« December 2016 | Main | February 2017 »

2017.01.31

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(39)犯人は誰だ(7)

どうして日本に対して電磁波攻撃が行われるのかを、順番に眺めてきましたら、なんだか、世界中の国から攻撃をされているようです。
 日本に軍事力が有るのでしたら、それに対する予防として、日本に嫌がらせをすることが分ります。
 これほど、どの国も攻撃するとしますと、その原因は日本の側にあると考えるのが普通だと思います。

思い当る事とすれば、トランプ氏の事になるでしょうか。
日本のメディアはどのように報道したかは、全て見たわけではありませんが、テレビでは大分見ました。
 大方のコメントは、まだ大統領になる前でも、厳しいことを言ったものはありませんでした。
 大部分の人は、素人の云うことだが主体で、それに色を付けた程度のコメントでした。

当然、トランプ氏が、大統領になれば、日本に影響はあるとの発言はありましたが、どの様な影響が有るかを述べた人はありません。
 どちらかと言いますと、日本人特有の笑顔でコメントする人が大半でした。悪く云いますと、少し、馬鹿にしたコメントですが、外国の人には、あの笑顔は通じないと思います。

さて、大統領になられたら、自分の国の事ばかりで、世界に対するコメントがないという新聞記事が有りました。
 世界のことなどは、構って居れないのだ、アメリカが駄目だと言う選挙民の声に応えるべく、選挙に臨んで、当選したのですから、反対派のデモなどに驚いて、云うことを聞いていたのでは何もできません。

 案の定、矢次早に、命令を出しました。

産経新聞では、そのようなものを出しても、議会で通らなかったら、意味がないと、大統領に教えるような記事が書かれていました。そんな話、教えて貰らわなくてもご存じの筈です。
 メキシコの自動車工場の建設の件です。
アメリカのメーカーは、流石に、良く解っています。メキシコに違約金を払って、さっさと、大統領の云う通りにしました。
 トヨタは、アメリカに充分役立ってきました。と云い訳をして、協力金を支払いました。

どうして、このようなことになったかと言いますと、日本は、余りも、アメリカの製品を買いすぎました。
 この製品に関税20%掛ければ、そんな金額は直ぐに、そんな金額は、直ぐに、取り戻せる、メキシコと国境に、乗り越えることの出来ない塀をつくる宣言しました。脅かしではありません。
 これで、アメリカ人の仕事も増えます。完成するまで、毎日のように、世界に報道されて、トランプ氏は、世界の人気ものになります。

 さて、安倍首相は、電話までして、お祝いを述べたのですから、これからの輸出輸入の会合は、押される事になるでしょう。(100%負けです)

 これからのアメリカ産の製品は、日本国民は、買わないことです。(自動車は勿論です)

何が有るのでしょうね。 米、小麦、牛肉でしょうか。
 高かろうが、安かろうが、アメリカ製品は、買わないで、他の国と仲よくすることです。
 
 阿部首相は、リオのオリンピックの時には、マリオに分し扮して登場しました。 日本人には良くわかったと思います。 外国の人には通じたのでしょうか。
 でも、誰かの提案にしても、頭が柔らかいですね。 あの首相では駄目だと言っておられる人も居られますが、東南アジアから、あちこち、走り回っておられます。 トランプ氏以上に、活躍しておられると思います。

 トランプ氏に似た人たちは、自民党以外の人が、良いかも知れません。自民党は止めて、例えば、民主党に任せるかです。(そうしますと、日本はトランプ氏以上に無茶苦茶になるかも知れません)----が---
トランプ氏と、良い線まで戦えると思います。

| | Comments (0)

2017.01.30

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(38)犯人は誰だ(6)

如何でしたか。まだまだ犯人はいそうです。次に可能性の強いのは、ロシアだろうと思っています。
 ロシアより、もっと、日本をやっつけたいと思う国は、韓国でしょう。
官民一体となって、攻撃します。
 次のブログは、裁判所まで応援して。日本は、仏像を盗んだと裁判で決定しました。
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-category-14.html

同じ様に、裁判所が、日本人を拘束して、裁判をして、刑務所に入れた事件が有りました。

韓国地検による産経新聞支局長名誉毀損起訴事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%9C%B0%E6%A4%9C%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%94%A3%E7%B5%8C%E6%96%B0%E8%81%9E%E6%94%AF%E5%B1%80%E9%95%B7%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E8%B5%B7%E8%A8%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

その最大のものは、「慰安婦問題」でしょう。
この問題は、世界中に報道されて、日本は謝罪もしないし、お金も出していない事で、知れ渡りました。
 それでも、追求の手を緩めません。婦人像は、竹島にも造られる事になっています。
 
この問題は、政府と国民を結ぶきずなになっているのでしょう。

日本は、そんなことを言うのであれば、自分の国(韓国)は、もっと、ひどいことをしたではないかとブログを作っています。

[慰安婦  ベトナム  韓国]をキーワードにして検索してください。
いっぱい見つかります。

戦争犯罪認めぬ韓国政府 賠償も進まず 韓国兵とベトナム
 http://ironna.jp/article/1498いくら、韓国の悪口を書いても、別になんとも感じない人達だと思います。
それどころか、これから世界で生き残るには、電磁波の技術は持たなければ、勝ち目はないでしょう。

 韓国も、練習中だと思います。

せめて、韓国に旅行するのは、これから、10年程は止めたいと思います。

| | Comments (0)

2017.01.29

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(37)犯人は誰だ(5)

前回、中国の電磁波の能力を次のように書きました。何等、根拠はありません。

 中国は、電磁波による武器は、持っていると思います。 しかし、アメリカ程に、正確に日本を攻撃する能力はないのではと考えます。

 軍隊の数や日本に対する憎さから判断しますと、正確に、地震を起こす為に、目下、頻繁に攻撃しているのではないでしょうか。(練習中)

どうして、この様に考えたかと言いますと、
中国で四川大地震が起こりました。現地時間(CST)2008年5月12日14時28分(UTC6時28分)に発生した地震です。
詳しいことし、次をご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87#.E8.A2.AB.E5.AE.B3

ウィキペディアでは、この地震の様子や原因を詳しく記しています。
地震が発生したこの付近は、標高5,000m級の山が連なるチベット高原から標高500m前後の四川盆地へと急激に標高が低くなる地帯であった。このような急な地形が形成された要因であり、この地震の要因でもあるのがこの付近で活発な地質活動(隆起、沈降、地震といった大地の動きの総称)である。
インド亜大陸などが乗ったインドプレートは1年間に数cmというスピードで北に動いていて、中国をはじめとしたユーラシア大陸の大部分が乗ったユーラシアプレートを強く圧迫している。数千万年前から続くこの動きによってもともとあった山塊や付加体が隆起して、ヒマラヤ山脈やチベット高原といった高地ができた。このプレートの動きは現在も続いており、ヒマラヤ山脈やチベット高原は強い圧迫の影響を受け続けている。・・・・・
被害者---国際連合の国際防災戦略(ISDR)は死者は8万7476人としている[23]。
地震により避難した人は約1514万7400人、被災者は累計で4616万0865人となった。

