« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) »

2016.12.21

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(8)

 前回の⑦⑧⑨は、気が付かれましたか。
タイトルに「不都合な真実」という文字が入っていることです。

前回、書いた後に確か、もう一冊有ったなと思いましたが、思いだせませんでした。

しかし、根気よく家探しをしましたら、自分のベッドの側にある山と積まれた本の中にありました。
タイトルは、「9・11テロの超不都合な真実」でした。
「9・11テロ」とは、
、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称[1]です。飛行機が、ビルに激突して、このビルだけで、5000人以上の人が、亡くなられました。
 この本は、その時のことを書いた本ですが、このタイトルの意味はお解りですか。

「不都合な」は辞書で調べますと、有りません。①都合が悪い事 ②道理に合わない事。不埒。ふとどき。③手もと、不如意であること。
 どれも当てはまりません。

「不都合な」の使い方が有るとしますと、後ろに続く真実を形容している事になると思います。「不都合な真実」になりますが、これでは意味をなしません。
 この本を読みますと、直ぐに判ります。

 「9・11の事件」は、テロが起こした事件で、筆者(菊川征司氏)が書きました事は 「②道理に合わない事ですが、真実のことです」という意味になると思います。

 四つの事件とも、事故ではなくて、テロが起した事件ですとは、書かないで、行為はテロですが、アメリカの政府が起したと書いてあります。

 それにしても、ひどい記事ですから、もう一度、読み直さないといけないなと思います。

そこで、「不都合な真実」とタイトルに附く本を調べましたら、「日中戦争の不都合な真実」
が有りましたので、購入しました。まだ、読んでいません。この本は、「日中戦争」と「真実」が赤で印刷されています。
 これですと、解りますね。
中国は、日本が、戦争を仕掛けて、無茶苦茶をしましたと連日、ネットに書いてあります。 南京攻略の時は、30万人を、大虐殺したと、詳しく書いてあります。この戦争で、少なく見積もっても、3500億円の損害を受けたので、日本は、損害賠償を支払う必要があると報道されました。三日程前だったと思います。

 韓国の慰安婦問題は、益々、ひどい話になっています。アメリカで、慰安婦の裸像をどんどん増やしているからです。
 さて、「日中戦争の不都合な真実」は、どの様な真実が書いてあるのでしょうか。


前回、9番目に
⑨不都合な真実 温暖化  アル・ゴア著  \2800
を紹介しました。私は凄い方だなと思いましたが、その後、出版された「不都合な真実」の本を読む内に、「不都合な真実 温暖化」もおかしいなと考えるようになりました。
 この本と映画に対して、アル・ゴア氏は、2007年にノーベル平和賞を受賞を受けられました。
 それ故に、おかしいなと書きますと、危険が伴いますので、書く事は止めようと思っています。

本を図書館で求めて読んで下さい。小さな事ばかりですが、提案が一杯書いてあります。

 だれも気が付かないでしょうが、炭酸ガスが増えるのを抑えようと提案して居られます。

おかしいですね。世界で当時、一番沢山炭酸ガスを算出していたのは、アメリカと中国だったと思います。この二ヶ国が減らすだけで、解決と思いました。

一ヶ月程前ですが、どんどん、解けている北極の氷ですが、10年前に撮られた写真と、最近撮られた写真を比較したら、同じ大きさだったと新聞に掲載されていました。

アル・ゴア氏が、世界に提案された事は、間違っていた事になります。

「不都合な真実 温暖化」は、どのような意味だったのでしょう。


出版されている不都合な真実

①超不都合な科学的真実  ケイ・ミズモリ---持っていないと思っていましたら、見つかりました。
②闇の世界金融の不都合な真実
③超不都合な医学的真実
④不妊治療の不都合な真実


|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(7) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(9) »