« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(37)犯人は誰だ(5) »

2017.01.28

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(36)犯人は誰だ(4)

軍隊の数は、中国はトップです。
 人は動物と違って、本能的な頭脳や武力は持ちませんから、どうしても、武器を持ちますと、使いたくなります。
 中国は、電磁波による武器は、持っていると思います。 しかし、アメリカ程に、正確に日本を攻撃する能力はないのではと考えます。

 軍隊の数や日本に対する憎いさから判断しますと、正確に、地震を起こす為に、目下、頻繁に攻撃しているのではないでしょうか。(練習中)

 次の文章は、前回紹介したものです。
 中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、インド(132.5万人)となっている。さらにトップ10には、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)、パキスタン(64.2万人)、イラン(523万人)、トルコ(51.1万人)、ベトナム(48.2万人)

中国の人口は、15億人。アメリカの人口は、2億人ぐらいですから、アメリカと比較しますと、156.9万人の7.5倍の軍隊があってもおかしくありません。1192.5万人です。

この様に考えてきますと、アメリカが、完成した電磁波の武器を使って、日本を攻撃している可能性の方が、強くなります。
 
 軍事力から見ますと、北朝鮮(119万人)の方が、トップですが、電磁波の技術はゼロなのではないでしょうか。

 時代遅れでも、核攻撃では、世界で、トップに成るしか、国を守る方法はありません。

ただ、拉致被害者は、被害者から直接帰りたいかどうか、映像を交えた声を聞くべきでしょう。この事件は、50年以上経過しています。
 どのような事が有っても、少々の事は、納得出来なくても、帰国出来る様にすべきでしょう。しかし、50年も経過しますと、残りの人生は、多くはありません。
 そうしますと、日本からの渡航費を政府が出して、ご家族の方が、北挑戦に行って、交流する機会を作るとか、拉致被害者が、少しでも、楽しみがつくれるような事をすべきでしょう。

 少ない資料から判断すると、北朝鮮事態も、生きて行く可能性は少ないと思います。現在のように、高く付く核兵器やミサイルを作っているようでは、お金が無くなって、食べるものも無くなると思います。

 ではどうする。 持っている核兵器を使って、アメリカと中国と韓国と日本を核攻撃をして、1000万人ほど、殺せば気が済むでしょうか。

 こんな話は、考えないで、拉致被害者の事で、北朝鮮と接触を持つべきでしょう。出来れば、食糧の援助をしても良いと思います。

 日本政府はなにかされたのでしょうか。されているのでしょうね。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(37)犯人は誰だ(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3) | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(37)犯人は誰だ(5) »