 私は全部読んで居ませんが、別のことを考えています。(不謹慎とも思われますが)
泉パウロ氏に洗脳された私は、地震と言いますと、震源地の深さを気にします。

その他
①深さ19km----浅い

②余震は長期間続き、5月22日までに782回観測されている[16]。中国地震局は24日までにM4.0以上の余震が173回、そのうちM5.0以上が27回、M6.0以上が4回あったと報告した。-----多過ぎる

③活動期に入っており、向こう20年程度は大規模な地震が続発する恐れがあるとの指摘もある。----活動期の言葉は日本でも良く使われる言葉です。正しいのでしょうか。

 この3つは、日本の最近の地震に当てはまります。

電磁波による地震のパターンです。

中国もそのように考えた。-----次に、実験を始めた。-----日本に対して、始めた。
 面白いほどに、日本では地震が起こった。----しかし、思った地点では起こらなかった

そこで、始めに書きました
 [目下、頻繁に攻撃しているのではないでしょうか。(練習中)]になりました。


追記---昨日読みました泉パウロ氏の[Ⅵ]には、四川大地震は、電磁波によるものと書いてありました。

| | Comments (0)

2017.01.28

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(36)犯人は誰だ(4)

軍隊の数は、中国はトップです。
 人は動物と違って、本能的な頭脳や武力は持ちませんから、どうしても、武器を持ちますと、使いたくなります。
 中国は、電磁波による武器は、持っていると思います。 しかし、アメリカ程に、正確に日本を攻撃する能力はないのではと考えます。

 軍隊の数や日本に対する憎いさから判断しますと、正確に、地震を起こす為に、目下、頻繁に攻撃しているのではないでしょうか。(練習中)

 次の文章は、前回紹介したものです。
 中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、インド(132.5万人)となっている。さらにトップ10には、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)、パキスタン(64.2万人)、イラン(523万人)、トルコ(51.1万人)、ベトナム(48.2万人)

中国の人口は、15億人。アメリカの人口は、2億人ぐらいですから、アメリカと比較しますと、156.9万人の7.5倍の軍隊があってもおかしくありません。1192.5万人です。

この様に考えてきますと、アメリカが、完成した電磁波の武器を使って、日本を攻撃している可能性の方が、強くなります。
 
 軍事力から見ますと、北朝鮮(119万人)の方が、トップですが、電磁波の技術はゼロなのではないでしょうか。

 時代遅れでも、核攻撃では、世界で、トップに成るしか、国を守る方法はありません。

ただ、拉致被害者は、被害者から直接帰りたいかどうか、映像を交えた声を聞くべきでしょう。この事件は、50年以上経過しています。
 どのような事が有っても、少々の事は、納得出来なくても、帰国出来る様にすべきでしょう。しかし、50年も経過しますと、残りの人生は、多くはありません。
 そうしますと、日本からの渡航費を政府が出して、ご家族の方が、北挑戦に行って、交流する機会を作るとか、拉致被害者が、少しでも、楽しみがつくれるような事をすべきでしょう。

 少ない資料から判断すると、北朝鮮事態も、生きて行く可能性は少ないと思います。現在のように、高く付く核兵器やミサイルを作っているようでは、お金が無くなって、食べるものも無くなると思います。

 ではどうする。 持っている核兵器を使って、アメリカと中国と韓国と日本を核攻撃をして、1000万人ほど、殺せば気が済むでしょうか。

 こんな話は、考えないで、拉致被害者の事で、北朝鮮と接触を持つべきでしょう。出来れば、食糧の援助をしても良いと思います。

 日本政府はなにかされたのでしょうか。されているのでしょうね。

| | Comments (0)

2017.01.27

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(35)犯人は誰だ(3)

前回のお話には、世界を相手に戦争をしたドイツとイタリアの軍隊はありません。

ネットで探しましたが、なかなか見つからなくて、次のブログを発見しました。

ドイツ軍、イタリア軍、自衛隊の違いについて
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11146522801
この質問に対する返答をご覧ください。

ドイツの軍隊と自衛隊は同じくらいの規・・・
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038725165
 
ここには、ドイツは、
ドイツ軍
http://de.wikipedia.org/wiki/Bundeswehr

現在活動中の人員は253,430人  予備役が355,000人 とされていますが、きっと日本と同じで、軍隊と云えない人数だけの軍隊でしょう。

日本に限って言いますと、国民は、戦争をする気は、殆ど無いと思います。

この三国には、これから先、電磁波攻撃は行われます。
特に、イタリアは、日本と同様に、地震国と威張っていますら、どんどん続くと思います。

イタリア M5級の地震相次ぐ | 2017/1/19(木) 1:22 - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6227575

イタリア中部地震 (2016年10月) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/イタリア中部地震_(2016年10月)
1. キャッシュ
イタリア中部地震(イタリアちゅうぶじしん、英: October 2016 Central Italy earthquakes)は、2016年10月30日07時40分(CET)、イタリア中部のマルケ州とウンブリア州の付近を震源として発生したマグニチュード6.6の地震である。また、この4日前の10月26日 ...
‎概要 • ‎被害と影響 • ‎出典 • ‎関連項目

イタリア中部地震 (2016年) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/イタリア中部地震_(2016年)
1. キャッシュ
このページは即時削除の方針に従い、まもなく削除される予定です。 即時削除基準: リダイレクト3-1 改名提案を経た曖昧さ回避括弧付きの移動の残骸 改名提案:ノート:イタリア中部地震 (2016年8月)#再改名提案。

イタリア中部地震 (2016年8月) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/イタリア中部地震_(2016年8月)
1. キャッシュ
イタリア中部地震(イタリアちゅうぶじしん、英: 2016 central Italy earthquakes)は、2016年8月24日3時36分(中央ヨーロッパ夏時間、日本時間では10時36分)にイタリア中部のペルージャ県ノルチャ付近を震源として発生したマグニチュード6.2の地震。

イタリア中部地震 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/イタリア中部地震
1. キャッシュ
2. 類似ページ
イタリア中部地震と呼称される地震には以下がある。 1997年9月26日にウンブリア州・マルケ州などで発生した地震、およびその前後の群発地震。 ⇒ 1997年にウンブリア州およびマルケ州で発生した地震(英語版); 2009年4月6日にアブルッツォ州ラクイラ県を ...
【週刊地震情報】イタリアで立て続けに地震発生 | ウェザーニュース
weathernews.jp/s/topics/201701/220085/
1. キャッシュ
3 日前 - 最近一週間の地震回数は約30回と前の週と同様に少なめでした。震度3以上の地震も1回だけで、非常に静かな一週間となっています。

イタリアの経済・地震もご覧ください。
ドイツも、今後、電磁波攻撃を受けると思います。もし、そうなりますと、電磁波の攻撃犯人は、
中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、インド(132.5万人)となっている。さらにトップ10には、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)、パキスタン(64.2万人)、イラン(523万人)、トルコ(51.1万人)、ベトナム(48.2万人)で判断することになります。

| | Comments (0)

2017.01.26

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(34)犯人は誰だ(2)

