M3.6 震度1
平成28年11月22日09時20分
22日09時18分頃 福島県沖 M3.9 震度1
平成28年11月22日09時17分
22日09時14分頃 福島県沖 M3.7 震度1
平成28年11月22日09時12分
22日09時08分頃 福島県沖 M4.1 震度2
平成28年11月22日09時10分
22日09時04分頃 福島県沖 M4.1 震度1
平成28年11月22日09時06分
22日09時03分頃 福島県沖 M4.4 震度2
平成28年11月22日08時58分
22日08時56分頃 福島県沖 M4.0 震度1
平成28年11月22日08時55分
22日08時52分頃 宮城県沖 M3.8 震度1
平成28年11月22日08時44分
22日08時40分頃 福島県沖 M4.6 震度3
平成28年11月22日08時27分
22日08時23分頃 福島県沖 M4.7 震度2
平成28年11月22日06時56分
22日06時51分頃 福島県沖 M4.9 震度3
平成28年11月22日06時50分
22日06時46分頃 熊本県熊本地方 M2.7 震度1
平成28年11月22日06時45分
22日06時39分頃 福島県浜通り M5.5 震度3
平成28年11月22日06時27分
22日06時21分頃 三河湾 M3.3 震度2
平成28年11月22日06時16分
22日06時10分頃 福島県沖 M5.4 震度3
平成28年11月22日06時11分
22日05時59分頃 福島県沖 M7.3 震度5弱
平成28年11月22日06時05分
22日05時59分頃 福島県沖 M7.3 震度5弱
平成28年11月22日03時30分
22日03時25分頃 福島県沖 M4.6 震度2
平成28年11月21日15時47分
21日15時44分頃 茨城県南部 M2.8 震度1
平成28年11月21日14時45分
21日14時42分頃 茨城県沖 M3.8 震度1
平成28年11月21日13時01分
21日12時58分頃 青森県東方沖 M4.4 震度1
平成28年11月21日11時50分
21日11時47分頃 宮城県沖 M4.2 震度2
平成28年11月21日10時59分
21日10時56分頃 鳥取県中部 M3.0 震度2
平成28年11月21日08時38分
21日08時35分頃 三重県中部 M3.1 震度2
平成28年11月21日07時03分
21日06時59分頃 茨城県沖 M5.3 震度3
平成28年11月21日03時18分
21日03時15分頃 茨城県沖 M2.9 震度1
平成28年11月21日01時34分
21日01時31分頃 与那国島近海 M3.8 震度1
平成28年11月20日18時27分
20日18時24分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日15時24分
20日15時20分頃 茨城県北部 M3.0 震度1
平成28年11月20日09時14分
20日09時10分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日08時12分
20日08時09分頃 茨城県沖 M3.7 震度1
平成28年11月19日22時32分
19日22時29分頃 福島県沖 M3.4 震度1
平成28年11月19日18時45分
19日18時41分頃 五島列島近海 M4.2 震度2
平成28年11月19日17時55分
19日17時51分頃 和歌山県南部 M3.2 震度1
平成28年11月19日17時53分
19日17時50分頃 京都府南部 M2.8 震度2
平成28年11月19日15時33分
19日15時29分頃 鳥取県中部 M2.4 震度1
平成28年11月19日15時05分
19日15時01分頃 根室半島南東沖 M4.3 震度3
平成28年11月19日11時52分
19日11時48分頃 和歌山県南部 M5.4 震度4
平成28年11月19日09時36分
19日09時31分頃 秋田県内陸北部 M1.9 震度1
平成28年11月18日12時43分
18日12時40分頃 茨城県北部 M3.5 震度2
平成28年11月18日12時13分
18日12時07分頃 鹿児島県大隅地方 M2.2 震度1
平成28年11月18日11時50分
18日11時45分頃 鳥取県中部 M1.6 震度1
平成28年11月18日10時23分
18日10時19分頃 福岡県北西沖 M4.2 震度3
平成28年11月18日09時18分
18日09時15分頃 熊本県阿蘇地方 M2.6 震度2
平成28年11月17日21時46分
17日21時42分頃 鳥取県中部 M3.9 震度2
平成28年11月17日16時32分
17日16時29分頃 熊本県熊本地方 M1.5 震度1
平成28年11月17日15時53分
17日15時50分頃 岩手県沖 M3.9 震度1
平成28年11月17日15時07分
17日15時04分頃 熊本県熊本地方 M2.4 震度2
平成28年11月17日12時03分
17日12時00分頃 奄美大島近海 M3.3 震度1
平成28年11月17日11時04分
17日11時00分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
平成28年11月17日07時42分
17日07時38分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.7 震度1

| | Comments (0)

熊本地震の原因を探る その60 電磁波攻撃(17)

本当かデマか
3.11か
「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著

2011年8月31日発行


 この本は、読まれましたか。
私は真面目に読みました。正しいかどうかは、調べる術はありませんが、略、正しいのではないかと思いました。
特に、動かし難い証拠は、裏表紙に掲載されている写真です。

福島原発を中心にした陸と海の写真に、この範囲で起こった震源地が○印で図示されています。半分は、陸地に、半分は、海の中に。大きいまるは、地震が大きかったことを表しているようです。
この丸印には、中心がありますが、この中心が、縦横に、見事に並んでいます。
 自然界で起こった地震が、このような配列になることはあり得ません。
 このような事例が、本の中にも、一杯書いてあって、信用しないわけにはいかない本になっています。
これで、日本人は、殆どの人が、恐ろしくなる筈ですが、書いてある様な事は、メディは取上げませんでしたから、話題には鳴りませんでした。
 これでは、駄目だと、泉パウロ氏が思われたか、二冊目の本を出版されました。

