« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(13) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(15) »

2016.12.30

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(14)

 昨日、沖縄県の人は、中山王国から来た人達だと思っていますと書きましたが、今頃、沖縄県の方は、怒って居られるかも知れませんね。

 私は別に悪意が有るわけではありません。どうしても、裁判まで認めないと思われるのであれば、独立するしかありませんね。しかし、喜ぶのは、現在の中国の人だけでしょう。
 日本人は嫌いだと独立したような島に、観光だといって、日本人が行くでしょうか。
 アメリカの軍隊も引き揚げたら、沖縄はやっていけるでしょうか。

 ただ、心配要りません。中国は、税金を納めなくても、100年位は面倒を見てくれると思います。

しかし、本当は、現在の日本本土にも、中山王国の人達が日本にやって来たことを現在、書いています。

 それは、紀元前の話ですが、古事記に伊弉諾神・伊弉冉神の事が書いてあります。
 日本の国は、この二人が、八つの島を生む事から始めたことが書いてあります。

これを歴史の教科書では、「国生み」と言います。

その後、伊弉諾神と伊弉冉神は、子供を生みます。始めの赤ちゃんは、水蛭子でしたので、葦船に乗せて流したと記します。どんどん生んだ赤ちゃんが、現在の私達日本人です。

 所が、その後の日本には、どんどん 中国から絹を求めて、やってきた人がいます。

こうした人達と戦にもなりましたが、混血児も誕生して、現在の日本人は、純粋の日本人は少ないのではないかと想像しています。

 このように考えますと、沖縄の方は、純粋の日本人だと思います。
 どうしてかと言いますと、先ほど書きました中山王国の人は、日本へ来る前は、北京の南西の所へ、何処からかやってきた人達だということになっていますが、実は紀元前に、日本から移住してきた人達だったということを田村誠一と言う方が、本に書いて居られます。

山中王国のあった所
http://o-mino.la.coocan.jp/page157.html
話題は全く、変な方向に来てしまいましたが、そのような国に、やってきたユダヤ人の一人が神武天皇だというお話です。

今書いた様な話は、『イルミナティ』の人達は、ご存じ無いと思いますが、神武天皇が、ユダヤ人であることは、知っているのだと思います。

だから、日本に永住を望むのではありません。
その理由は、次回にします。

中山王国のことを書いているブログは、

新しい日本の歴史sonet
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/ です。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(13) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(13) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(15) »