 次に、日本を攻撃したがっている国はと考えようとしますと、やはり、軍隊が巨大な国となります。
 これが分れば苦労しません。どこの国も、最大の秘密ですから、実態は分りません。軍隊を大きくする為には、軍人の数と、兵器になります。
 次のブログを参考にします。

「世界の軍事力ランキング」国別の現役兵力/軍人数(2012年)【国際戦略研究所】
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-103.html2011年現在、現役軍人の数が最も多いのは中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、インド(132.5万人)となっている。さらにトップ10には、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)、パキスタン(64.2万人)、イラン(523万人)、トルコ(51.1万人)、ベトナム(48.2万人)が入っている。

 日本の軍人(自衛官)数は24.7万人で世界22位。同水準のドイツ(25.1万人)、フランス(23.9万人)の総人口が日本の半分〜7割程度である事を考えれば、日本の自衛隊の兵力は相対的に小さいと言えるだろう。そのため、現在の自衛隊の兵力が適正なのかどうかについては、様々な意見がある。

 以上のデータが正しいとしますと、日本を攻撃しよう(将来攻撃する国ではありません)としている国は、中国(228.5万人)で、次いでアメリカ(156.9万人)、北朝鮮(119万人)、ロシア(95.6万人)、韓国(65.5万人)と言うことになります。

この内、北朝鮮は別だと思います。何故かと言いますと、あの大きなミサイルに水爆を積んで飛ばしているのは、北朝鮮だけです。
 お金が掛かるのに、あのようなものをどんどん飛ばして、実験を繰り返しているのは、北朝鮮だけです。しかし、大国でも、手が出せないのは、北朝鮮が、全員死んでも良い覚悟でしているから、隣の韓国も中国も強いことは言えないです。

 北朝鮮は、現在の世界で、一番強い国だと思います。
何故かといいますと、
又かと思われるでしょうが、泉パウロ氏の「Ⅴ」によりますと、現在の兵器は、
電磁波兵器とプラズマらしいです。
プラズマという兵器が、どのようなものかは、泉パウロ氏の「Ⅴ」が分り易いですが、頭の私には、どれぐらい恐ろしいのかは、理解出来ていません。

水爆でも、恐ろしいのに、電磁波兵器とプラズマの二つは、前者は、おそろしい上に、脳がやられるのは、間違いないでしょう。電子レンジと同じものだからです。
後者は、恐ろしくありません。手品のように、一瞬に私は消えるのですから、日本が潰れようが、考える以前の話になります。

殺そうとしている国だけが残って、さぞ、素晴らしい国になるでしょう。

その実験をアメリカの大統領が始めました。
日本は、アメリカの国の米を買わないと、関税を75パーセント位掛けて来るでしょう。払わなかったら、電磁波が、知らぬ間に、降り注いで、首都消失となるでしょう。

 信じた人は、首都から離れるでしょうが、残った人は、全員死ぬことになります。
そうしますと、アメリカの車を買うことが出来る首都は消滅するでしょうが、私はそのような先には、生きていませんから、考える必要もありません。

と云う事で、どんどん、ボケが始まった私が予想するのは、犯人は、アメリカとなります。

| | Comments (0)

2017.01.25

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(33)犯人は誰だ

 少し、泉パウロ氏から離れて考えてみようと思います。

昭和19年 隠された東南海地震 人工地震の証拠 消されたNHK元アナウンサー夫妻
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/5f1a790b7c71d93d480a9ada8c727dff
 
2011年8月10日深夜NHK名古屋放送局の制作した『封印された大震災~愛知・半田』という終戦記念日特集NHKスペシャル番組が全国ネットで放映されました。そのときも一度UPしましたが再度紹介します。人工地震というと まさか と思う方がまだおいでになるとしたら....人工地震の古い歴史をどうぞ ご検証ください。

番組内容(ユーチュウブはすでに消されていますが 下記リンクにUPされています)

愛知県 半田市 中島飛行機の工場では1400機もの世界最高水準を誇る戦闘機がつくられ 戦争初期 日本は快進撃をつづけた。 ところが アメリカの物量作戦にあい戦局が不利になると 国は戦闘機の2.5倍の増産に踏み切った。 熟練工が出陣するなか 学徒が全国から集められ 半田に送られ戦闘機の製造にあたった。国のためにという思いで 学徒動員の生徒たちは劣悪な労働環境 味噌汁とごはんという食事で 毎日12時間以上の長時間労働に従事した。生産戦士と持ち上げられ 軍の無謀な生産計画を担ったのである。

ところが 昭和19年 12月7日 夜午後1:36 M7.9 関東大震災に匹敵する地震が東海地方を襲った。最大の被害は 半田市の中島飛行機の工場だった。非難しようとしたひとびとの上に壁が崩れ落ちてきた。 くるしい たすけて おかあさん 生き埋めになった生徒たちの声。凄惨な光景だった。 学徒96人を含む153人が亡くなった。実にこの地震の被害者の10%を超えたのである。
 以下省略

この地震の起こったのは、昭和19年 12月7日 夜午後1:36でした。
この時は、日本は、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ、中華民国、フランスと戦争をしていました。

この文章は、ウィキペディアに因るものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6
 私の知っている歴史は、日本は、満州を統治していました。(これは不法侵入徒の意見もあります)  ソビエト連邦は、南下して、満州に迫ってきたので、朝鮮半島を守るために、満州に軍隊を派遣した。(これが私の歴史知識です)
 ところがある本に拠りますと、ソビエト連邦が参戦したのは、終戦一週間前だったとされています。(1945年(昭和20年)8月8日に、ソ連が日本に対して行った宣戦布告を言う)
 宣戦布告と同時に、広島と長崎に原爆を落とすことに賛成しています。
それだけではありません。原爆投下直ぐに、広島と長崎に調査団を派遣し、其の時の映像を日本政府に渡しました。
 ロシア 原爆投下後、広島・長崎でソ連代表団が撮影した映画フィルムを日本に譲渡
https://jp.sputniknews.com/japan/201606172322584/

ロシアは親切ですね。どの程度、日本はやられたか、f 資料がないだろうから、くれたのでしょう。

 深読みをした人のブログが有ります。
広島、長崎 原爆投下後の動画 ロシアに政治的意図は?
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160805-OYT8T50048.htmlこの資料を見て、腹をたてたメディアは無かったようです。

今後、逆らうと、これの3000倍の水素爆弾が飛んできますよと言うことでしょうか。このようなものを落として、日本人を殺しても、後は、済むことはできません。

しかし、これより恐ろしいものは、電磁波兵器だと思います。

ロシアは、これを最初に開発した国だと思います。

と云う事で、犯人の可能性のある国です。

電磁波攻撃とは関係ありませんが、知らない人は、是非とも、一度は、勉強してほしい事柄です。

シベリア抑留
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%8A%91%E7%95%99
安倍首相は、このような国とは、仲よくしないと、第二次世界大戦以上の事が起こると心配して居られるのでしょうか。

 始めから、勝ち目がない国の一つだと思います。北方領土等、100年程、無料で貸す事にすれば良いと思います。

| | Comments (0)