私は、怖いもの見たさで、直ぐに、購入しました。

ネットでも、話題になりませんでしたから、せめて、身内にでも、読んで貰おうと、姉夫婦の所に持って行きました。

 そうこうするうちに、三冊目が出版されました。

二冊の本を持って行きましたら、こんな恐ろしい本は、読みたくないと云われ、持ち帰りました。

 こんな調子でしたから、きっと、思った程売れなかったのでしょう。
その後、次々発行されて、「人工地震」は、本当に行われていると云うために、本を出され、とうとう、七冊になりました。

あまりにも、恐ろしすぎる話でしたが、記憶に残るどころか、今では、なにが゛書いてあったか、全く記憶がありません。

最近、又、
 本当かデマか
3.11か
「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著

を読み直しています。全部で、七冊を読んで見ようと思っています。

この七冊の中に、
どうして、電磁波攻撃が増える一方なのか
の回答が見つかるのではないかと考えています。

 手に入るようでしたら、この七冊の本を読んで、私と違ったことを考えられましたら、ブログで掲載して欲しいと思います。

| | Comments (0)

2016.11.23

熊本地震の原因を探る その59 電磁波攻撃(16)

11月22日 朝方、福島県沖で地震が発生しました。
私は、テレビの前に釘づけにさせられました。

しかし、30分も経っても、高い津波は来ませんでしたので、ホッとしました。
 それにしても、津波警報が発令されて、一時間経っても、解除されなかったので、不思議に思ったことを「おかしな世の中」
http://asilka.blog61.fc2.com/ 
に、「震度5弱の地震 福島県と宮城県に津波警報」のタイトルで書きました。

次のブログの方は、私とは違った考えを書いて居られます。

11月22日M7.4の地震で津波3m!福島原発と震源の場所を確認、バヌアツの法則との関係は?
http://query700.hatenablog.com/entry/161122_fukushimaM7

唯、ここでは、


       
ニュージランドまで、視野を拡げて居られます。
 ただ、私が気に成ったのは、この方も、福島地震の震源の深さを10kmとして居られることです。
 現在は、25kmに訂正されています。 誰が、訂正されたのでしょう。

 「福島地震 10km 人工地震」で検索してください。私だけではなくて、多くの人も、人工地震と考え、気象庁の人も大津波になると考えられたのではないでしょうか。

| | Comments (0)

2016.11.22

熊本地震の原因を探る その58 電磁波攻撃(15)

イルミナティの意味はお解りになられましたか。

判ったと云えば、判った様ですが、判らないと云えば、判りません。

電磁波攻撃の技術があるロシア、アメリカ、中国がお互いに攻撃するのであれば判るのですが、ロシアとアメリカは、攻撃しないと云う協定を結んでいるらしいし、どうして、日本を攻撃するのかが、判りません。

ネットで、調べても本当の所は分らないと思います。
やはり、書物は書かれてある記事のボリュウムが異なりますし、何度も、行ったり来たりしながら、読み返す事が出来ます。

もっとも、解り易かった本は、

悪魔の秘密結社  「イルミナティ」の黙示録  泉パウロ著
知られざる誓書予言によって
闇の世界権力集団の陰謀を暴く!!
2014年7月1日発行

次に解り易い本は、7冊です。
一冊目の本は、次のタイトルです。

本当かデマか
3.11か
「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著

2011年8月31日発行

他の六冊は、同じ、泉パウロ著の本です。

グーグルにて、「泉パウロ  3.11」をキーワードにして、検索しますと、一杯ヒットします。
始めの方に、次のタイトルが見えますから、クリックしますと、一冊目の概要が記されています。

3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証  
泉パウロ・著  ヒカルランド  2011年刊

全て、泉パウロ氏の著書です。

| | Comments (0)

2016.11.21

今日の地震  5時29分現在の資料

平成28年11月21日03時18分
21日03時15分頃 茨城県沖 M2.9 震度1
平成28年11月21日01時34分
21日01時31分頃 与那国島近海 M3.8 震度1
平成28年11月20日18時27分
20日18時24分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日15時24分
20日15時20分頃 茨城県北部 M3.0 震度1
平成28年11月20日09時14分
20日09時10分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日08時12分
20日08時09分頃 茨城県沖 M3.7 震度1
平成28年11月19日22時32分
19日22時29分頃 福島県沖 M3.4 震度1
平成28年11月19日18時45分
19日18時41分頃 五島列島近海 M4.2 震度2
平成28年11月19日17時55分
19日17時51分頃 和歌山県南部 M3.2 震度1
平成28年11月19日17時53分
19日17時50分頃 京都府南部 M2.8 震度2
平成28年11月19日15時33分
19日15時29分頃 鳥取県中部 M2.4 震度1
平成28年11月19日15時05分
19日15時01分頃 根室半島南東沖 M4.3 震度3
平成28年11月19日11時52分
19日11時48分頃 和歌山県南部 M5.4 震度4
平成28年11月19日09時36分
19日09時31分頃 秋田県内陸北部 M1.9 震度1
平成28年11月18日12時43分
18日12時40分頃 茨城県北部 M3.5 震度2
平成28年11月18日12時13分
18日12時07分頃 鹿児島県大隅地方 M2.2 震度1
平成28年11月18日11時50分
18日11時45分頃 鳥取県中部 M1.6 震度1
平成28年11月18日10時23分
18日10時19分頃 福岡県北西沖 M4.2 震度3
平成28年11月18日09時18分
18日09時15分頃 熊本県阿蘇地方 M2.6 震度2
平成28年11月17日21時46分
17日21時42分頃 鳥取県中部 M3.9 震度2
平成28年11月17日16時32分
17日16時29分頃 熊本県熊本地方 M1.5 震度1
平成28年11月17日15時53分
17日15時50分頃 岩手県沖 M3.9 震度1
平成28年11月17日15時07分
17日15時04分頃 熊本県熊本地方 M2.4 震度2
平成28年11月17日12時03分
17日12時00分頃 奄美大島近海 M3.3 震度1
平成28年11月17日11時04分
17日11時00分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
平成28年11月17日07時42分
17日07時38分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.7 震度1
平成28年11月17日01時52分
17日01時49分頃 徳島県南部 M2.5 震度1
平成28年11月17日01時06分
17日01時02分頃 千葉県北西部 M4.1 震度2
平成28年11月16日23時25分
16日23時22分頃 鳥取県中部 M3.1 震度1
平成28年11月16日18時58分
16日18時55分頃 宮城県沖 M4.0 震度2
平成28年11月16日17時20分
16日17時17分頃 鳥取県中部 M2.6 震度2
平成28年11月16日15時23分
16日15時19分頃 鳥取県中部 M1.8 震度1
平成28年11月16日11時28分
16日11時24分頃 鳥取県中部 M3.7 震度2
平成28年11月15日23時30分
15日23時27分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.4 震度1
平成28年11月15日22時50分
15日22時47分頃 釧路地方中南部 M2.7 震度2
平成28年11月15日22時44分
15日22時41分頃 熊本県熊本地方 M2.0 震度1
平成28年11月15日19時43分
15日19時36分頃 釧路地方中南部 M1.6 震度1
平成28年11月15日17時48分
15日17時44分頃 熊本県熊本地方 M1.8 震度2
平成28年11月15日17時33分
15日17時30分頃 熊本県熊本地方 M1.9 震度2
平成28年11月15日10時57分
15日10時54分頃 熊本県熊本地方 M2.2 震度1
平成28年11月15日08時18分
15日08時15分頃 鳥取県中部 M2.3 震度1
平成28年11月15日01時49分
15日01時46分頃 石川県能登地方 M2.7 震度2
平成28年11月15日01時19分
15日01時15分頃 茨城県沖 M4.6 震度3
平成28年11月15日00時21分
15日00時16分頃 和歌山県北部 M2.2 震度1
平成28年11月14日23時55分
14日23時52分頃 宮城県北部 M2.0 震度1

