2017.10.23

台風のお話(2) 台風21号

 現在、2017/10/23 0.07 起きたところ。 やれやれです。

わが家 大阪府箕面市 昨晩、避難勧告が、携帯電話に入りました。しかし、その時は、既に、避難するには、危険なほど、風が吹いていました。

さて、問題の台風ですが、夕刻から、風雨が強くなり、風は、私がこれまでに経験した台風の内で、一番強かった様に思われました。

 木造二階家の我が家は、超古い家と、55年前に建てた、新築?の二本建ですが、この二軒目が、建て増しに次ぐ、シロモノで、最後に増築した部分二間は、下をガレージにした為に、素人目に見て、どう見ても、地震か、台風がくれば、倒れそうですので、五年程前に、ガレージの部分を鉄骨で補強? したつもりでしたが、この部分は、昨晩は、揺れ強かったので、古い部屋に避難。
 これは、夕刻 19時40分ぐらいの事です。

テレビの天気予報では、台風は、夜中の12時から、23日未明にかけて、大阪・東京当たり、上陸、(この時点では、台風は、まだ、沖縄に上陸していなかった?)

外の様子は、雨・風強く、どうやら、瓦が飛ぶような音が時々、聞こえました。

現在、台風は、潮岬を通過中です。  0時53分

この記事は いつも、「新しい日本の歴史so」に掲載していますが、これは、壊れたらしく、見る事も出来ません。

| | Comments (0)

2017.10.01

完全破壊とメキシコ(2)

9月20日の日本時間03:14にメキシコでM7.1の大地震が発生した
http://jishin-news.com/archives/2785

メキシコではちょうど32年前の1985年9月19日に、首都を中心に1万人以上が死亡したメキシコ大地震が起きている。今月7日にはM8.1の地震が起き、同国南部で90人以上が死亡したばかり。
今回の地震は、32年前の大地震を追悼する救助避難訓練がメキシコシティで開かれている最中に起きた。
このようなことが、偶然に起こるでしょうか。

どうして、メキシコが狙われなくてはならないのか、理由が分かりません。

トランプ氏は、何が何でも、北朝鮮を、完全破壊したいようです。

あるとしますと、アメリカという国自体に、メキシコを潰しておきたい理由が有ることになります。

 原子爆弾で、処理をおこないますと、メキシコ人は、一人も残りませんが、そのようなところにアメリカ人の誰が行くでしょうか。

後、有るとすれば、アメリカには、50洲あり、その50洲のアメリカ人を納得させるためには、完全破壊が必要なのでしょうか。

| | Comments (0)

2017.09.25

完全破壊とメキシコ

 アメリカは、最近、北朝鮮が言うことを聞かないのであれば、完全破壊を行うと宣言しました。
その方法の一つとして、電磁波によるものも考慮に入れないといけないと思います。

9月20日 メキシコで、大きな地震が起こりました。 32年振りだったと思います。
大きな地震なら、50年、100年に一回でも、良いですが、あまり古いと、記録が有りません。
 まずは、どれほど、ひどかったかは、次の記事をご覧ください。

①メキシコでM7.1の大地震 死者200人以上
http://www.bbc.com/japanese/41329263

②メキシコでM7.1の地震 100人超死亡、首都で複数の建物崩壊
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010000-afpbbnewsv-int

9/20(水) 8:31配信

メキシコがどうして、電磁波によってヤラレタと考えたかと言いますと、
トランプ氏は、大統領になった時に、一番に、メキシコ人が、アメリカヘ避難してくる。 いくら、金網を高くしても、よじ登って、メキシコ人は、越えてくる。
ケシカランから、アメリカとメキシコの国境の間に、もっと高い、壊れない壁を建設する。その費用は、メキシコが負担しなければならないと発言しました。

トランプがメキシコに壁を作る理由とは?実現可能かわかりやすく解説!
http://arcanaslayerland.com/2017/01/27/trump-wall/
2017/1/27

これに代るものとして、アメリカが電磁波で、地震を起こしたという証拠は、有りませんが、電磁波の得意とする国は、ロシアとアメリカがトップだと考えるからです。

これで、30年ほどは、メキシコでは、今度のような地震は、発生しないでしょう。ただ、それだけではなくて、トランプ氏が、塀を造くらなくても、アメリカへ亡命するにも、メキシコ人は、お金も無くなったと考えます。

| | Comments (9)