2017.01.24

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(32) 殺される

 浜田氏は、殺されたと思っています。こんなことを書いています私も殺されると思います。
最後に、もう一度書いてやめようと思います。

浜田氏は、一番問題ない死に方は、心臓の病気か、脳梗塞です。
本当に、心筋梗塞か、脳梗塞かは、死んでからでは、解剖しても確定するのは難しいと思います。
 数時間前に、健康であった心臓と脳は、検診位では判らないでしょう。では、組織を検査しても、それほど、短時間に組織が変化したのであれば、顕微鏡を使っても解らないと推理します。
 しかし、他の臓器を丁寧に調べますと、死に至るには、心臓と脳以外のところに変化があれば、そちらの方から、死因を確認することは可能です。

新聞報道を短期間に、変更したと言うことは、変な腹上死という診断を付けなくても良かった筈ですが、本当は、警察が検視をしなくてはいけないのに、事件としたく無かったのだと推察しました。

もう一つの殺されたの根拠は、殺される数日前の浜田氏は、最高の日を過ごして居られました。

殆ど、会社は倒産の状態であったのに、二機目の飛行機の購入が、可能になりました。
倒産を立てなおす為の、購入でしたが、そんな会社にお金を出す人は無いでしょう。

しかしあったのです。
そのことを知っている人は、確か、10数人の人がいます。

その10数人の人と別れて、浜田氏は、4日後に行われる二機目の飛行機の購入の為に、東京へ向かいました。正式に契約を結ぶことになっていました。

 そして、死ぬことになります。

 どうして死んだかは、新聞報道では、腹上死でした。 これで、殺されたとの疑いは、飛んでしまいました。

7月14日に亡くなられる方は、5年間でしたら、いくらでもおられるでしょう。
偶然もあるでしょう。

しかし、同じ会社の社長が、不思議な死因で、亡くなられた事は、残されたご遺族の方の苦しみは、今でも、続いていると思われます。

| | Comments (0)

2017.01.22

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(31)その後の浜田氏

浜田氏の報道は、違った報道に成りました。確か、ホテルではなくて、女性の家で、亡くなられたような報道だったと思います。同じ紙面だったかどうか忘れましたが、死因は腹上死というタイトルだったと思います。
 その時の、報道は、現在残っていませんが、腹上死に対する読者のコメントは、残っており、書かれたコメントに対して、けしからんコメントだとのコメントがあり、延々とコメントが続いているのが、今も残っていると思いますが、丁寧に全部読みました。

 それにしても、ひどい世の中ですね。始めの新聞記事は残っていませんから、腹上死の記事のみが、本当のこととして、延々と残ることになりました。

しかし、このようなことに腹を立てても仕方がないなと、いつしか忘れていましたが、
始めに書きましたように、浜田氏が亡くなられた後に、社長をしておられた中村氏が、亡くなられた報道が有りました。
 それを知り、関係が有った方でしょう。お悔やみのブログを書かれました。

エアドゥーの初代社長逝去
http://shinka3.exblog.jp/2332353/

ここに、中村氏と浜田氏が亡くなられた日が書かれていました。浜田氏と五年の歳月が有りますが、
お二人とも、 7月14日でした。

忘れていた浜田氏の事を思い出しました。

あれ、これはお二人共殺されたのだとの思いがよみがえりました。

| | Comments (0)

2017.01.21

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(30)

 エアドゥー(AIR DOの関係者(中村、浜田氏)の在籍には、5年の歳月の違いはありますが、お二人とも、7月14日に亡くなられたことを書きました。
 それは、偶然だろうと云えばそれ迄ですが、気になるのです。

何故かと言いますと、浜田氏の事は、以前に、三回ブログに書いています。
首つり自殺3件
歴史を知らない日本人(247) 如何にして戦うか(192) 建国(115) 人工地震(44) アベノミクス(20)首つり自殺
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-14

歴史を知らない日本人(248) 如何にして戦うか(193) 建国(116) 人工地震(45) アベノミクス(21)首つり自殺(2)
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-15

歴史を知らない日本人(249) 如何にして戦うか(194) 建国(117) 人工地震(46) アベノミクス(22)首つり自殺(3)
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-22

三題とも、タイトルが良くありません。意味不明のタイトルですが、最後は、共通して、「首つり自殺」です。
投稿した日付が、近いです。 なんだか、自分で読んでも、意味不明のことを書いていますが、この間、今までに、考えたことのない首つり自殺に付いて、ネットで調べた事を書いています。

最初の歴史を知らない日本人(247)は、意味がお分かりにならないと思いますが、この記事を書く、2~3日前に、新聞に「浜田輝男氏」が、ホテルで首つり自殺をして死亡したと掲載されていたのを見ました。

ところが数日後に、私が見た筈の報道は、無くなっていました。どうして記事は無くなったのだろうと気になりました。首つりではなかったのだろうと、首つり自殺のブログをどんどん読んで、書いたのが、三つの記事でしたが、 この件は、真実は自殺では無いだろうと思い、では何だと言いますと、誰かに殺されたのだろうという思いになりました。その根拠は、最近のホテルは、首つりをするような場所がないことを知りました。

 しかし、首つり自殺だったことを書きますと、報道が消されたのと同様に、私自身が殺されては困るので、そのことに注意した記事を書いています。すると、自分でも、訳のわからない文章になっています。
 ところが、私のコンピューターには、調べた事は沢山残っています。 が、ブログにはその後書かなかったようです。どのようなデーターが有るかと言いますと、殺そうとしますと、同業者が殺してでも、安売りのエアードゥー(AIR DO)を潰そうとしたと私が勝手に想像して、リストアップしますと、沢山の会社名が集りました。では、その中で、経営状態の悪会社を調べてと思っていましたが、その後、調べ無かった様に思います。これを続けると、私が殺されるなと思いました。 今から考えますと、田村氏がどうして亡くなられたかは、どうでも良い事だったのです。

| | Comments (0)

2017.01.18

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(29)

 泉パウロ氏の話題ばかりですので、別のことを書きます。
というものの、私は普通の生活をしていますから、資料の元になるものは、新聞記事とネットだけになります。

エアドゥーの初代社長逝去
http://shinka3.exblog.jp/2332353/
 少し、この記事の一部を記します。

エアドゥー(AIR DO)という航空会社は正式には北海道国際航空というのだそうですが、札幌に本社のある航空会社です。北海道では知らない人はいないほど有名な会社ですが、東京などではほとんど知られていないようです。

 中略

 そのエアドゥーの初代社長、中村晃さんが今月14日別宅のマンションで亡くなっていたというニュースが流れました(HTBニュース)。

 葉山の別宅にこもり、自伝の執筆作業をしているうちに、なにかをのどに詰まらせて呼吸不全になっての孤独死だったとのことです。
 それがこの7月14日。

 実は、エアドゥーの事実上の創業者だった浜田輝男氏も5年前のエア・ドゥ-2号機就航からわずか4日後に東京の「別宅」で急死しているのですが、その日が奇しくも7月14日だったのです。