11月19日 17時55分の和歌山の地震は、大阪府箕面市でも、体感できました。 南海トラフの中心地ですから、テレビ放映があると思って、テレビを付けますと、放映していていました。
 深度50~60?
暫くして、箕面市でも、地震がありました。 京都南部となっていますが、箕面市豊能町は、すぐ、隣です。 深度10km  と報道していました。
 前日から20日を含めて、暑すぎる気温出合ったのが、気になりました。

東北、鳥取、鹿児島沖が多いのが、気になりました。 

| | Comments (0)

熊本地震の原因を探る その57 電磁波攻撃(14)

熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12)において
 次の記事を書いておきました。

十和田など3火山 常時観測へ

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221227

十和田など3火山常時観測=12月1日から追加―気象庁
 気象庁は17日、青森県の八甲田山と青森・秋田県境の十和田、富山・長野県境付近の弥陀ケ原の3火山について、12月1日から常時観測を行うと発表した。(時事通信)

このような地震に関する恐ろしい話題は、気象庁は報道しませんでしたが、報道する方針に変更しました。


続けて、関連する地震の資料を発表し、メデイアも報道しました。

②【破局噴火】海底火山「鬼界カルデラ」地下でマグマ活動を示す熱水が出ているのが確認される

神戸大海洋底探査センターは18日、10月から始めた鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」の調査で、カルデラ内の海底ドームから熱水が噴き出ているのを確認したと発表した。地下でのマグマ活動を示す結果だとしている。5カ所で噴出があり、熱水が高さ約100メートルに達する場所もあった。

共同通信
全文はこちら http://this.kiji.is/172298826709337593 

このようなことが、判るのであれば、阿蘇山も富士山も、判っている筈です。どちらも、マグマ活動の変化により、爆発が起こると説明されてきました。

阿蘇山と富士山は、現在の様子が、発表されていないと云うことは、まだ、調査が進んでいないから判らないか、 調査は出来ましたが、爆発の可能性はないから、「鬼界カルデラ」のようには、発表する必要がないと判断されたかのどちらかでしょう。

阿蘇山も富士山も爆発の可能性はないのであれば、「鬼界カルデラ」よりも、先に、心配ないと、発表されるべきでしょう。

ひょっとすると、次のような記事がネットに公開されたからかも知れません。
【警告】日本人を一億総“瞬殺”する「破局噴火」が近づいているのに役人は無視! 一番ヤバいのは“あの山”だ!
http://tocana.jp/2016/06/post_10153_entry.html

大切なことは、このようなことは、全て知った上で、起こり得ることに対して、国民 一人一人が、少しでも、被害が軽くなる様に、防御することではないでしょうか。

| | Comments (0)

2016.11.20

熊本地震の原因を探る その56 電磁波攻撃(13)

熊本地震の原因を探る。
 その54に於いて、 (左上か、右の縦の乱に、青色の文字をクリックしますと、移動します)

 小沢一郎氏を中心とした民主党議員143名、その他民主党支持者500名あまりが参加した 小沢訪中団全員が、写真撮影している映像がテレビで放映された事が有りますと古い話を書きました。

あの時は、民主党支持者500名の人達が、何をしに、中国へ行かれたのか理解出来ませんでしたが、最近、やっと解ってきました。
 小沢一郎氏等は、本気だったのですね。 中国と対等に考えて、これから世界を中国と一緒に世界統一しようと考えておられたのだなと。

 ユダヤ・イルミナティの人達も、本気で、世界統一を考えておられるのだと思います。
ネットでは、イルミナティの陰謀とか、悪魔の秘密結社とか書いてありますが、そのイルミナティを潰そうとしている人が一杯居られることが、ネットでも、知ることが出来ます。

イルミナティのことをどんどん知ろうとしていきますと、イルミナティの人達を動かしているのは、英国王室とロスチャイルド財閥とロックフェラー財閥に行きつきます。
 
こんなことは、本当だろうかと思われるでしょう。
『世界の富の99%はハプスブル家と英国王室が握っている』真田 幸光著 宝島射新書
を読みますと、ある程度は理解できます。そこに、ロックフェラーが加わりますと、世界の富の99%は言えるかも知れません。

