« 完全破壊とメキシコ | Main | 台風のお話(2) 台風21号 »

2017.10.01

完全破壊とメキシコ(2)

9月20日の日本時間03:14にメキシコでM7.1の大地震が発生した
http://jishin-news.com/archives/2785

メキシコではちょうど32年前の1985年9月19日に、首都を中心に1万人以上が死亡したメキシコ大地震が起きている。今月7日にはM8.1の地震が起き、同国南部で90人以上が死亡したばかり。
今回の地震は、32年前の大地震を追悼する救助避難訓練がメキシコシティで開かれている最中に起きた。
このようなことが、偶然に起こるでしょうか。

どうして、メキシコが狙われなくてはならないのか、理由が分かりません。

トランプ氏は、何が何でも、北朝鮮を、完全破壊したいようです。

あるとしますと、アメリカという国自体に、メキシコを潰しておきたい理由が有ることになります。

 原子爆弾で、処理をおこないますと、メキシコ人は、一人も残りませんが、そのようなところにアメリカ人の誰が行くでしょうか。

後、有るとすれば、アメリカには、50洲あり、その50洲のアメリカ人を納得させるためには、完全破壊が必要なのでしょうか。

|

« 完全破壊とメキシコ | Main | 台風のお話(2) 台風21号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 完全破壊とメキシコ | Main | 台風のお話(2) 台風21号 »