中略

最後まで読んで頂きますと、

「改めて、お二人のご冥福をお祈りいたします「」 と書かれてお悔やみの文章であることが分ります。

それがどうしたと聞かれるでしょう。日本を攻撃している人達は、次のことを楽しみにしているようです。

①日付に、拘りが有ります。---エアドゥーの二人の社長の死
②攻撃をするときは、いつするかを知らせします。---東日本大震災---38年前に、小松左京氏を利用して、知らせました。 そうとは知らない日本人は、映画にしてまで、楽しみました。
③攻撃をしている人は、イルミナティという組織の人で、世界征服を目指している‐―――泉パウロ氏の説明

何度も本を読んでいますが、イルミナティという組織という実態が分りません。

私が理解しているのは、世界中に組織の人がいるようです。一番多いのは、アメリカの様です。
外には、韓国---(TUNAMI)という映画を制作。北朝鮮。日本では、政治家、自衛隊員など。

泉パウロ氏以外では、イルミナティについて、本を書いている著者と印刷会社です。

では、どうして、-エアドゥーの二人の社長が、殺される事になったか、お解りですか。

それは、-エアドゥーという会社が、どのようにして作られて、どのような経過を取ったかをネットで調べますと、誰にでも、判ると思います。

| | Comments (0)

2017.01.17

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(28)

平成29年の1月は、全国的に寒波に襲われました。気象庁の報道が異常でした。始めは、日本海側だけでした。ところが、北海道も入りました。
北海道の雪は、報道しなくても、一月は一番寒い季節です。しかし、北陸と同じ様に積雪するでしょうか。
 記憶がいい加減ですが、報道は、東北全体に拡がりました。電磁波ばかり言っている私は、北陸ではなくて、青森、秋田、岩手などの北日本が攻撃されるだろうと思っていました。
 ところが、普通のメディアは、雪下ろしで、雪に埋もれて亡くなられたご婦人の死亡を伝えました。次に、男性の死亡が報道されました。気象庁が重視していた北陸かなと思って記事を見ましたら、長野県でした。
 長野県の注意報は出されていませんでした。出されておれば、早い目に雪降ろしをするとか、複数の人で、作業された筈です。長野県の積雪が多かったのでしょう。

 昨日(15日)の夕刊は、寒波は16日にまで、ずれることが報道されていました。16日の朝刊では、雪に因る死亡者は、全国で、4人に増えています。
 そして、この寒波は、全国的なものであるとの報道に変っています。
 雪関連の注意報ではなくて、広島市では、19センチの積雪で、昭和59年以来、33年振りの寒波積雪、しかも全国的でした。
 全国的に、寒波であるとは本当かなと、疑っていましたが、本当でした。

 しかし、33年振りの寒波であることが分っていたのならば、そのように注意報を出せば被害は起こらなかったと思います。
 ただ、低気圧と高気圧の位置だけによる判断では、30年ぶりとは、注意報は出せませんが、電磁波が、強いことを報道すれば、防げた災害であった筈です。

気象庁の判断は間違っていたことになります。本当に、低気圧と高気圧の位置関係だけで、寒波になるという判断になったのでしょうか。
 もし、電磁波の観測結果も加味されたものだったのでしょうか。
若し、そうであれば、
「電磁波の資料によると、予測出来ないほどの寒波になる可能性があります。日曜日ですから、急ぎの用事がない限り、外出は避けましょう」ぐらいの予報をして居れば、車の渋滞は避ける事は出来たでしょう。車による事故も一杯報道されました。

大雪になるから、予定に無かった人までもスキーに出かけられた可能性もあります。

電磁波の照射が多い時は、外出をやめませんと、こうした災難に合わなくても、全員が、脳梗塞になったり、認知症に成る可能性が有ると思います。

 一番問題は、若い人の生殖障害が増えて、毎年、10~20万人の人口減少となると思うのですが、5年に一回の調査だけではなくて、毎年、生れた人の調査はすべきだと思います。

そうしませんと、小松左京さんの『首都消失』ではなくて、『日本消失』になる可能性が高くなります。

 ちょいと、泉パウロ氏の本の読み過ぎかもしれません。

| | Comments (0)

2017.01.16

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(27)

 泉パウロ氏の著書は、四冊目になります。タイトルは

地球ファシズムへの策謀

すべてを暴露する「イルミナティカード450枚」の人工予言+完全解析」
3・11人工地震ではなぜ日本は狙われたか「Ⅳ」   泉パウロ

カードゲームが売りたされていたらしいですね。そのカードには、写真や絵と短文が書かれてあるのですが、利用している内に、洗脳されて、フリーメーソンが計画していることに便乗してしまうように仕組まれたものらしいです。

 一枚ずつ、解説を書いて居られるのですが、頭の悪いわたしは、意味が分らないので、きっと、騙されることは無いでしょうが一般の人は騙されてしまうと言うことらしいです。

このカードの特徴も、映画やコンピューターで起こることが予告されています。
先日おはなししました人工地震と津波は、38年前の「地球沈没」という小説に詳しく書いてあったのです、小説に書いてある通り、同じ月日時間に、東日本書紀大地震が起こったことは、確かなのです。
 ネットを読んでいましたら、「地球沈没」を書かれた小松左京さんは、御自分が、いろいろ考えて、推理された小説の通り、地震が起こったので、さぞ、満足して亡くなられただろうと、コメントを書いて居られました。

小松左京さんは、地震が起こって、暫くして、病気になられて、亡くなられた事が報道されています。

 私は、逆で、一杯書かれた小説の大半が、そのまま、現実に起こりました。沈没はしませんでしたが、厖大な方が亡くなられました。

 小説は、最大に評判がよくて、最大に売れたと記されています。

小松左京さんは、書かれた内容の半分以上は、提供されたと、ご自分でご存じだった筈ですから、早く気が付けば、皆さんに危険信号を出す事ができたのにと思われ、苦しみながら、亡くなられたのではないかと、不謹慎なことを考えました。

フリーメーソンの攻撃は、未だに続いているのではないかと考えますが、私も泉パウロさんに騙されているのでしょうか。

| | Comments (0)

2017.01.14

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(26)

 これだけ電磁波で日本は遣られていると書いても、そんな馬鹿なと思われるのでしょうね。
 私の文章の書き方が下手なのかもしれませんが、読まれる方は、50人ぐらいでしょうか。

電磁波の所為で、雨が降ろうが、竜巻が起ころうが、どうでも良いのでしょうね。

しかし、人為的に突然、首都がなくなるのは困るでしょう。
首都がなくなるのは、小松左京さんに言わせますと、『首都消失』となり、本を出版されました。
 それのもう一つスケールの大きいのが、『日本沈没』です。
これは、日本には住む人が居なくなるだけではなくて、『日本沈没』は、海に沈んでしまって無くなりますから、世界地図から消えてしまうことになります。

