« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(2) 陰謀論 | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(4) »

2016.12.15

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(3) 陰謀論

ネットに見られる電磁波によって起こるといわれる地震は、私は20%ぐらいしか信用できないと書きながら、電磁波によって、人間の身体は、いろいろの被害がおこり、その為に、将来、子供が産まれなくなるのではないかと、恐ろしい予測を書いています。

その癖、地震は、ここ、数年以内にも起こるのではないかと予測するなど、支離滅裂です。

私は現在、76歳です。所が、私の知っている人が、次々亡くなられて、仲間が減っていきます。多くは、80歳以下ですから、わたしも、自分の寿命は80歳と定めて、物事を考えています。
そうしますと、4年以内に地震がおこっても大丈夫なように、いろいろと準備をしています。

 我が家は、軽い地震でも、壊れるのではないかと推理しています。何故かと言いますと、私が、今、日常的に使っている部分は、私が大工さんに希望を述べて、使いやすい様に建てました。二階部分に茶の間と台所を造り、階下を車庫にしました。車のドアーが開けやすい様に、東側は、柱は一本にしました。

と云うことは、今、毎日、生活をしてる二階は、柱一本によって、支えられていることになり、地震がおこりますと、二揺れほどで、二階はそのままの形で、潰れると予想しています。
 そこで、家族には、地震が起こったら、兎に角、逃げて、階段が一番頑丈だから、避難するようにと教えてきました。

 しかし、地震は、いつかは起こります。今までに、起こらないということは、その起こるであろう日、毎日も近づく事になります。
と云うことは、地震の起こる確率は、次第に増えますので、三年前に、東側に鉄骨で、三本の柱を増やしました。その柱を元にして、ガレージの天井を支える鉄骨を東西南北に張りめぐらせました。
 所が、寝る時は、遠く離れた古い家屋の二階に寝ています。
 ここは、危険な居間よりも古い建築ですから、地震の際は、こちらは、簡単に崩壊です。
従いまして、地震の時は、新しい建物の方の階段を使って、戸外に避難することになります。
 ところが、この階段も私の設計になるものですから、窓が小さくて、昼間でも、暗いために、危険ですから、昼間も夜も、階段と玄関の電気は、点けたままにしています。

こんな説明で、お解りになられましたか。
何故、電気が点けたままかと言いますと、地震がおこって、避難する時に、真っ暗の階段を駆け下りて、家は大丈夫なのに、階段から滑り落ちて、大怪我になればつまらないからです。
 地震を想定しますと、しておくべきことは一杯あります。
大地震になりますと、電気と水道は止まります。電気がとまっても食事を作ることが出来るように、ガスボンベとコンロは購入しました。水は、食べ物よりも大切です。1日も欠かせません。
 飲む方は、何時でも、6本、買って有ります。ガス電気が止まってもいい様に、ごはんは、土鍋で、毎日炊いています。 食事用に、いつも、ペットボトルの水を使っています。空いたペットボトルには、水道水を詰めて、保管しています。いよいよの時の水と、水洗トイレ様に保管しています。非常食も保管していますが、適当な時に、廃棄補充しています。

 一番大切なお米は、地震が、広範囲になりますと、手に入らなくなりますから、遠くの農家から、直接送って貰っています。
 もう、10年来のお付き合いですから、困った時には、少しは送って頂けるのではないかと思っています。このお米は、一番美味しいお米ですから、一番にしている贅沢です。

 外にも一杯しています。
ネットで、地震災害の時に、何を準備したらいいか書いてありますから、殆どしていると思います。

唯、私が考えている地震で死ぬよりは、80歳の期限の方が、先に来そうです。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(2) 陰謀論 | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(2) 陰謀論 | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(4) »