« 河野太郎外相、徴用工で韓国外相に直接抗議  | Main | 米ハリケーンで『千年に一度』の洪水  »

2017.08.26

40年ぶり 東京で15日連続の雨

最近、天気予報は、外れる事が多くなったと思われませんか。

http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2017/08/20/79501.html


20日(日)、湿った空気が流れ込み、関東は朝から雲が多く、夕方は東京で雨を観測。これで8月に入り、20日連続の降水(0.0mm以上)となりました。8月に、降水が20日以上連続して観測されるのは1977年(22日連続)以来40年ぶりのことです。

このニュースは簡単に書いてありますが、おかしいのではありませんか。 

8月に、降水が20日以上連続して観測されたというだけでも、大変なことなのに、40年振りだと書いてあります。
これは、新聞社の考えた事であれば、おかしくありませんが、気象庁が 発表されたのです。

どうして、このような事になったかを説明すべきでしょう。

ただ、これだけではありません。 局地的な豪雨が、全国的に頻繁に起こっています。 避難してください。 これはいいのですが、最近は、局地的に豪雨が起こることを予想するのは、無理ですと報道しながら、避難情報を流しておられます。

 これは、働いておられる人も、仕事を休んで、避難をしなさいと言うことでしょうか。 老人や身体の悪い人は避難しなさいと言うことでしょうか。 そんなことをしていたら、落雷で死んでしまうでしょう。

どうして、こんなに落雷被害が多いのでしょう。 沢山の方が、落雷で無くなっておられます。 

私は全部、電磁波を使えば、起こす事ができるのではと考えています。

こんなことを云うのは、不謹慎なのでしょうか。

もし、正しいとすれば、全国に電磁波が、多くなっている地域が判るように、測量する器具を置けば、直ぐに、避難命令が出せると思うのですが・・・・・。そんな測定器は、無いのでしょうか。


|

« 河野太郎外相、徴用工で韓国外相に直接抗議  | Main | 米ハリケーンで『千年に一度』の洪水  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 河野太郎外相、徴用工で韓国外相に直接抗議  | Main | 米ハリケーンで『千年に一度』の洪水  »