 このようなことを
泉パウロ氏が、3.11人工地震でなぜ日本は狙われているのか(Ⅲ)に書いて居られます

それは、43年前に書かれた『日本沈没』に書いてあるのです。
この本は、執筆から発売までに、9年間要したと書いてありました。

『日本沈没』を私が読んだのは、何時か記憶にありませんが、出版されて間もない時だったと思います。
 これは、いくら小説家であっても、科学的な知識がないと無理だなと思いました。書いてあることの知識は、殆ど、アメリカから資料を貰ったのだなと思いました。
 それにしても、上手く書いて居られます。
 ご自宅は直ぐ、近くですし、素晴らしい作家だと思っていましたが、なぜか、その後、出版された本は読みませんでした。
 ネットで見ました所、400冊ほど書かれたとありましたが、それ以上のようにも思えるのと、いろいろの方面で、ご活躍で多才な方であったと思いました。

 泉パウロ氏が、指摘されたのが、『日本沈没』と東日本大震災とが、ほぼ、内容が同じであるという指摘です。

130ページには、意味が良く解りませんが、イルミナティカードに311の日程が書かれていたとあり、同じカードに阿蘇山と富士山の噴火の絵が同じカードに書いてあります。

頭の悪い私は今も続いている熊本の地震を連想し、富士山の爆発を話題にした本を、発売直ぐに、買ってしまいました。

どのような地震が起こっても、自分で、対応出来る様に、準備が必要と思います。

| | Comments (0)

2017.01.11

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(25)

 「日本沈没」という小説が有ります。
 著者 小松左京  発行日 1973年(昭和48年)

これを原作として製作された映画(1973年と2006年)、テレビドラマ(1974年)、ラジオドラマ(1973年と1980年)、漫画(1970年代と2000年代)などがあります。

もう、43年も前の事ですから、殆どの方は、知らない小説です。

ここに書いてある事と同じことが、2011年(平成23年)3月11日午後2時46分に、東北の太平洋岸で地震と津波が起こりました。

東日本大震災と呼ばれています。

どれぐらい同じであるかは、泉パウロ氏が、3.11人工地震でなぜ日本は狙われているのか(Ⅲ)に書いて居られますが、当時、同時に人気あったワンピースという漫画も、似たような意図があったという記事が書かれており、理解をより困難な物にしています。

 それでも、「日本沈没」には、発効から38年後なのに、書いてある地震が起こった年と月と日まで、予言したかのように、東日本大震災が起こったと記されています。

私が説明するよりも、ご自分で読んで確かめてください。

簡単にまとめを書いたものが、ネットにありましたので、書いておきます。



彼らの計画を破壊しよう 

泉パウロ著『3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか[III]』(ヒカルランド、112~113ページ)において、興味深い指摘があったのでご紹介する。

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda4/857bARufG7Z4o35724.htm

| | Comments (0)

2017.01.10

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(24)

泉パウロ著の三冊目の本には、バミューダトライアングルのことが書いてありました。
バミューダトライアングルの事は、謎といっても良いかもしれませんが、泉パウロ氏が書かれた三角地帯では、電磁波による日本攻撃があったことを指摘して居られます。
 
 これは大発見ですが、これまでに、起こった地震の場所は分っていますが、三角形を見つけることは不可能に思われます。
 
 泉パウロ氏は、誰かにヒントだけでも、教えて貰ったことになります。誰だと云えば、起した人しか分らないでしょう。
 と言うことは、泉パウロ氏は、そうした人と懇意な関係にあると言うことになるでしょう。
 さて、その先は、ご自分でお読みください。

続け、泉パウロ氏は、続けて、電磁波によって、竜巻が起こると書いて居られます。起こるだけではありません。
理論的にはも簡単に起こるとされています。
 起こった所では、東北大地震で被害に遭われた方が、集団で、受け入れて貰って、避難生活をして居られます。
 
電磁波で日本を抹殺しようとしている人達は、東北大地震の人は、なんら罪は無いのに、攻撃をしていると書いて居られます。

この記事も、攻撃している人から、教えて貰わないと分らないものだと思います。

ネットで、「電磁波  竜巻」をキーワードにして検索しますと、一杯ヒットしますが、
 電磁波で、起せるとは限らないようなコメントが書かれています。

①先日、千葉県で竜巻が発生しましたが
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1161019851


②電磁波竜巻

http://blog.goo.ne.jp/pekekarimama/e/f9150c86067fdb1d322ccf4fb9507bb1


私の記憶では、ここ一年には、竜巻の報道は多かった様に記憶します。
その竜巻が、電磁波の所為だと 報道したのは、ゼロだったように記憶します。

それ以前は、あまり記憶に残っていません。

| | Comments (0)

2017.01.09

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(23)

 一昨日から、泉パウロ氏の三冊目の本を読み始めました。
タイトルは
「政府は東京直下型人工地震」で
恐喝されていた 3・11人工地震でなぜ日本は狙われたか[Ⅲ]
福島原発の地下で核兵器が製造されていた
泉パウロ
日本のイルミナティ26000人のトップ、セムメーソン、大正天皇家扶桑会-----
うら社会のすべてを知る人物への国家非常事態
緊急インタビュー敢行!

以上の活字が、表紙一面に書かれています。

目次のタイトルを書いてみます。

第Ⅰ部 これでもまだ疑いますか/人工地震のさらなる決定的証拠
 HAARP攻撃中
HAARPがすべてを可能にした/自然災害を装う攻撃

バミューダトライアングルはご存じですか。
http://know-space.net/bermuda-triangle.html
 
バミューダトライアングルをキーワードにして検索しますと、一杯出てきます。多くのブログは、原因の究明に挑戦して居られる様です。
どのようなお話かは、上に記したブログが分り易いと思います。

バミューダトライアングルの場合は、沈没した船の残骸が、今でも残っているのでしょうか。写真が掲載されています。

これまでに、起こった船や飛行機の事故で、原因が分らないケースを調査しますと、三角形と関係があるという不思議なお話です。

この不思議な話が、最近に起こった津波や地震にあてはめて、検討を加えた所、地震の震源地が、正三角形の中に収まっていると、著者は述べておられます。

本は、どのような調査をした結果、正三角形と関係あるとは、書いてありませんが、科学書ではありませんから、書かれてある程度で、信じても良いのではと考えます。

この点が、
タイトルの「これでもまだ疑いますか/人工地震のさらなる決定的証拠」に現われています。

と云う事で、私にとっては、この三冊目の本は、恐ろしさは一番ひどいように思われます。

後は、ご自分で、購入して、お読みください。

 この本は、読みますと分りますが、おかしい所だらけです。私が家に有る地図に、正三角形を書くのでしたら出来ますが、それでも、難しいでしょう。どうして書きますか。唯の正三角形であれば、コンパスがあれば簡単です。
 地球の上に三角形は書く事が出来ませんから、例えば、私の家の位置を私が測量することは不可能です。
唯、大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 ですと、ネットで、検索しますと、直ぐに地図が表示されます。しかし、これは豊中市役所です。普通は、同じ番地で、数軒の家が有ると思います。
 ですから、私の家の位置は自分の持っている地図で指摘することは出来ません。