2017.09.20

台風18号を考えてみます

前回、台風過剰報道の裏には何があるのでしょうか? 予報の精度があがった分 数値が独...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12136878767

を読んで、台風過剰報道の裏には何があったと思って、書きだしましたが、証拠が有りませんが、自分では、この台風は、電磁波による台風だったのではないかと考えました

 台風がまだ、九州に上陸しない内に、進路を東に急に、方向を変えました。地球は、回転していますから、素人考えですが、真っ黒の雲は、じっとしていても、自分の立っている所は、西へ移動していることになります。
 そこで、私は毎朝、西の空が、明るければ、自分の家が、真っ黒の雨雲があっても、見えている雨雲は、降って来ますが、その後は晴れるという天気予報です。

台風は、私の考えでは、そのまま。中国大陸に行くので、天記予報は、余り見ていませんでした。ところが、急に曲りましたから、これは、電磁波だと思いました

NHKは、凄い勢いで、報道をしていましたが、そのまま、東へ行くと思っていたのに、台風は、九州に上陸しました。
 それだけに、NHKの報道は、少し、オーバーたなと思いなが、記事を掲載しました。


台風が、四国をに上陸した時は、私の推理は間違っていたなと思いました。(ということは、電磁波の所為ではない)


NHKの報道は、益々、激しくなりましたが、画面の映像を見ていましたら、川が氾濫している映像は、随分前の映像で、同じ映像ばかりが放映されているのに、NHKの前に立って、報道している人は、『今は、風も止み、雨も小雨です』と報道して居られますが、盛んに避難勧告を繰り返されました。

この映像を見て、避難はしませんでしたが、私の家は、直撃だと繰り返し言われましたので、雨戸を閉めました。

このような台風情報を見ながら、やはり、わが家には来ないなと思い。やはり、わが家には、台風は来ないと、いつもの8時に寝ました。 トイレに、12時過ぎに起きましたら、雨も風も全く有りませんでした。

私は、朝の私の予報は、正しかったのだと思い、また、寝ました。


緊急・被害状況 - 詳細 - Yahoo!天気・災害 - Yahoo! JAPAN
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/emergency/detail/00000006000691.html
.

Yahooのこのブログは、すばらしいと思いました。
そして、コピー、保存しました。

| | Comments (0)

2017.09.18

台風過剰報道の裏には何があるのでしょうか?

台風過剰報道の裏には何があるのでしょうか? 予報の精度があがった分 数値が独...
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12136878767
 この記事にはも次のようなことが書いてあります。

greatgeniustraderさん  2014/10/1405:39:58
台風過剰報道の裏には何があるのでしょうか?
予報の精度があがった分
数値が独り歩きして大げさにとられているのでしょうか?
事前にものすごく騒がれる割には
今回もたいしたことない。  以下省略

この前の私のブログは故障しているが治るでしょうかと書きましたが、治っていたようでした。というよりは、壊れていたということは、他のブログにかいたことと勘違いしていました。

しかし、治っていないブログは7つ有ります。

全部壊されたと考えています。 しかし、『新しい日本の歴史so』の中の、記事は、前回に書いた記事は、消さないで、リンクが出来ないようにされています。 

歴史と未来(7)  ガソリンによる制裁(2) [思うままに]

私の記事が良く無いのです。100%、確かめたのではないのですが、サッカーの試合の時に、大きな垂れ幕を掛けたという記事の事に付いて書きました。


話題を元にもどしますと、台風の報道は、昨日ので良かったのかということを書こうと思いましたら、
greatgeniustraderさん  2014/10/1405:39:58 の記事が、トップにありましたが、その下に一杯有りました。

しかし、greatgeniustraderさんの記事は、  2014/10/1405:39:58 のものです。 ということは、昨日の台風の事ではありません。 私は、午前中の報道で、私のところへは台風は来ないと思っていましたら、各地の被害は、大きいし、雨戸を閉めても、風が入ってきますから、、家内は、雨戸も閉め、海中で宇藤を私の分も用意しました。私の予測はよそくは、間違っていると思いました。
 しかし、やはり、我が家には上陸しないと思って、寝たのが九時でした。目が覚めたのは、11時50分でした。

