« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(6) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(8) »

2016.12.20

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7)

 私がアメリカを信用しなくなったのは、読んだ本の影響が大きいです。
影響を受けた本の一部を書きます。

①『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』ヘンリ・S・ストークス
  発行 2012年8月10日

②『戦争犯罪国はアメリカだった』ヘンリ・S・ストークス
  平成28年4月29日発行

③アメリカの鏡 日本 ヘレン ミアーズ"

④検証 戦後教育 高橋史朗

⑤日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと  高橋史朗

⑦超不都合な科学的真実

⑧遺伝子の不都合な真実

⑨不都合な真実 温暖化  アル・ゴア著  \2800
「不都合な真実」と検索しますと、次の映画が有ったことが判りました。 
アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領が主演している映画 「不都合な真実」
ゴア氏がノーベル平和賞を受賞

この中で、一番衝撃を受けたのが、①②③です。
あまりにも、ひどすぎる自分の国のやり方に、アメリカ人のヘンリーミアーズは、自分の人生を投げ打って、書いた本です。 この本を書いた後は、アメリカ人は、誰一人として、ヘンリーミアーズに話しかける人も居なかったそうです。
 この話は、始めに英語で、アメリカで出版されたそうです。あまりにも、真実を書き過ぎたためでしょうか。日本語で出版することは禁じられたそうです。それ故に、アメリカ人でしたら、誰でも知っている事でした。原爆だけではありません。日本を戦争する様に誘導したことは、知っているのに、国を上げて、日本と戦争をしたということです。
それだけではありません。もう、日本は、戦争をするにも、飛行機も船も、これらのものを動かす、燃料もないことは知っていたのに、原爆を2回も落としました。
このことは、イギリスも知っていたのに、投下することに同意しました。

この事を知っていたから、
①『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』ヘンリ・S・ストークス
  発行 2012年8月10日

②『戦争犯罪国はアメリカだった』ヘンリ・S・ストークス
  平成28年4月29日発行

の本をヘンリ・S・ストークスは書いたと思います。

 原爆の投下は、どうして行われたかは、アメリカ人の戦死者を減らす為に行われたことで、正しかったと現在でも、アメリカ国民が、全員の人が思っておられます。
 
 もう一度、今でも、そのように思っているのか、自分の名前を記入した上で、原爆投下は、正しかったのか、間違っていたのか アンケートを取るべきでしょう。

①②は、著者は、イギリスの人です。イギリスは、原爆投下に賛成した国ですが、この内容には、黙って居れなかったのでしょう。

この話は、アメリカ人では、当り前のように、知らされているから、本当の事だと思っておられないのだろうと思います。そのように考えないと、あの狂気の原爆投下は、正しかったのだという現在のアメリカの人の言葉は、理解出来ません。

 現在のアメリカ人で、当時のことを知っている人はおられないでしょう。アメリカの事ではありません。ヤラレタ日本の事です。

人間のすることでないことを日本に対して行いました。

 日本に、真珠湾攻撃をさせました。
 みなさん! どれほどの爆撃を日本中にされたかご存じですか。
その中でも、東京が一番ひどかったそうですが、ただ、爆撃したのではありません。工場らしきものが有る所は、全国くまなく爆撃しました。
和歌山県でも凄かったらしいですが、そんなことを知っている人はおられないと思います。和歌山市の図書館には、そのときのことを書いた本が残っていますから、行って、読んで下さい。
完全に、打ちのめされた日本(名古屋)に電磁波攻撃と、広島と長崎に原爆を落としました。日本には、飛行機も弾薬もないことを知っていたのに、日本中を毎日、爆撃しました。 

 あまり、堂々と説きますと、全員が、誰も考える力を無くすのでしょうね。


 こうしたことは、アメリカ人に限りません。中国人も韓国人も同じです。
 南京事件で、日本人は、中国人を30万人も虐殺したと、3日前にも、報道していました。
 韓国は、慰安婦として、韓国の女性を日本兵の慰み者にしたと何度も、賠償金を請求しています。


昨日(12月16日)、ロシアのプーチンさんとの記者会見が有りました。きっと、通訳の人が下手だったのでしょう。プーチンさんは、何を喋られたのでしょう。

「アメリカ 日本 爆撃」をキーワードにして、検索してください。

アメリカ軍の空襲にあった日本国内の大都市と地方都市一覧
http://sahashipesu.blog.fc2.com/blog-entry-91.html全部、読んで下さい。涙なしには読むことが出来ません。

 日本には、反撃出来ないのを知ってから、毎日、爆撃をしたことを、「アメリカの鏡 日本 ヘレン ミアーズ" 」に書いてあります。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(6) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(6) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(8) »