このように家のある所ですと、この道の角というように説明出来ますが、海の中で三角縁神獣鏡系の頂点を図示することは不可能です。

泉パウロ氏は、すべて、自分が発見されたように文章を書いて居られます。

このように疑ってかかりますと、この三冊目の書物は、これだけ書けばだでも、納得するだろうという仕組みになっています。

誰が一番知っているかと言いますと、HAARPで攻撃中の人であれば、分ります。

攻撃していない人は、バミューダトライアングルは知っていても、この本にかいてあるような文章の展開にはなりません。

泉パウロ氏は、この本で、誰でも信じれるだろうと、自信満々で記事を書き始めましたので、信頼於ける本となりました。
 でも、おかしいですね。HAARPで攻撃中している人と、泉パウロ氏は、懇意な中で有ることが分りました。

HAARPの謎を知った段階で、HAARPで攻撃している人の仲間になりました。

以上は、私が読みながら思ったことです。
まだ、5分の1ぐらいしか読んで居ません。

私はこれは、確かな証拠だと思いましたが、世の中には、まだ、HAARPで攻撃などいう馬鹿げたことはないと思う人が居られたらしく、泉ロパウロ氏は、7冊目まで出版されました。

この本の最後のページに、他の本の宣伝がしてありました。
タイトルは
地震兵器も投入闇の世界権力の「日本沈没計画」を阻止せよ

が有りました。読んで居ませんでしたから、先ほど購入しました。
この本は8冊目の本ではなくて、4冊目の本だったことが分ります。

「日本沈没」と聞けば、どこかで聴いた話だなと思われる人は多いと思います。

きっと、イルミナティと関係があるのでしょう。

| | Comments (0)

2017.01.07

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(22)

 ここ10年来の日本は、何か、世界に対して、悪い事はしたでしょうか。
ここ三年間は、これまでにない自然災害がおこりっぱなしです。

最大は、東北沖の3月11日の最悪の地震でしょう。
まだ、復興は終っては居ません。福島から漏れた放射能は、メディアのお陰で、うやむやにされてしまいました。
 今後、東北の皆さんにどのような影響が出るかは、誰も、検証しませんから、分らないことになります。

 こんな事さえ、忘れてしまえば、日本は立ち直ったことになります。

外国の人から見れば、この度重なる困難に、何時も立ち直る国民性が恐ろしいのではないでしょうか。

第二次世界大戦は、なに一つ歴史を知らないで、当時の政府ではなくて、日本軍が、無茶苦茶をしたから、世界から、叩かれたのだと思っていました。

しかし、数冊の本を読む事によって、この歴史観は間違っていたのではないかと考えるようになりました。

読んだ本
①スメリカの鏡・日本       ヘレン・ミアーズ著

②戦争犯罪国は、アメリカだった! ヘンリ・S・ストークス著

③日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと   高橋史朗
  こうして日本人は国を愛せなくなった 


多くの日本人が、中国、韓国、東南アジア、アメリカに、迷惑を掛けたと思っていたのに、それは間違っていますよと書いたのが、

アメリカ人のヘレン・ミアーズでした。

イギリス人のヘンリ・S・ストークス 

 でした。

 そんなことも知らないで、アメリカの図書館で、戦後になっても、日本は、アメリカのお世話になったことを、厖大な書類から、見つけ出し、書いたのが、日本人(高橋史朗)でした。

教育の恐ろしさを教えて貰った私は、小学校 6年、中学校3年、高校 3年、大学4年
16年間も、アメリカの教育方針で、いろいろと頭に叩き込まれました。


立ちあがれない筈の日本が、やっつけても、やっつけても、立ち上がるのは、おそろしいというよりは、気持ち悪いのだと思います。

 現在は、中国と韓国とアメリカが、今度こそは、壊滅させようと思っていると考えますと、すべて、納得が行く-----これがアメリカが教えてくれた物の考え方だと思い始めています。

一言で表現しますと、自分より上の奴はやっつけませんと、いつかは自分がやられると言うことでしょうか。

 しかし、こんなことを考える日本人はいないでしょう。

そんなことを考えなくても、「辛抱すれば」、すべて、神が解決してくれます。

| | Comments (0)

2017.01.06

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(21)

 日本とユダヤ人の関係は、勉強して戴きましたか。

ネットは、簡単になんでも教えてくれます。
すぐに、判った気になるのですが、考えていませんから、直ぐに忘れます。
私のように76歳になりますと、頭の上に上げたメガネを探す事になります。

 面倒ですが、本を買ってみることです。図書館は駄目です。


私が読んだ本を書いておきます。
①ユダヤと日本 謎の古代史      M・トケイヤー著

②大和民族はユダヤ人だった      ヨセフ・アイデルバーグ著

③日本神道に封印された コダイユダヤの暗号   月海黄樹 / 石沢貞夫

④大和民族ユダヤ人説の謎を追う     ヨセフ・アイデルバーグVS 松本道弘

⑤縄文の神とユダヤの神        佐治 芳彦

⑥聖書に隠された  日本・ユダヤ 封印の古代史「2」「仏教・景教篇」
                  久保有政  ケン・ジョセフ
                  解説 ラビ・マーヴイン・トケイヤー

⑦悪魔の秘密結社 「イルミナティ」の黙示録  泉パウロ

⑧失われた原始キリスト教徒 「秦氏」の謎   飛鳥昭雄・三神たける著

外、泉パウロ氏著   3・1「人工地震説の根拠」衝撃検証  外、6冊

| | Comments (0)

2017.01.05

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(20)

 日本とユダヤ人の関係は、勉強して戴きましたか。

 ユダヤ人の長い歴史からしますと、唯一、確かなのは、日本の天皇家に、残っている。即ち、ユダヤ人は、日本を大切にしませんと、自分達の歴史は知ることが出来なくなります。

 それが正しいとしますと、現在の様に、攻撃をしますと、日本は壊滅してしまうことは、確かだと思います。
 それでも、電磁波攻撃をするということは、日本か潰れない程度に、攻撃して、人口が減った時点で、日本全体を乗っ取ろうと言うことでしょうか。

 早くしたいのでしょうね。 東北沖大震災の時は、始めに、2200万人が、死ぬように計画していたことが、二冊目の本にチラッと書いてあました。?
実際には、15800人の方が亡くなられた。そして、3000人以上の行方不明の方が、見つかっていないことになります。

 二冊目の最後の方には、人口削減のことが書いてありました。

 私は、それが目的で、50年後には、半分位にるのではないかと、予想していますが、数学が苦手ですので、いい加減な計算です。

人口が減ることを問題にした人が、他に居られました。 それは、産経新聞の人です。

29年1月4日の産経新聞の主張(社説にあたるコーナー)

出生数100万割れ
首相は「非常事態」宣言を
人工減に耐える社会を目指せ

とのタイトルを掲げていますが、 このタイトルですと、なんのことか分らないでしょう。

あまり読んでほしくないが、少し、お正月から言っておきたかったことになります。(3日間は辛抱された?)