 ロックフェラーのことは、ご自分で調べて下さい。


と云うことは、お金が無尽蔵にあれば、世界を仕合せの国に出来ると考えておられることになります。
 民主党の人は、お金は無いのでしょう。だけど、日本で、政権を取れば、出来ると考えておられることになります。
 その為には、自民党の考えていることは、すべて間違っているという戦法を取って、毎日、国会で活躍して居られます。
 中国は、イルミナティの人達と同じで、お金と人間があれば、世界を仕合せに出来ると考えています。人間は、多過ぎる程、増やせましたから、どんどん、世界に進出しています。
 電磁波攻撃の武器を完成させたのは、アメリカとロシアと中国だと考えています。

この三つの国に逆らう国は、地震と豪雨と台風が襲ってくることになります。
北朝鮮の原子爆弾は、もう、古い事になりました。

とえらそうなことを書きましたが、日本は大丈夫でしょうか。

ネットで、いくら調べても、イルミナティのことも、電磁波攻撃のことも理解出来ないと思います。
 イルミナティの人も、アメリカも、ロシアも、中国も、正しい事だと思ってやっていますから、止めることは出来ないと思います。

| | Comments (0)

2016.11.19

熊本地震の原因を探る その55 電磁波攻撃(12)

  タイトルの「電磁波攻撃(12)」となんら関係ありませんが、次のニュースを記録しておきます。

十和田など3火山 常時観測へ
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221227

十和田など3火山常時観測=12月1日から追加―気象庁
 気象庁は17日、青森県の八甲田山と青森・秋田県境の十和田、富山・長野県境付近の弥陀ケ原の3火山について、12月1日から常時観測を行うと発表した。(時事通信)

[続きを読む]
時事通信 11/17(木) 18:58配信


気象庁が、このような発表をしたのは、始めてです。
常時観測であれば、メディアを通じて、発表しなくても、良いと思います。
十和田、富山・長野県境付近の弥陀ケ原の3火山が爆発する可能性が強いからだと思います。

隠す事は無いと思います。少しでも、可能性が高くなれば、この地域の方だけに、避難の心得を指導すべきだと思います。


爆発の可能性がある山は、阿蘇山と富士山です。
東北沖で起こった地震は、今でも、又、可能性が在ることが、気象庁にも分っただけではなくて、黙っていないで、報道しませんと、被害は増える一方になると思います。

| | Comments (0)

2016.11.18

熊本地震の原因を探る その54 電磁波攻撃(11)

熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀
http://tocana.jp/2016/04/post_9479_entry.html ここに、「ユダヤ・イルミナティ系列の建設会社」という言葉が出てきますが、「ユダヤ・イルミナティ」の意味が解らないのです。

イルミナティの意味も解らないのです。

どうやら、「ユダヤ・イルミナティ」とは、イルミナティと云われる人達の中のユダヤ人という意味らしいです。
正確に、ユダヤ人とは、どのような人かと云いますと、誰も説明することは出来ません。

日本人ですら、説明出来ません。 先日来、民進党の新代表になられた蓮舫氏は、ご自分では、日本人だと云っておられますが、国籍を20年間、日本にして居られなかったから、法律的には、日本人で無いのでしょう。ずっと、日本に住んでおられましたから、沙持ちでは、日本人でしょう。しかし、台湾に移住されて、数年先に、台湾で、政治家になられたら、幾ら日本で20年間、生活していても、台湾人で認められると思います。


話は、全く別の事になりますが、2009年12月10日に、
小沢一郎氏を中心とした民主党議員143名、その他民主党支持者500名あまりが参加した 小沢訪中団全員が、写真撮影している映像がテレビで放映された事が有ります。

  あの時の報道は、メディアもよく理解出来なかったようですが、500名の皆さんは、これから、中国とか、日本ではなくて、中国人と日本人が中心となって、アジア人が、世界をリードしていく世界を造る様な理念というか、夢をえがかれていたような雰囲気を受けました。

 一方、民進党常任顧問の岡田氏は、蓮舫氏の国籍を問題にする方がおかしいような発言をされています。

 私が書いていることはお解り頂けますか。民主党の方は、中国人・日本人と分けることがおかしいのだ考えおられるのでしょう。

ユダヤ人の場合は、少し、異なるのですが、自分は、ユダヤ人と思っておられる方は、世界中に一杯おられる様です。
 そのような方が、集られた所は、イスラエルではないかと考えます。

では、イスラエルと云う国は、どのような国かを知るために、「イスラエル」で検索しますと、

通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。

と記されて、複雑です。
イスラエル国に住んでいる人は、イスラエル人かと云いますと、そうとは、一概に言えないことが判ります。
 
 このように、どんどん、調べて行きますと、知らない事ばかりですが、ユダヤ人が大いに関係があることが判ります。

しかし、ネットには、一杯書かれていますが、全部、文章が短いですから、度の方も言い尽くされていません。

一冊の本に書かれますと、相当分かりますので、そのことを次回に書いてみます。

| | Comments (0)

2016.11.16

熊本地震の原因を探る その53 電磁波攻撃(10)

 いつの頃か憶えが無いのですが、ソ連が、毎年、不作で困っていると云うニュースが有ったなと思っていました。今から思えば、これは電磁波でやられていたのではないかと思うことがあり、これはアメリカにやられているのではと考えましたら、アメリカも、竜巻、台風のニュースが、報じられているなと思っていました。

 次の所に、少しですが、穀物が不作であったことが書いてあります。
ソ連,ヨーロッパの穀物不作
http://www5.cao.go.jp/keizai3/sekaikeizaiwp/wp-we76/wp-we76-01402.html


 お互いに電磁波で攻撃し合うと、切りが有りません。そのような事は、あり得ないなと思っていましたら、最近、ネットで、両国は、電磁波で攻撃しない協定を結んでいたと云う記事を見つけました。