このときは、全く風も雨もやんでいました。 今回の台風も電磁波が関係していたかなと思いました。

私のこのブログの記事は、電磁波のことを書いています。
これを使いますと、NHKの報道がどうして、まちがっているかを説明出来ます。
 このブログでは、厖大な電磁波のことを長年書いてきました。

でも、もう書くのは、止めようと考えています。

この件は、サッカーのことも含めて、書きますと、死につながると思います。

米ハリケーンで『千年に一度』の洪水 その原因に「ブラウン・オーシャン効果」
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20170902-00075281/私のばあいは、書くことをやめても、この外に、壊れてしまったと言うことは、つぎは、殺されるしかないなと思います。電磁波のことは、だれかが、言わなければなりませんが、ご自分の住所が分かることを書いた人は、全部消されるのがいいと思います。


追加 
カテゴリーを<新聞記事>に設定して、記事が表示されましたら、そのまま、記事を下にスクロールしますと、
一面に表示されない記事のタイトルのみが、、表示されます。 電磁波のところをクリックしますと、電磁波に関連する記事を掲載しています。

 地震のタイトルも多いですが、電磁波と地震は、関係あるのではないかと、書きました。 難しい問題です。

| | Comments (0)

2016.12.16

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか(4)

 どうして、タイトルのようなことを考えるかを前回書きました。
もう一つのバカげた考えが有ります。

「今日の地震」をキーワードで検索します。
上から、順番に 3つ程読んでください。

一番上の資料には、(今朝・12日15日)
12月8日から12月15日4時58分までに起こった地震が記されます。
 震源地が表示されていますが、殆どが、人工地震で起されたと噂されている地名が見えます。 全て、ひどかった地震であることは、どなたも記憶されていると思います。

 すべて、深度は浅くはありませんが、これは、毎日見て頂きますと、毎日、続いていることが判ります。 人工地震で無ければ、現在の知識から判断すれば、理由が、説明なされねばなりません。

 データーを公表している気象庁は、原因を説明していません。
どうして、解説していないのかと言いますと、

①原因がわからない。

②原因は分っているが、公表すれば、国民に不安を与えるから。

③政府から、公表することを止められているから。
 
 このように幾らでも、考える事が出来ます。

先日、津波警報が出されました。 そのときは、全てのテレビ局は、他の番組を停止して、警報が出ましたから、すぐに、避難するように放送しました。

 どれほど、アナウンサーの避難指示は、落ち着いた声であっただけに、最大の危険な津波が到着する様子を伝えていました。
 
 我が家は、遠く離れていますので全く関係ありませんが、1時間は、聞きもらすまいテレビの前に居ました。
 放送は、2時間経っても、「いま、直ぐに 避難するように」と放送を続けました。

どうして、2時間経っても、津波か来ないのであれば、注意報に切り替えることは出来なかったのでしょうか。
 テレビから流れる映像は、海岸線を次々走る自動車の映像を映していました。 この人達は、自動車で走りながら、テレビを付けていたと思います。 しかし、海を眺めて走っていましたら、絶対に、津波は来ないということを知って居られたと思います。

 結果は津波は来なかったから良かったのですが、警報は、長い事出し過ぎましたと、気象庁から一言あっても良かったのにと思いました。
 そうしませんと、次回から、同じ様に、海岸線を走る自動車は増えると思います。


ついでに、「青色表示は既に解除されている大津波警報・津波警報・津波注意報及び津波情報」もご覧ください。

これを見れば、気象庁が、判断を間違われた事が判ります。


外にも考えたことが有ります。
 全部、マグニチュード7.4 ぐらいです。

東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年(平成23年)3月11日に日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震である[1]。地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0で、日本の観測史上最大規模のの地震であり、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震以来、観測史上3回目の最大震度7を観測した。 (ウィキペディアより)

と云うことは、阪神・淡路大震災と新潟県中越地震よりも強かったことになります。

これだけで、気象庁が、地震警報解除をようしなかったことが判ります。

としますと、
東北地方太平洋沖地震では、陰謀論に依りますと、
「3つの水素爆弾が、仕掛けられていた事になっていて、三回に分けて、地震が、発生したことになっています」は、陰謀ではなくて、真実だったことになります。

| | Comments (0)

2016.12.13

電磁波攻撃はどうして日本に対して行われるのか

今年もそろそろ終わりに近づきました。一年間、異常台風、異常地震、異常気象が多かった様に思います。
このブログのタイトルは、「楽しい人生」なのに、楽しく無い話ばかりでした。