どうして、出生数が減ったかの理由は書いていません。勿論、電磁波で、子供が産まれなくなるなどは、書いていません。

理由を 二つ上げています。
①国民の多くが結婚を望み、子供を持ちたい考える所に希望がある。
 今の若者は、考えていないというデーターを持っておられるのでしょう。

②出生が減り続けることを前提とした社会づくりだ。
 これ又、産経新聞では、今後、出生が減り続けることの資料を持っておられる様です。

一度、お読みください。いつも、素晴らしい提案を記事にされる産経新聞とは思えない社説です。

 人口減少の原因を電磁波を抜いて、出生が減り続けることの説明をできる人はおられないでしょう。
 
提案ですが、何事も、原因を調べるには、データーが必要です。
もし、電磁波が来ることを予測できるのであれば、現在地震が起こっている府県は、3~4年前から、
赤ちゃんの出生数が減少している筈です。
 これで、原因の可能性が有るのであれば、電磁波が、どれぐらい照射されているのか、海水の温度、気温等、すべてのデーターが必要です。

メディアの人が、記事に出来ない理由は、やはり、記事にすれば、殺されるからでしょうね。

| | Comments (0)

2017.01.04

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(19)

 「日本人  ユダヤ人」をキーワードにして、検索してください。
驚く程、一杯記事がヒットします。

 10個ほど読んでください。 どうやら、日本人の先祖は、ユダヤ人の様です。

きっと、読んでも、信じられない様な話ばかりです。
私が、このようなことを日本人の誰かにお話しすると、感心したふりをして、きっと、私がボケが始まったと思われるでしょう。
 
 このコメントは、少し乱暴かもしれません。話が、下手であれば、少し、おかしくなった位は思われるでしょう。

 「貴方は、日本人の先祖は、ユダヤ人であることを知ってますか」とアンケートを取りますと、5段階位の返事を用意しておきますと、知らない人が多いと思われます。

 日本人であれば、良く似ている中国の人や韓国の人でも、少し間違えることがあっても直ぐに判ると思います。
 何故かと言いますと、ユダヤ人といわれる人は、私は一目みただけで、アメリカやイギリスの人のように思っていたのですが、どちらかといいますと、血液で分類すると日本人に近いらしいですね。
 きっと、自分はユダヤ人と思っておられる人でも、本当は、ユダヤ人はどのような人をいうのか判っておられないのだと考えています。

 「日本人  ユダヤ人」をキーワードにして、検索してくださいと書きましたが、読んで頂けましたか。

| | Comments (0)

2017.01.03

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(18)

 泉パウロ氏の二冊目の本を続けて読んでいます。
 
 その後は、殆ど、泉パウロ氏の自信満々の文章が続きます。

電磁波の攻撃の事でなくて、この完璧な攻撃に対処する術はないように書いてあります。

そこで、救われる道は、聖書に書かれてある通り、キリスト教を信じて、行動するだけで、救われるというお話が書いてあると思います。

途中、私には、聖書に書かれていることの分析のお話は、頭がおかしそうに鳴るので、飛ばして読みました。
 このような人間は、電磁波の攻撃を避ける事が出来ないのでしょう。

昨日の新聞に、火事の記事が掲載されていたように思います。
電磁波の攻撃だけではなくて、火をつける人が増えるでしょうね。

こうなりますと、出来る事と云えば、自分の家の周りは、きれいにして、火をつけようとしても、燃えやすい物がない様にして防衛するぐらいしかありません。

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのかは、私の考えを、泉パウロ氏から離れて明日から、書いてみようと思います。

| | Comments (0)

2017.01.02

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(17)

 二日前から、久しぶりに泉パウロ氏の二冊目の本を読み始めました。
以前に一回読んだのと、先日、一巻を読んだ後に、50ページ程読んだのに、なにが書いてあったか、全て忘れています。
 自分のボケが進んでいるのに、がっくりです。

本当かデマか
3.11か
 「人工地震説の根拠」衝撃検証  泉パウロ著
を元にして、電磁波による日本攻撃が本当であることを書きました。
 しかし、このまま、続けて書いていると、身の危険を感じて、次第に過激なことは書かなくなり、とうとう、泉パウロ氏の本を借りて、文章を書くことは止めてしまいました。
 
 しかし、やはり読んで見ようと二冊目に取り掛かったのですが、序文を読んでいましたら、船井幸雄氏が書いて居られました。
 この方は、経営コンサルタントで成功された方です。
その頃は、何も知らないで、株を触っていました。 当時は、この方の文を読めば、素晴らしい人だと、感心してばかりしていた記憶が有ります。

 ところが、序文を三回読みましたが、意味が全く判りません。殆ど、「日月神示」の事が書いてあって、全体の流れは、泉パウロ氏の考えは、泉パウロ氏と通ずるところがある様に書いてありますが、泉パウロ氏を批難する様な文章になっています。

 おかしいですね。自分が書いた本の序文に、船井氏の言葉をお願いしたのに、船井氏は、泉パウロ氏をけなす様なことを書かれました。
 そうであれば、掲載は断れば良かったのに、推薦の言葉として、始めに掲載されました。
お二人とも、私など比べようがないほど、頭が良いと思い、「日月神示」を何度も読みましたが、意味が分らないので、「日月神示」の本を購入しようと思いました。

 お二人共、頭がおかしくなっておられるのだと思い、読むのを中止。又、読みはじめることを繰り返し、泉パウロ氏の文章は、益々、正確になっていることを発見しました。

 なにがといいますと、全ての事ですが、電磁波の事も、聖書のことも、日本のこともです。
第二巻のタイトルは
驚愕の対策
3・1人口人工地震震でなぜ日本は狙われたのか[Ⅱ]
です。
 私の今書いているタイトルと同じです。

発行 2012年3月29日

しかし、今日、船井氏の経歴を調べましたら、
次の様に書かれていました。
2014年1月19日、肺炎のため死去。81歳没[1]。

以上のことより、
3・1人口人工地震震でなぜ日本は狙われたのか[Ⅱ]
のことは、書きませんが、
 ご自分で、読んで下さい。

 船井氏は、自信を持って、日本は、電磁波で、遣られてしまうとの文章を書いて居られます。

 気の弱い人は、この本を読むのは止められた方が良いかも知れません。
何故かと言いますと、気象庁、政府関係者、メディアの人は、泉パウロ氏の著書 二冊は読まれたのでしょうね。

自分が誰であるかを記して、日本を絶滅にしようとしている人が居ると、言葉を発することが出来ないのかもしれません。

 この二冊は続けて読んで下さい。

 私は一服しながら、もう一度、第二巻を読み終えるつもりです。

| | Comments (0)

2017.01.01

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(16)

 明けまして
 おめでとうございます


 お正月から、穏やかでない話題で申し訳ありませんが、昨日までの流れを纏めますと、

①茨城県北部で震度6弱 東日本大震災の余震 気象庁
http://asilka.blog61.fc2.com/ 
二つ下にスクロールしますに掲載しています。
これは、もう一の私のブログです。
 
新聞記事は、 次の所で、直接読むことができます。http://www.sankei.com/affairs/news/161228/afr1612280053-n1.html


②糸魚川の大規模火災 「約30分後に飛び火」の証言・NHKhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E7%81%AB%E7%81%BD

①は太平洋側。 ②は日本海側です。海に近い方が被害にあったのですが、その間は何が有ると思われますか。

 少し、視点を変えながら、どうして、①②の間が、攻撃されているのか、考えてみようと思います。

途中で、私の考えが間違っていました。攻撃等する人はいませんという文章が書ければいいなと思っています。

| | Comments (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »