« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(5) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) »

2016.12.18

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(6)

前回は、アメリカ人は、日本の国をどのように考えているかを調べました。好きか嫌いかではなくて、江戸時代以前から、人間として見ていなかったと考えています。その証拠は、アメリカに限らず、イギリスもフランスも、植民地を手に入れました。イギリスは、あのちいさな国なのに、どうして、大きな印度を手に入れたのでしょうか。100%何も知りません。
 しかし、彼はは、その植民地政策を打ち砕くことを教えて貰ったのは、日本だと現在の人達が云っていることが、ネットで見ることが出来ます。

 それで満足できなくなった西欧の人達は、開国をせまりました。お互いに貿易をするのではなくて、私は日本を乗っ取るつもりだったと考えています。日本に限りません、韓国も、中国も、開国を迫られました。
 開国を迫ると書けば、聞こえはいいですが、アメリカは、四隻の黒船を派遣しました。日本は、長崎が国の正式の受け入れ口だと断りましたが、大砲を打った途端、その威力は、恐ろしいものだったのでしょう。 いっぺんに解国しました。開国を承知していなければ、もっと、本格的に進撃し、アメリカは上陸したでしょう。

 このような歴史の見方は間違っているでしょうか。

 私は間違っていないと思います。

どうしてかと言いますと、

 その時に調べたことを「おかしな世の中」
http://asilka.blog61.fc2.com/ に保存しました。

アメリカは日本が嫌いか・アメリカ人は日本人が嫌いか  http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12


 馬鹿げたついでに、私が近いうちに地震が起こると考えて、準備している理由を記します。

電磁波で、地震を起こす技術を持っているのは、ロシア、カナダ、オーストラリア、中国は可能性が有ると先に記しました。
 この国々が、技術を持っている証拠は有りません。

アメリカとロシアは、持って居る為に、お互いに使用していたらしく、よく作物が取れなくなった事が、報じられました。これは、私の記憶に有るだけです。
しかし、両国は、お互いには使わないでおこうとの条約を結んだとの記事が、ネットで見つけました。これは、技術を持っていた証拠になります。

 では、アメリカは、日本に使う可能性が有るかどうかを調べました。調べたと云うものの、極いい加減な調べ方です。

ここには、アメリカが、日本を攻撃する下地があるかとの観点から、調べたことを書いています。
一番上にある文字の右側をクリックしますと、次のページに進みます。
左にある部分をクリックしますと、一つ前の記事が表示されます。他の文章も交じっていますが、30回は書いていると思います。

 結論を先に書きますが、アメリカは、何時、日本を攻撃しても、
おかしく無いと思っています。

そのように考えるようになった一番のものは、第二次世界大戦の歴史を知った事になります。

 終戦になった要因は、何と云っても、二発の原子爆弾投下です。
 賛成したのは、ロシアとイギリスとアメリカです。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(5) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(5) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) »