私は、こわがりの所為か
電磁波攻撃について知って頂こうと、71回も書いてきました。しかし、読まれる方は殆どおられませんでした。

こんな恐ろしい話は、出来れば、知りたくないし、書いてあっても、見たくもないのだなと思いました。 これは戦争以上に凄いことですが、皆さんは目も閉じて、耳も塞いでおられる事になります。


電磁波を利用したものに、料理に使う電子レンジが有ります。湯沸かしのポットよりも早く、料理は温かくなります。但し、温めた料理の栄養分は、殆ど無くなるそうですね。 本当でしょうか。

ネットで、「電子レンジ  栄養分」と入力しますと、一杯出てきます。
どれを読んで見ても、書いてあることが本当とは、誰にも判らないと思います。

養分が、殆ど無くなってしまうという見えない世界のお話ですから、ピンときません。

電子レンジのおそろしさ
http://obatasensei.sakura.ne.jp/densirenjinoosorosisa.html

ここでは、タイトル通り、おそろしい話が書いてありますが、判り易いのは、電子レンジで温めた水を植物にやっても、植物は育たないと書いてあります。
 これは、実験は簡単です。

①アサガオの種を土に埋めます。
②毎日、水をやります。
③発芽しないそうです。

 ここに書いてある電磁波と、私たち、日本人が、一年間浴びてきた電磁波は同じものです。
 私は素人ですから、電磁波の事は、全く知識が有りません。 しかし、上に書いてあることが、本当であれば、私たちは気が付かないだけで、随分、一年間で電磁波を浴びたことになります。
 一番浴びたのは、新潟、熊本、鳥取、東北の各県でしょうか。 全部、人工地震で地震が起こったとネットで書かれている県です。
 そんな馬鹿なと無視するのは別に構いませんが、多くの人が、病気になることは間違いないでしょう。
 私が住んでいる大阪府の北部は、あまり話題になりませんが、メディアは、大阪府北部とは書かないで、京都府南部、兵庫県東部との言葉を使って、報道しています。

ということは、電磁波を浴びているのだなと感じています。

 先日、京都の東寺から歩きだして、終点の西宮神社(えびす)まで歩き終えました。
この部分を西国街道と言います。14~5回に分けて歩いてきました。
 伊丹市辺りから、気が付いたことですが、町が美しいのです。西宮にはいりますと、一段と美しく感じられたのが、家が新しいのに気が付きました。

 阪神大震災です。この辺りの被害は、それ程でもないと思っていましたが、地震が起こってから、20年を過ぎます。
 私の家でも、至る所にひび割れが生じて、修理したところもあり、ひびはそのままの部分もあります。
 西宮市は、報道もされませんでしたが、20年の内に、殆どの家が建てなおす事になりました。

 先ほど書きました 新潟、熊本、鳥取、東北の各県は、元通りにするには、20年掛かるということです。

 先日書きましたが、電磁波は、水分を震わせる力が有ります。その力は、想像出来ない部分になります。

 私たちの身体は、80%近くの水分からなっていますから、気が付かないだけで、影響を受けます。
 細胞の中で、生殖に関係する部分は小さな組織ですから、影響を大きく受けるでしょう。
ラット等を使って、どれほど影響をうけるか、実験がされていて当然ですが、分かっているが、公表されないのかもしれません。

 仮に、50%の人が、影響を受けて、子供か゛出来ないとしますと、何年後に、日本の人口は、ゼロになるでしょうか。

50年もしますと、ゼロにならなくても、人口は大幅に減少して、その後、電磁波が当らなくても、少なくとも、日本という国は滅ぶ事になるでしょう。

| | Comments (0)

2016.11.21

今日の地震  5時29分現在の資料

平成28年11月21日03時18分
21日03時15分頃 茨城県沖 M2.9 震度1
平成28年11月21日01時34分
21日01時31分頃 与那国島近海 M3.8 震度1
平成28年11月20日18時27分
20日18時24分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日15時24分
20日15時20分頃 茨城県北部 M3.0 震度1
平成28年11月20日09時14分
20日09時10分頃 与那国島近海 M4.1 震度1
平成28年11月20日08時12分
20日08時09分頃 茨城県沖 M3.7 震度1
平成28年11月19日22時32分
19日22時29分頃 福島県沖 M3.4 震度1
平成28年11月19日18時45分
19日18時41分頃 五島列島近海 M4.2 震度2
平成28年11月19日17時55分
19日17時51分頃 和歌山県南部 M3.2 震度1
平成28年11月19日17時53分
19日17時50分頃 京都府南部 M2.8 震度2
平成28年11月19日15時33分
19日15時29分頃 鳥取県中部 M2.4 震度1
平成28年11月19日15時05分
19日15時01分頃 根室半島南東沖 M4.3 震度3
平成28年11月19日11時52分
19日11時48分頃 和歌山県南部 M5.4 震度4
平成28年11月19日09時36分
19日09時31分頃 秋田県内陸北部 M1.9 震度1
平成28年11月18日12時43分
18日12時40分頃 茨城県北部 M3.5 震度2
平成28年11月18日12時13分
18日12時07分頃 鹿児島県大隅地方 M2.2 震度1
平成28年11月18日11時50分
18日11時45分頃 鳥取県中部 M1.6 震度1
平成28年11月18日10時23分
18日10時19分頃 福岡県北西沖 M4.2 震度3
平成28年11月18日09時18分
18日09時15分頃 熊本県阿蘇地方 M2.6 震度2
平成28年11月17日21時46分
17日21時42分頃 鳥取県中部 M3.9 震度2
平成28年11月17日16時32分
17日16時29分頃 熊本県熊本地方 M1.5 震度1
平成28年11月17日15時53分
17日15時50分頃 岩手県沖 M3.9 震度1
平成28年11月17日15時07分
17日15時04分頃 熊本県熊本地方 M2.4 震度2
平成28年11月17日12時03分
17日12時00分頃 奄美大島近海 M3.3 震度1
平成28年11月17日11時04分
17日11時00分頃 熊本県熊本地方 M2.1 震度1
平成28年11月17日07時42分
17日07時38分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.7 震度1
平成28年11月17日01時52分
17日01時49分頃 徳島県南部 M2.5 震度1
平成28年11月17日01時06分
17日01時02分頃 千葉県北西部 M4.1 震度2
平成28年11月16日23時25分
16日23時22分頃 鳥取県中部 M3.1 震度1
平成28年11月16日18時58分
16日18時55分頃 宮城県沖 M4.0 震度2
平成28年11月16日17時20分
16日17時17分頃 鳥取県中部 M2.6 震度2
平成28年11月16日15時23分
16日15時19分頃 鳥取県中部 M1.8 震度1
平成28年11月16日11時28分
16日11時24分頃 鳥取県中部 M3.7 震度2
平成28年11月15日23時30分
15日23時27分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.4 震度1
平成28年11月15日22時50分
15日22時47分頃 釧路地方中南部 M2.7 震度2
平成28年11月15日22時44分
15日22時41分頃 熊本県熊本地方 M2.0 震度1
平成28年11月15日19時43分
15日19時36分頃 釧路地方中南部 M1.6 震度1
平成28年11月15日17時48分
15日17時44分頃 熊本県熊本地方 M1.8 震度2
平成28年11月15日17時33分
15日17時30分頃 熊本県熊本地方 M1.9 震度2
平成28年11月15日10時57分
15日10時54分頃 熊本県熊本地方 M2.2 震度1
平成28年11月15日08時18分
15日08時15分頃 鳥取県中部 M2.3 震度1
平成28年11月15日01時49分
15日01時46分頃 石川県能登地方 M2.7 震度2
平成28年11月15日01時19分
15日01時15分頃 茨城県沖 M4.6 震度3
平成28年11月15日00時21分
15日00時16分頃 和歌山県北部 M2.2 震度1
平成28年11月14日23時55分
14日23時52分頃 宮城県北部 M2.0 震度1

11月19日 17時55分の和歌山の地震は、大阪府箕面市でも、体感できました。 南海トラフの中心地ですから、テレビ放映があると思って、テレビを付けますと、放映していていました。
 深度50~60?
暫くして、箕面市でも、地震がありました。 京都南部となっていますが、箕面市豊能町は、すぐ、隣です。 深度10km  と報道していました。
 前日から20日を含めて、暑すぎる気温出合ったのが、気になりました。

