« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(44)犯人は誰だ(12) 犯人ロシア | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(46)犯人は誰だ(14) »

2017.02.06

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(45)犯人は誰だ(13)カナダ

 ロシア犯人説は如何でしたか。
ロシアの過去のことをほじくり返して、可能性があることを書きました。
でも、現在は大人しいですね。

 これも、安倍首相の行動があったからかもしれません。
先日来、プーチンを広島に招待して、話合いました。

北方領土を取り戻すことにはなりませんでしたが、電磁波による攻撃が、例え、今までの10分の1にでも、減れば由とすれば良いです。

 どの国から、電磁波が飛んできたかを知る方法を確立することが大切になると追います。

私は、まだ、技術を持っていない国でも、今は、練習・実験段階で、日本に向けて電磁波を照射しているのではないかと疑っています。

では、どのような国があてはまるか考えてみようと思います。

アメリカの隣りのカナダが考えられます。

世界中が、段々怪しくなってきました。

弱い国は、どこかの国の傘下に入るしかないと思います。

先日、カナダは、トランプ氏に云われないのに、自分達が応援するような事を発言しました。
元々、カナダは年間に20万人ぐらいの移民を受け入れていた様ですが、先日のアメリカへ移民する人達を飛行場でボイコットする騒ぎの中で、カナダがアメリカの分を引き受けると言う報道が在った様に記憶するのですが、今、探しますと、見つかりません。

 一方、アメリカは、移民を入れない分、物は入ってきません。其分は、カナダに流れて、カナダが元気になります。

隣りが元気になると、トランプ氏は、気になるでしょうね。

|

« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(44)犯人は誰だ(12) 犯人ロシア | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(46)犯人は誰だ(14) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(44)犯人は誰だ(12) 犯人ロシア | Main | 電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(46)犯人は誰だ(14) »