« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(11) »

2016.12.25

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(10)

電磁波で地震を起こすことは出来ないとなりますと、これから書く事は意味が有りませんが、あるという証拠を書いてみようと思います。

泉パウロ著 【3・①「人工地震説の根拠」衝撃検証】は、以前に、買って読みました。恐ろしい事が書いてありました。しかし、次々と出版され、全部で7冊発売されました。

「人工地震説の根拠」衝撃検証」をキーワードにして、検索しますと、トップにアマゾンの広告が表示されます。送料は必要ですが、金額は一円です。

他の6冊も掲載されています。 取敢えず、一冊目は辛抱して読んで下さい。

そんな馬鹿なと思われる方は、二番目にヒットしたものを読んで下さい。

3・11「人工地震説の根拠」衝撃検証~泉パウロ
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/library512.html

読んでもそんな馬鹿なと思われた方は、つぎも読んでください。
三番目の暴露!311人工地震の特殊爆弾を製造した自衛隊技術者12人が暗殺 ...
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/1974.html

 
泉パウロ著の7冊を読みますと、私のような人間が出来ます。

しかし、私は、この人達と戦うつもりはありません。出来るだけ、逃げるようにしようと思っています。


糸魚川の大規模火災 は、お気の毒な事になりました。前日に、気象庁は、連休3日間は、全国で、風が強くなりますと注意報を出しました。

こんなおかしい注意報はあれませんね。
昨年一年間の連休の大半が、天気が悪かったと思います。(大阪だけかもしれません)

おかしいと思えば、住民が、すべて、注意すべきでしょう。 一番注意すべきは、出火元の人でした。

 次は消防局の人でしょう。火事が 何時起こっても、良い態勢で居れば、近隣への要請や、自衛隊への援助が出来た筈です。

メディアはおかしいですね。
 糸魚川の大規模火災は、古い木造住宅が密集しているところで、起こった火災で、災害に遇われた方が多くなったと、

失礼なことを報道していました。

 お金があれば、とっくに建てなおしていましたよ。

 私は、その火事の最中に、大阪市の梅田界隈にあるお寺ばかり、10軒ほどを見て歩いていました。
 大阪駅前の曽根崎警察から東へ歩き、読売新聞社のある所も歩きました。 ここは、大阪市北区野崎町です。 野崎参りは 屋形舟で参ろうという歌は聞いたことが有るでしょう。あの野崎観音と関係あるかないか知りませんが、野崎町も歩いてきました。

 このあたり一帯は、第二次大戦の折、全て、焼け野原になった所だなと思いながら、歩いてきました。
 帰宅して、夕刊を見ましたら、新潟の火事の記事が一杯でした。我が家は、長年読んでいた読売新聞は、止めて、産経新聞を読んでいますが、この新聞社は、いつも分析は、素晴らしく、翌日の朝刊には、「大阪府ワースト2248ヘクタール」で、老朽住宅密集地の火事に対する提案を書いています。

「大阪府ワースト2248ヘクタール」のタイトルは失礼ですね。

 梅田からは、直ぐに、天神橋筋、商店街があります。 うぁ~ 30年振りかなと話しながら、天神橋商店街を歩きました。

  このような町の改造は大変なのでしょうね。
ここは触らないで、外のことで収入を増やして、大阪府を建てなおそうとしているのが、今の松井 一郎知事です。御承知と思いますが、 大阪市が埋め立て中の人工島を利用して、カジノを含む統合型リゾート(IR)および万国博覧会の準備が進行中です。
 京阪電車の天満駅の近くに、 現在でも、屋形舟の発着地があります、屋形舟はありませんが、天満八軒家浜からは遊覧船が出ています。
ここが、昔の大阪の中心地でした。従いまして、大阪城はここから近くですし、天満八軒浜は、熊野詣への出発地点でした。

 又もや、脱線です。

しかし、これよりももっと、古い歴史があって、電磁波攻撃があると考えています。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(11) »