「まだ地震兵器の存在が信じられない方は、 読売新聞記事とペンタゴンサイトを見てください」----これがタイトルです。
 http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/200.html

〈よくわかりませんが、〉 このアドレスをクリックしても、表示されません。
タイトルをそのまま、検索語にしても、アドレスを検索語にしても、表示されます。 


電磁波を使っている両国では、電磁波攻撃に使う兵器の使用に関する法律が有るのですから、電磁波兵器を信じる信じない問題ではないと思います。

なのに、最近は、アメリカでは、竜巻や台風が多い様です。

では、アメリカは、どの国から攻撃を受けているのでしょう。

第一の候補は、中国です。
中国は、オリンピックを開催した時に、電磁波を使って、天気を維持したと伝えられているから、電磁波兵器は、それよりも簡単だと思います。
 天候の為に、中国国民に、電磁波を照射するのですから、余程。自信が有ったのでしょう。
 最近、日本へやってくる台風は、九州と日本海と太平洋へ進む三つの進路を取ることになりますが、日本海を通る内のいくつかは、中国へ抜けます。
 所が、最近は、中国へ抜けるのは、少なくなったように思います。電磁波を使って、中国へ行かない様にしているのではないかと疑っているのですが、その為に、中国と九州の人は、電磁波を受けて、病気になるのではないかと心配しています。

第一の候補は、中国と書きましたが、日本を除けば、どの国でも、出来る技術になっていると思います。

 そうであれば、台風の方がまだ、マシだと思うのですが、なんでも、人間がコントロールしようとしていますと、神からの罰が下されるだろうと思っています。

| | Comments (0)

2016.11.15

熊本地震の原因を探る その52 電磁波攻撃(9)

前回、日本の人口が減っている事実を

人口推計(平成26年10月1日現在)
‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/

で見て頂きました。

イルミナリティ  人工地震」をキーワードにして検索してください。
ヒットしたものは、どれでも良いですが、どれも信じられないものばかりです。

3・11人工地震の爆弾を製造した自衛隊技術者12名が暗殺!
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-4c91.html
どの地震でも、 自衛隊員が関与している様ですが、どうして、自衛隊員が、イルミナティと一緒に、日本を潰そうとしているのでしょうね。

②【イルミナティの陰謀】熊本地震にも悪魔の数字666が!
http://kyukyoku-matome.com/tosidensetu/conspiracy/kumamoto-illuminati-666/

 666だけではありません。18も大切な数字であることが判ります。

過去の地震の全てが、666で説明出来るとしますと、予告も出来ることになります
それが東京オリンピックの話題です。

東京オリンピックで非常事態が?『イルミナティカード』恐怖の予言 http://matome.naver.jp/odai/2138072292901376301恐ろしいのを辛抱して読みましても、納得のいかない文章ばかりです。

書かれていることが、すべて、デタラメであると立証することは難しいですが、書いてあることは、正しいと考える方は、自分で、その様に思いながら読めば良いです。そうしますと、理解し易い様に思います。


では、イルミナティの人達は、日本の人口を減らして、日本をどうしようとしているのかを考えてみようと思います。

| | Comments (0)

2016.11.14

熊本地震の原因を探る その51 電磁波攻撃(8)

次の資料をご覧ください。

人口推計(平成26年10月1日現在)
‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/

表1では、略、12年間減り続けています。
図1に依りますと、36年間、減り続けています。

熊本地震の原因を探る その48 では
出生児が減っています。
所が、不思議なことに、高齢者は増えています。

65歳以上人口が年少人口の2倍を超える
年少人口(0~14歳)は1623万3千人で,前年に比べ15万7千人の減少となっています。
生産年齢人口(15~64歳)は7785万人で,前年に比べ116万人の減少となっています。

65歳以上人口は3300万人で,前年に比べ110万2千人の増加となり,初めて年少人口の2倍を超えました。(結果の概要 4~5ページ)

8人に1人が75歳以上人口となる年少人口の割合は12.8%となり,過去最低となっています。
生産年齢人口の割合は61.3%となり,平成4年(69.8%)以降,低下を続けています。
65歳以上人口の割合は26.0%となり,過去最高となっています。
75歳以上人口の割合は12.5%となり,初めて8人に1人が75歳以上人口となっています。(結果の概要 4~5ページ)

特に、「図1に依りますと、36年間、減り続けています」
これを説明しないだけではなくて、政府は、どうして、人口が減少する原因を突きとめて、増加するように対策を練らなければいけないと思います。

このままでは、日本は、国としての形態がなさなくなると思うのですが、誰も口にしないのですね。

おかしいですね。私のように76歳になりますと、生きていくのが大変なのです。 問題は、体力が無くなっていくということです。

体力とは何かと思われるでしょう。
昨日、家内と二人で、滋賀県のマキノにあるメタセコイアの並木道を見に行ってきました。 以前は、車で行きましたが、最近は、高速道路は、スピードが早すぎて、頭の処理が追いつけません。 では、地道は、カーナビが教えてくれるのですが、教え過ぎて、次々と教えてくれる交差点の名前などが、耳が遠くなって聞き取れません。
 それを頑張って、聞いていますと、どっと、疲れます。
 さて、メタセコイアの並木道は、紅葉をしている様子を見に行くつもりでしたが、殆ど、紅葉していませんでした。 ネットで調べていったのですが、 今から12月中頃が見ごろと書いてありましたので、 行きましたが、来週でも、早いからなといった感じでした。
 家を出たのが、8時前でしたが、ラッキーなことに、乗り換えの電車は、殆ど、待ち時間なしの連続でしたが、現地、到着は、11時10分でした。
 大阪からマキノへ行く列車は 1時間に一本です。 それに接続するバスは、2本ですが、私が乗ったバスは、20人ぐらいしか、乗っていませんでした。 一方、現地は、乗用車と素晴らしいオートバイで一杯でした。
 
途中、ツウリングをしている岐阜ナンバーの若者に、家を出たのは、何時ですかと聞きましたら、5時だとの返事でした。

長々と書きましたが、体力の無さは、一言で言えません。

しかし、2.4キロメートルの並木道を 歩道を歩いていますと、両側の並木が見えませんので、車道に書かれた白線の外側を歩きました。 こんな危険なことをしながら、端から端まで歩いたのは、私たち二人だけだったと思います。

75歳以上は、本来なら、どんどん死んでしまう筈ですが、このように毎日のように、歩いているから、病気もしないで、生きているのではないかと思っています。
 

メディアも、当然、このようなことは、追求をし、新聞やテレビで話題にすべきですが、話題にしないのでしょう。
 きっと、理由は知っているのに、ダンマリを決めている様に思います。

「イルミナリティ  人工地震」をキーワードにして検索してください。
 10個ほど読みますと、恐ろしくなって、眠むれ無くなると思います。

メディアが話題にしない理由は、直ぐに判ると思います。

| | Comments (0)

2016.11.13

熊本地震の原因を探る その50 電磁波攻撃(7)

  最近の地震をご覧ください。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html11日、12日を見て頂きましたか。
どの県で多く地震が発生していますか。
断然、熊本と鳥取県が多いですね。

これほど多いですと、何故これほど、毎日地震が起こるのか、気象庁は説明しなければなりません。
 

「日本 地震 活動期」をキーワードにして、検索を行いますと、
次のブログがヒットします。
日本列島は活動期に 巨大地震・火山噴火に挑む日本の予知力 ――長尾年 ...

http://diamond.jp/articles/-/68220
diamond.jp ›

経済・時事 › 3.11を忘れない~大震災4年目の「今」を問う
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2015/03/12 - 「想定外」というキーワードで語られる東日本大震災だが、歴史的に見れば、同じ規模の巨大地震は繰り返し起きている。「起こることは確実だが、いつなのか?」という難問に、科学者たちはどのようにアプローチしているのだろうか。

日本は6回目の地震活動期に入った可能性が高い。 - 原発問題 - Gooブログblog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9f3562fea9e383abd64361bdad1e1674
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2012/04/29 - 日本は6回目の地震活動期に入った可能性が高い。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9f3562fea9e383abd64361bdad1e1674 日本列島に暮らすとは… 地震・台風・火事・親父、とは...

警告レポート 地球は巨大地震活動期に突入世界の、日本の「次はここが ...
gendai.ismedia.jp/articles/-/32529
1. キャッシュ
2. 類似ページ
活動期('04年以降の8年間)における巨大地震の発生状況「活動期」だとされる'04年1月~現在の間に起きた巨大地震(M7.5以上)を図示している。下の「静穏期」の表と見比べると、発生数が格段に多くなっていることは一目瞭然だ。その数は、実に30件にものぼる ...

西日本地震活動期説 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%9C%9F%E8%AA%AC
西日本地震活動期説(にしにほんじしんかつどうきせつ)は、フォッサマグナより西側の西南日本が、1990年代後半以降地震の活動期に入ったとする考え方、仮説である。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 関連項目; 3 参考文献; 4 外部リンク. 概要[編集]. 過去に日本の ...
7.3 地震の周期性と活動期・静穏期 - Hi-net
www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/sec7.3.html
1. キャッシュ
2. 類似ページ
長期的な地震発生の時系列については,よく周期性とか,活動期・静穏期ということが言われます. しかし,これらは,ある領域を特定し, しかも対象をある程度以上大きな地震に限った場合に語ることのできる現象であると考えられます. === 図7.10 日本列島 ...

 西日本だけが、活動期に入ったとのブログが多いです。

ということは、多くの人がそのように考えておられるからだと思います。

日本の地震は、何故多いのかの説明に世界のプレートの内、4つのプレートが、ぶつかり合っていて、その上に日本全体がのっかっているからだと説明されています。

現在は、活動期に突入したのですが、西日本にのみ、集中しているのだという説が、西日本地震活動期説殿説です。

しかし、
最近の地震 http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.htmlでは、西日本とは限らなくて、東日本も毎日、地震が起こっています。

| | Comments (0)

2016.11.12

熊本地震の原因を探る その49 電磁波攻撃(6)

 最近の地震をご覧ください。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

上のアドレスで、毎日でも、簡単に見ることが出来ます。アドレスが判らなくなった時は、「最近の地震」をキーワードにして、グーグルで検索してください。


注目する所は、これまでに、電磁波で地震が起こったと考えている所に注目です。
 次のデーターは、11月11日のデーターです。
①鳥取県 ---鳥取県中部8
②熊本 ------熊本県熊本地方5、福岡県北九州地方、熊本県球磨地方
  熊本は要注意です。 阿蘇山噴火。
③阪神大震災--大阪府北部
④東北沖-----宮城県沖3、千葉県北東部、埼玉県南部、岩手県沖、

⑤南海トラフ----起こっていない
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87#.E5.8D.97.E6.B5.B7.E3.83.88.E3.83.A9.E3.83.95.E3.81.AE.E5.9C.B0.E9.9C.87.E3.81.AE.E7.89.B9.E5.BE.B4.E3.81.A8.E3.80.8C.E5.9C.B0.E9.9C.87.E5.83.8F.E3.80.8D
 
 

この地震の起こる範囲は、上記のアドレスで確認してください。
この地震は、殆ど、起こることは確実とされ、しかも、被害の大きさは、桁違いとされています。
 ネットでいろいろ検索しますと、恰も、日本人が待ち望んでいるような記述も見られます。
 望んでいるのであれば、人工地震をおこしてやろうかと思う人が現われてもおかしくありませんから、⑤に加えましたから、毎日、チェックです。

| | Comments (0)

2016.11.11

熊本地震の原因を探る その48 電磁波攻撃(5)

もう一度、次のブログをご覧ください。

 人口自然減最大の26万人、出生数4年連続最少 14年
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81505410R31C14A2CR8000/
「出生数が死亡数を下回る「自然減」は26万8千人で過去最大となった」

どうして、過去最大になったかは、調べる必要があります。

グラフを大きくしてご覧ください。 グラフが交差するところは、2012年頃です。 死亡数は、1980年頃までは、安定していましたが、その後、どんどん増えています。
出生数が減少を始めたのが、1975年からです。

①新潟地震   1964年(昭和39年)6月16日
 
 出生数が減少を始めたのが、1975年からです。 略、10年後に減少。
 新潟地震の頃に若いお母さんだった方が、産まれた子供さんは、10歳です。10年後には、20歳です。この女性は、成人ですから、又、子供が生れることになります。
このように考えますと、人工地震が起こる前後から、10年~20年の間に、出生数が減ることになります。

②阪神大震災  1995年(平成7年) 1月17日

③東北沖地震  2011年(平成23年)3月11日

④熊本地震  2016年(平成28年)4月14日京阪神は、人口が多いですから、阪神大震災後、10年は、2005年に出生数は、減っているでしょうか。

このように考えますと、出生数と死亡数の資料は、府県別のデーターが必要になります。

もし、出生数が、地震発生地の周辺程多ければ、地震と出生数とは、関係があることになります。

如何ですか。私が考えていることはお解りですか。
上記の4つの地震は、電磁波による人工地震ではないかと疑っています。
電磁波は、高齢者は浴びても、命には、影響ありませんが、その後、新生児には、大いに影響があって、出生数は減少するのではないかと推理しています。

成人は、発症する程ではありませんが、水分の多い脳は影響が有るのではないかと推理しています。

 私は 76歳ですが、最近、ボケが始まったのではないかと、少し、がっかりしています。もし、電磁波の影響で、脳の退化が進むのであれば、少しでも、遅らせることが出来るのであれば、遅らしたいと願っています。

 そこで、気象庁が、これまでに無い、豪雨とか、台風、日照りが続くというような注意報を出された時は、太陽を浴びない様に、外出を控え、どうしても、外出するときは、帽子を被ることにしています。
 豪雨の時は、豪雨になる前の電磁波を避けるために、外出は控える様にしています。

 最も私は出生児とは関係ありませんので、専ら、雨にもかからないようにしています。
勿論、雨の時は、傘をさす事にしています。

|

2016.11.08

熊本地震の原因を探る その47 電磁波攻撃(4)

検証 大震災の予言・陰謀論は読んで頂けましたか。
 この本で、
 電磁波で地震を起こす事は出来ないのだ。
 深度が、10kmの地震は、人工地震と関係ない事

がお解りになったと思います。

安心してもいいのだと云うことが判ったとします。しかし、地震の数は、減りません。
 その44では、何回も電磁波を照射して、日本人が病気になるようにしているのではと、疑いました。
そして、その45では、電磁波は、人間の体の多い所から、影響を与えるのではないかと、身体の水分の多い少ないを眺めました。

 私の推理が正しいとしますと、多い順番で、患者の数が増える筈だと考えました。すると、影響を与えるのは、卵と精子になるなと思った途端に、これは書いてはいけないなと思い、卵と精子は反って、他の組織よりも、強いのではないかとの説明を書きました。

そこで、電磁波の身体に対する影響は、中断して、電磁波兵器と云う様な事は、デタラメだという本の紹介をしました。

現在の段階では、直ぐに消えてしまうような会話であれば良いですが、例え、素人のものでも、活字にするのは良く無いなと迷っています。

 しかし、電磁波が精子と卵に影響を与えるとしますと、大問題です。
 軽い所では、奇形が多くなる。 次は、生れて来る胎児が、虚弱である。生れる人数が、減る。
 この様なことは、政府が、お医者さんの協力を得て、これから、10年ほど、統計を取る必要があります。
 すでに、このようなことをしているのであれば良いですが、していないとしますと、政府も、医師会も怠慢と云うことになると思います。

 人口自然減最大の26万人、出生数4年連続最少 14年
厚労省推計
2015/1/1付
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81505410R31C14A2CR8000/

上の数字をどの様に思われますか。人口が減ったのではありません。出生数が減ったのです。
 人口はそれほど減っていないのです。どうしてかと云いますと、65歳以上の高齢者が異常に増えているのです。 私は76歳です。元気なのは良いのですが、日本全体でみると、良く無いでしょう。

 我が家では、降り注いでくる? 電磁波を浴びない様に、異常気象の時は、外出はしません。どうしても、する時は、役立つかどうか判りませんが、必ず、帽子を被る様にしています。
 
「人口自然減最大の26万人、出生数4年連続最少 14年 」
は、ご覧になりましたか。二つの曲線が、交差しています。いつ頃に交差しましたか。 どうして、交差しましたか。 いつのことか考えてください。

| | Comments (0)

2016.11.07

熊本地震の原因を探る その46 電磁波攻撃(3)

私は電磁波攻撃による地震はあり得るのではないかと思っています。特に、震源地までの深さが、10kmとされている地震は、可能性が強いのではないかと思っています。

 しかし、電磁波攻撃等は、陰謀であるという本を出版して居られる方が居られます。
 アンドリュー・ウォールナー著
検証 大震災の予言・陰謀論

この本は、ASIOSという団体の方が、少しずつ、分担して、記事を書いて居られます。
上に書きました深度が10kmの地震は人工地震で無いという記事は、山本 弘氏は、2ぺージと4分1ページの記事です。

その内に、日本の地震は、阪神淡路大震災 深度16kmのみが日本の記録で、外、31ヶ国の地震が記されています。
このうち、10kmの地震は、4件のみです。

掲載された31ヶ国の地震は、起こった時には、深度10kmと報道されましたが、その後、データーが集って来ると、全部訂正されたと書いて居られます。

 この書物は、殆どの記事が、2~3ページの記事で、陰謀論を論破して居られます。

HAARPが人工地震を起こしているという話に洗脳されておられる方は、一度、読んで下さい。

読まれますと、人工地震を忘れることが出来ます ? ? ?