東北、鳥取、鹿児島沖が多いのが、気になりました。 

| | Comments (0)

2016.03.07

『潰れない日本』 戦う日本(27)  人口減少社会(25) 中国の攻勢(2)

随分日が開いてしまいました。書きたいことが多過ぎて、何処から書けば良いか迷っています。

 迷よっているのには、理由が有りました。
それは、産経新聞発行 河添恵子著の

『だから
中国は
日本の農地を
買いにやって来る』

というタイトルの本を買ったからです。 漢字は、超大きい活字で(fハネなどの無い書体) ひらがなは手書きの感じの字です。 

一言で言えば、読みにくいタイトルです。

著者の河添恵子氏は、以前に、『中国人の世界乗っ取り計画』
平成22年4月16日発行

を書いて居られるので、今回も購入しました。タイトルを読みますと、日本各地で、農地の買い取が始まっているのかと思いましたが、とうとう、最後まで、日本のことは書いてなくて、世界中で、町ごと、乗っ取られた話ばかりです。
 読んでおられない方が、一杯居られるのに、この様な事を書きますと、営業妨害になるかと思いましたが、この本に書いてあることが本当であれば、日本どころか、世界で、中国人の町が次々誕生していくことは止まらないだろうと思われます。

 長いこと掛って、いろいろ考えましたが、もう一度、奈良県の御所市へ行って来ようと、家内と二人で、歩いてきました。以前行った時は、御所市の西半分(金剛山の側)でしたが、今回は、東半分を歩いてきました。

それから、又、考えました。そして、今日やっと、書く気になっていますが、その前に、読売新聞社は、人口減少社会を防ぐために、どのように考えておられるかを紹介しました。

産経新聞社は、『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』の本のことも取り入れて、人口減少社会を防ぐ記事を書き始めています。

 その前に、東北地方の津波から5年立ちますので、読売新聞も産経新聞もこちらに、比重が移ってしまいました。
こちらは、あまりにも、力を入れて報道した為に、戻ろうと思っていた人も、帰れないことが分った様に思いました。
 両新聞社とも、人口減少社会は、こうして、進行していますと、報道したようなものだなと思いました。

|

2016.02.29

『潰れない日本』 戦う日本(26)  人口減少社会(24) 中国の攻勢

前回の人口減少を食い止める方法は、如何でしたか。これは、日本で一番読まれている読売新聞社が、全精力をつぎ込んで、考えた案をこれから、国民に提言していこうとの決意といってもいいと思います。
 さあ、どうなることでしょう。

 2月26日 5年振りの国勢調査の結果が発表されました。
次に、全国の数字を見てください。

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/pdf/gaiyou.pdf人口は確かに減りましたが、問題にならない数値だと思います。それよりも問題なのは、全国的に、人口が減っています。しかし、減ったのは、絶対数ではなくて、全国から、東京と東京の周りに、人が移動したことが明らかになりました。

 東京周辺のみが栄えるのは結構なことですが、それ以外の所は、人口が減り過ぎて、バスや電車の本数が、減ってしまい、生活になりません。

先日、奈良県の御所市に行ってきました。以前に御所市の西半分を歩きましたので、今回は、東半分を歩きました。
 お弁当は持たず、まさかの時の為に、パンを二つだけ買って行きましたが、お茶を買う自動販売機もありませんでした。お昼を1時間過ぎた所で、コンビニが一軒あり、ここでおにぎりに有りつけました。 帰途、最後に、JRの駅を見付けましたが、一時間に一本でした。 電車は、丁度出たばかりでしたから、無人駅で一時間待ちました。

 どのような集落なのか分りませんが、人を見たのは、コンビニと、一ヶ所、20軒許の家屋が建っていた集落で、10人程の方が、集ってお喋りをされているのを見ただけでした。

いっぱいある田畑は、素人ですから、よく解りませんが、田起こしをされてある所が、半分位だったでしょうか。まだ、田植えまでには、間が有りますから、これから、田植えの準備をされるのかもしれません。
仮に、半分しか稲作をされないのであれば、土地は余ることに成ります。

 その土地は、手放されて、中国人が、購入することになるのではと考えました。

人口の減少どころか、中国人が入植し、人口は増えるのではと考え、タイトルに 「中国の攻勢」を付け加えました。「中国人の攻勢」ではありません。国が、買い占めるのではないかです。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