« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(3) 陰謀論 »

2016.12.14

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(2) 陰謀論

 電磁波によって、人工地震が起されているという記事は、ネットに沢山有ります。
私もそのような記事を読んで、
「電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか」のタイトルを書きました。では、本当に行われているのかと言いますと、可能性としては、20%ぐらいで、アメリカが行っているのではないかと考えています。

しかし、アメリカとは限りません。技術的に言いますと、ロシア、カナダ、オーストラリア、中国は可能性が有ると考えています。

技術的に云えば、100%の確率で、そのようなことは出来ないと書いてある本が有ります。

タイトルは

 検証 大震災の予言・陰謀論 文芸社発行
著者 ASIOS(超常現象の懐疑的著要佐野為の会) 
アンドリュウ・ウォルナー

2011年11月30日初版発行

100%という数字は書いてなくて、私が読後に、感じたことを一言で、表現しますと、記事は、「電磁波によって、人工地震が起されているという記事」に対して、丁寧に、間違いを指摘して、その論理の幼稚さを指摘して居られます。

 技術的なことに対する理論的な事は、どちらの言い分が正しいことは私には、即座に判断することは出来ませんが、
 
アンドリュウ・ウォールナーの記事は、140~170ページのみです。
 30ページもあれば十分と思われますが、この文章の前に、

コラム
震災後、海外メディアが伝えた陰謀論・デマ・ニセ科学
アンドリュウ・ウォールナー
と書いてあります。
 
この本の著者と書いておきながら、海外のメディアの記事の寄せ集めらしいので、読みませんでした。

さて、本文の方の記事は、8人の方が執筆されていますが、プロフィールが書かれていませんので、どうして、このようにクソミソに書くのだろうと不思議に思いながら、読み進みました。

 8人の方が、それぞれ、得意分野を受け持ちながら書いてあるのだと考えました。しかし、内容は、難しく、読まなくなり、先ほど、私の本棚に有るのを見つけて、読み返しています。

 先に書きました様に、震源地の深さが、10km未満の 地震は、ネットでは、人工地震のように捉えておられる方がありますか、その可能性は、20%でしょうか。

人工地震説の最大の主張者は、泉 パウロという方ではないかと思います。
次の所に、泉 パウロの著書が掲載されています。
 全部で、7冊有りますが、関連の本を含めますと、もっとあります。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E6%B3%89%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E6%B3%89%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD

ほかには、飛鳥昭雄・三神むたける著 「秦氏」の謎。
ほかにも、関連する書物を購入して読みました。

泉 パウロ氏の著書が一番おそろしい本でしたね。

しかし、最近、始めから丁寧に分析しながら読んでいます。

そして、又、電磁波を書いてきましたが、もう書くのは止めようと思いながら、又、この様に書いています。


追記
 8人の人のプロフィールは、最後のページに、各人、5行くらいずつ、記されていました。

 この本は、アンドリュウ・ウォールナーをキャップにして、9人で、話し合われた本ではなく、9人の方の「 検証 大震災の予言・陰謀論 文芸社発行」に対する反論の本のように受け止めました。

 これを書いた後でも、読み直す気はしません。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(3) 陰謀論 »

Comments

実は買取が難しい?
そして、「大ヒットしたが、それが長続きしなかった」ブランドの典型として、中古市場が安値で推移する、というものがあります。
しかし逆に言えば、中古市場の流通の少なさは武器にもなります。
ベル&ロス全般に言える傾向ですが、こういった品質のせいか売却価格は高くないので、新品で、かつ定価にて購入するのはかなり「危険」だと考えています(よって中古で安く買えば、また売るときの損失額は小さくて済む)。
つまりは「売れまくった製品が中古市場に流入し、しかしもう人気がなくなったので価格が下がり続ける」という現象。
なおベル&ロスはもともとウォッチメゾン(メーカー)ではなく、腕時計オタク2人(ブルーノ・ベラミッシュ氏とカルロス・ロシロ氏)が1991年、パリにて創業した”デザイナーズ”腕時計ブランド(1998年にシャネルと提携し、最近は”自社”ムーブメントもリリース)。
その高いデザイン性が評価され、多くのセレブや著名人に愛用されることとなりますが、デザイナーズブランドということで、地位がやや低く見られたり、機械式腕時計マニアからは評価が低いという事実もあるようです(最近はかなり改善されてきましたが)。
ロレックスなどの超有名ブランドに比べてファンが多くなく、まだまだ「知る人ぞ知る」ブランドであるベル&ロスは、腕時計初心者には敷居が高め。
つまり、ベル&ロスの腕時計は今が売り時! ベル&ロスの腕時計の中でも特に人気が高いモデルです。
ベル&ロスを取り扱っている腕時計買取店にとっては、なんとしてでも欲しい!実は買取が難しい?
買取店を選ぶときは、ベル&ロスを強化買取しているようなところを積極的に選択しましょう。
航空計器を具現化した非常に特徴的なデザインであるBELL&ROSS BR01シリーズ。
フランスで創業した新進ブランドの時計は航空史がデザインの源。
なお、ベル&ロスは航空機(戦闘機)の計器盤をモチーフとした「BR-01」で一気に有名に。
インデックスと針には、ブランドの代名詞である自己発光システムLLTをセットし、暗闇でも抜群の視認性を誇る。

スーパーコピー https://www.yutooz.com/protype/list-196.html

Posted by: スーパーコピー | 2020.08.12 07:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(3) 陰謀論 »