ただ、次の資料は、なぜ こうも地震が、続けておこるのかの、説明が付かない様に思います。


気象庁の資料です。
期間:2016年07月24日~2016年11月01日
2016年11月01日10:30更新
地震観測回数 震源地 地震規模
の最大
267回 鳥取県中部
M6.6
196回 熊本県熊本地方
M5.2
31回 熊本県阿蘇地方
M4.3
28回 宮城県沖
M5.3
21回 有明海
M3.8

| | Comments (0)

2016.11.04

熊本地震の原因を探る その45 電磁波攻撃(2)

前回の資料は見て頂きましたか。 なにか思われましたか。

前回、血液が一番水分が多いと書きましたが、意外だったのは、他の臓器も結構水分が多い事が判りました。

しかし、血液に電磁波が作用したとしますと、どうなるかは、自分で考える必要があります。
これは、高校で習った知識で間に合います。水分は、、「H₂o」です。これが壊れるとしますと、酸素と水素になるしかありませんが、こうなると困りますね。体にとって、どの様に困るかが、判りません。

その他には、血球成分(血液細胞)は重量比で赤血球96%、白血球3%。 そして血小板が有ります。
 知っているのは、赤血球と白血球ぐらいです。赤血球は、全身の組織に、酸素を運ぶ役目です。 これが一番重要でしょうね。

これ以上のことを知っている知識では解決できませんので、ネットの力を借ります。
赤血球に影響があるとしますと、貧血でしょうか。
「電磁波 貧血」をキーワードにして、検索しますと、

一杯ヒットとします。 いくつか読んで下さい。

電磁波で子どもが危ない - ナチュラルフレンズ
http://natural-friends.jp/risk-of-electromagnetic-wave/

「妊婦や子どもは電磁波を避けて」のタイトルの所は、どうして、妊婦や子どもは注意が必要と思われますか。

前回の資料では、子供の水分のことは出てきませんでしたが、胎児、子供、成人、老人の順で、身体全体に占める水分の量が多い事が判っています。
 ですから、胎児、子供、成人、老人の順で、電磁波の影響を受け易い事が理解できます。
女性は、男性より、身体の水分が多い事も、確かめて下さい。

胎児の前は、何だと思われますか。 卵と精子になりますが、卵と精子は電磁波に弱いという記事は見つかりませんでした。

 それは、研究された人が居られないからでしょうか。

 普通に考えますと、卵と精子は、大きさが小さいです。従いまして、電磁波に弱いのではないかとの推理は出来ますが、それ位の事で、死にますと、どの動物も、死に絶えてしまいますから、卵と精子は、電磁波に限らず、外部からの刺激には、強いという考え方も成り立ちます。

 調べて、教えて下さい。


人体各器官・臓器の水の占有率
http://w-21.net/dron/water/ganyuu.htm

| | Comments (0)

2016.11.01

熊本地震の原因を探る その44 電磁波攻撃

電磁波で地震を起こす事が出来る、いや出来ない。電磁波で台風や豪雨を起こす事が出来る。正直のところ分からないから、気象庁も政府も、豪雨のことは、対応が大変であることは分ります。

 この一年は、殆どの連休は、雨だったと思います。行楽地は、人出は少なかったと思います。当然、そこまでの人を運ぶ鉄道や他の輸送機関もお客さんは少なかったと思います。
 ハッキリしているのは、どこの行楽地も旅行者の減少はあったと思います。

 特に、地震

熊本の宿泊客、4~6月は前年比2割減 : お出かけ : 読売新聞(YOMIURI ...
 http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/odekake/sightseeing/20160901-OYS1T50049.html

②鳥取県有数の観光地 三朝温泉で予約キャンセル相次ぐ | NHKニュース
http://news.goo.ne.jp/article/nhknews/business/nhknews-10010740181_20161022.html 

上のタイトルで検索しますと、5件ヒットしますが、どれも、クリックしても、見ることは出来ません。
 根気良く、探していましたら、反対の記事が見つかりました。

<鳥取地震>知事、観光地健在PR
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20161023-OYTNT50078.html

凄いですね。知事ともなりますと、NHKの報道を見ることが出来なくすることが出来るのです。

 そうではないのですね。
 NHKの報道は、この記事を見た人は、一層、鳥取には、旅行は当分、辞めておこうと思うでしょう。


地震が続く限り、お客さんは減るでしょう。


しかし、もっと、大変なことが起こるのではないかと考えています。電磁波は、特に水に振動を与え、熱を出したり、水分を蒸発させますから、広い範囲では、海水の温度を上げることになるだろうと推察出来ます。

 確かではありませんが、今年、発生した台風は、日本海と太平洋に抜けますが、その内、いくつかは、中国大陸へ抜けるか、日本海を北上します。中国大陸へ上陸したのは、一つではなかったでしょうか。

 中国は、台風を中国に上陸させない技術を獲得したのではないでしょうか。

少し古いですが、
中国大陸に上陸した1960年の台風
http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/1962/1962_10_0331.pdf
 1960年に発生した台風は、27個で、その内、7個が上陸した・

このような記事も考慮に入れますと、台風の進路を変えたり、降雨量を減らしたり、多くしたりは、出来ます。

しかし、気候を操作するだけの理由で、電磁波を使っているのでしょうか。
例えば、日本の田植えの時期に、気温がさがるようにすれば、冷害で、不作となります。

 人間の身体を悪くする為に、使っていると考えることは出来ないでしょうか。
 
このように考えますと、私たちの身体は、臓器別に見て、どれほどの水分を含んでいるによって、電磁波の影響は異なるかもしれません。

身体の中で、一番水分の多い部分は、血液でしょう。 
すると、電磁を受けた人は、血液の病気になる可能性があり得ます。

 
他の臓器は、どうなっているか、 次の記事をご覧ください。
 
人体各器官・臓器の水の占有率
http://w-21.net/dron/water/ganyuu.htm

| | Comments (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »