« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(33)犯人は誰だ | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) »

2017.01.26

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(34)犯人は誰だ(2)

 次に、日本を攻撃したがっている国はと考えようとしますと、やはり、軍隊が巨大な国となります。
 これが分れば苦労しません。どこの国も、最大の秘密ですから、実態は分りません。軍隊を大きくする為には、軍人の数と、兵器になります。
 次のブログを参考にします。

「世界の軍事力ランキング」国別の現役兵力/軍人数(2012年)【国際戦略研究所】
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-103.html2011年現在、現役軍人の数が最も多いのは中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、インド(132.5万人)となっている。さらにトップ10には、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)、パキスタン(64.2万人)、イラン(523万人)、トルコ(51.1万人)、ベトナム(48.2万人)が入っている。

 日本の軍人(自衛官)数は24.7万人で世界22位。同水準のドイツ(25.1万人)、フランス(23.9万人)の総人口が日本の半分〜7割程度である事を考えれば、日本の自衛隊の兵力は相対的に小さいと言えるだろう。そのため、現在の自衛隊の兵力が適正なのかどうかについては、様々な意見がある。

 以上のデータが正しいとしますと、日本を攻撃しよう(将来攻撃する国ではありません)としている国は、中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)と言うことになります。

この内、北朝鮮は別だと思います。何故かと言いますと、あの大きなミサイルに水爆を積んで飛ばしているのは、北朝鮮だけです。
 お金が掛かるのに、あのようなものをどんどん飛ばして、実験を繰り返しているのは、北朝鮮だけです。しかし、大国でも、手が出せないのは、北朝鮮が、全員死んでも良い覚悟でしているから、隣の韓国も中国も強いことは言えないです。

 北朝鮮は、現在の世界で、一番強い国だと思います。
何故かといいますと、
又かと思われるでしょうが、泉パウロ氏の「Ⅴ」によりますと、現在の兵器は、
電磁波兵器とプラズマらしいです。
プラズマという兵器が、どのようなものかは、泉パウロ氏の「Ⅴ」が分り易いですが、頭の私には、どれぐらい恐ろしいのかは、理解出来ていません。

水爆でも、恐ろしいのに、電磁波兵器とプラズマの二つは、前者は、おそろしい上に、脳がやられるのは、間違いないでしょう。電子レンジと同じものだからです。
後者は、恐ろしくありません。手品のように、一瞬に私は消えるのですから、日本が潰れようが、考える以前の話になります。

殺そうとしている国だけが残って、さぞ、素晴らしい国になるでしょう。

その実験をアメリカの大統領が始めました。
日本は、アメリカの国の米を買わないと、関税を75パーセント位掛けて来るでしょう。払わなかったら、電磁波が、知らぬ間に、降り注いで、首都消失となるでしょう。

 信じた人は、首都から離れるでしょうが、残った人は、全員死ぬことになります。
そうしますと、アメリカの車を買うことが出来る首都は消滅するでしょうが、私はそのような先には、生きていませんから、考える必要もありません。

と云う事で、どんどん、ボケが始まった私が予想するのは、犯人は、アメリカとなります。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(33)犯人は誰だ | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) »

Comments

革新的で優雅な超歓迎店舗超特価!
『激安価格』本物保証!
【正規品】激安専門店.
エルメス新作超特価SALE!
市場!
【最安値開催中】全品無料!
セット組み合わせ!
100%新品!
割引【超特価】信用第一!
【大特価!】100%本物保証!
2019【品質保証書】全国送料無料!
限定SALE手ごろなお値段!
【限定特価】史上最も激安い!
専門店【新入荷】
激安通販,配送のアイテムは返品送料無料
激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.watchergd.com/watch/product-17019.html

Posted by: 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 | 2020.05.23 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(33)犯人は誰だ | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) »