2015.06.12

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その26

『私の健康観』26回目  32ページより

 かってサルチルサンを入れたりして大蔵省の上にアグラをかいていた日本酒は今になって大衆からソッポを向かれて弱っている。ビールなら大丈夫だ。S
じいさんのおごりのビールは何と的を射た本当のもてなしだったことか。折角重金属や不要成分を排出したスガスがしい身体に、商利に汚職された酒など真平御免だ。
 汚職を排除するためのヘルス・カスケットなのである。ヘルス・カスケットと前述のゴロちゃん(遠赤外線温転器-----ゴロゴロと尾仲間中が)の塀用は、健康の恢復維持増進と共に難病退治の新しい仁術になってきた。
 名古屋で幾つもの病院に利用され、患者はおろか先生方の健康にも喜ばれている。又、中伊豆にある有名なリハビリテーションセンターにも設置され、運動のできない身障者の健康増進に感謝されている。又福井市の日赤病院や武生市の市民病院でも感謝され誠に嬉しい限りだ。
 ともあれ汗と脂を出す生活が失われてはならない。老人は老人なりに汗と脂の努力を心がける必要がある。だが老人のくせに若人にまけまいと100メートルを疾走して頓死する知識人が多いのは何事か。100メートル競争は若人にまかせてよい。老人は老人の道を自ら開拓し、研究し、未踏の原野に挑戦すべきではないか。
 芭蕉は死に瀕して「夢は枯野をかけ廻る」と。芭蕉は死に臨んで、なお未踏の荒野への挑戦を夢いていたと思えるのである。

私からの一言---- 今回で、石川 正しの『汗に生きる』はお仕舞いです。
 冊子は、私の『健康観』より抜粋とありましたから、全文を読めば又、違う物になったかと思えます。
 特に、最後の方は、ヘルス・カスケットが如何に、すばらしい製品であるかの宣伝が強かったように思います。

 ヘルス・カスケットが良かった理由は、特に書いてありませんが、汗をかく事は、身体にとってはいいことと考えて間違いない様に思います。

 どこかに書いたと思いますが、人は、犬や猫より汗をかくことは分っています。しかも、夜の間に、随分汗をかくことも知らないだけで分っています。
 知りたければ、寝る前に体重を測り、起きた時に体重を測りますと、減った分の大半は、汗で有ることになります。


|

2015.06.01

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その25

『私の健康観』25回目  31ページより

 可視光線や紫外線という短い波長のない遠赤外線なので、眼にも支障なく、皮膚下40ミリにも及ぶ熱効果と、血液が毛細管にまでくまなく及ぶ好循環を招来するため特にお年寄りに好評を博している。
 空気温が低いのに発汗の旺盛に人気がある。アワが出る風呂があり、これに入って身体を濡らしてから、ヘルス・カスケットに入ると汗の出がすばらしく早い。肌を濡らすと遠赤外線の吸収が特に迅速である。玉の汗が空気温40~50度で滴り落ちる。
 備え付けられた寒暖計を見て、従来のサウナとの違いに皆頭をかしげている。Sじいさんは、営業の先端に立って、お客様へ遠赤外線の独特の体験的講釈が日課となった。晩酌の味が一段とおいしくなったと感謝される。私が電話とか、名刺で人を紹介すると、一段と遠赤外線の講釈に熱が入り、かえりには地下レストランで必ず、ビールをふるまわれそうだ。
 発汗は水分とビタミンのB及びC類を消費する。従って予めこれらを補給してからヘルス・カスケット入りするか、あるいは爾後これらを適当に補給することが必要である。
ビールを御馳走するとは本当に行き届いたSじいさんのもてなしと私も感じ入り、入浴後の夕食にビール一本は健康上不可欠となった。日本酒やウィスキーには何がはいっているかわからない。本醸造とか蔵酒とか、無添加とか、変なものが入っているのが通常だから、こんなことが仰々しく書いてあるだろう。ビールは変なことをしていないようだ。生とか本生の伝統ブリを表示している。

つづく

|

2015.05.29

 私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その24

『私の健康観』24回目  30ページより

 私の住居のある国分寺と国立の中程に同郷出身の家具メーカーを見付け、早速四台の
ヘルス・カスケットを注文、同郷金沢のよしみ、特別のはからいでやがて四台がS社に納入された。保健所の承認も難なく下り、後は消防署の検査である。遠赤外線とかヘルス・カスケット等の言葉さえまだ一般には知られていない時、消防署は全くチンプンカンプンだ。特許を持ってこい。原理を説明せよとのイチャモンには、さすが老練なS社長も辟易の態である。私は老社長に進言した。このヘルス・カスケットは電気を用いてあるので、漏電と安全を中心に作ってあり、ヘルス・カスケット内の温度は60度以上にはならない。60度以上になった時は安全のための温度フューズが切れ、その上の温度は60度以上にはならない。60度以上になった時は安全のための温度ヒューズが切れ、その上温度調節器が作動し、更にタイマーが設置されて、二重三重の安全保持がなされている。
通常の使用雰囲気温は40度前後(頭部の位置)で充分である。論より証こということがある。消防署長さんに入りにきて下さい。世界最初の公衆用遠赤外線ヘルス・カスケット入浴第一号になって下さい。ということでいよいよ仰々しい立ち合い試験となったのである。
やがて「なあーだ、50度以下じゃないか」。火災の危険はさらさら皆無と判断され、一般サウナと違う安全サウナという折り紙までついた。
検査合格 !

|

2015.05.23

 私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その23

『私の健康観』23回目  29ページより

訪ねてみると、そのマンションの地下室はレストラン、二階に大衆風呂とサウナがあり、上層部はすべて所謂マンションである。アブクの出る大衆風呂の奥に一寸した空室があり、そこに営業用として私のヘルス・カスケットを早急に世に先がけて設置したいとの意であった。
 S社長は既に老齢病弱であり、実務は息子さんに任せ、専ら家業の風呂や将来と篤と考えてのことと力説された。小柄なおじいさんで、体は衰えているが、なかなかの気力を感じさせた。胃腸が衰えたので、三食ともおかゆ、ここ数年来好きな晩酌もできなくなったと嘆かれた。私は数年来の自らの体験を申し上げ、先ず試みにあなた専用のテスト用ヘルス・カスケットを、とすすめることにした。必要な遠赤外線輻射素子を差し上げるから、私の
研究室にあるような箱をベニア板で制作し、自ら体験してみなさいということにした。老社長は何回か小金井まで通ってきたかいがあったと大喜びで帰って行った。
 半年過ぎる頃、やや艶を帯びて精気を漂わせたS社長がやってきた。半年前のくすんでしょげた小さいSじいさんではない。シャンとしてしている。直ちに営業用に四台セットしたいとの申出である。
 半年のテストの間、自らはもちろん、家族一同にまで実験を及ぼしたが、全く欠点が見当らない。風呂屋には風呂屋の勘が働くのだといったて、確信のほどをルルと述べられた。三食のおかゆは普通のコハンにもどり、好きな晩酌まで楽しめるように体力が恢復した。ヘルス・カスケットは何と胃腸にすばらしいか。慢性胃腸病の多年にわたるつらい病院通いは不要となった。全く人助けとハリキッていた。

|

2015.05.16

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その22

『私の健康観』22回目  28~29ページより

 水泳やスポツを開始する時、柔軟体操が行われる。ゴルフデモスタートの第一打は思う二に任せない。私はヘルス・カスケットは着衣のままでも利用できるので、事前運動の代用になる。着衣のまま10分間ぐらい入ると、入る前にはひざをまっすぐにして地に届かぬ両手が、楽々と地に着く。こわばった体がほぐされて柔軟になる。
 ヘルス・カスケットに入って大小便を順調にし、汗と脂を排泄して体内の不要毒物を追い出し、更には身体を自ら柔軟化できるのが、私の大きな自慢である。体のこわばった人を、地に手をつかせて楽々と最敬礼さすのは痛快この上ない。神戸のヨガ教室のD先生が実験に見えて、私のヘルス・カスケットを取り入れたいとのことであった。私の不精への精進はついに印度のヨガにまで通じたのである。
 東京の地下鉄の、板橋区役所前という駅で下車して数分の所に、高層マンションを経営しているS社がある。S社の社長はかつて東京都の風呂屋さん組合の理事長をしていた人で、つとに都会に営業する風呂屋の命運を心痛していたようだ。
 昭和47年私が小金井に現在のささやかな研究所を作った頃、知人を介し数度にわたり来訪され、私のヘルス・カスケット導入に大きな熱意を示された。訪ねてみると、そのマンションの地下室はレストラン、二階に大衆風呂とサウナがあり、上層部はすべて所謂マンションである。

|

2015.05.14

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その21

『私の健康観』21回目  27~28ページより

テレビで兼高女史がアフリカにおけるゴリラの生態を追っかけていた。専門家はゴリラのうんこを手に取って内容を調べていた。
 風邪をひいて喉や気管支炎をやられた時、衣服の上から、或いは適宜手拭いでゴロちゃんを包んで患部に当てる。あつさを感ずるより、あつさを感じにくい所に熱の縦深マッサージをすると良い。
 背骨の中程はあついが、上部にずらしてゆくとあつさを感じない所がある。その辺をゴロちゃんすると咳が鎮まってゆく。胸上の「ゴロちゃん」もシップより余程効果的である。肩こりや腰痛は例の健康の玉手箱で先ず一汗流してから患部を局所的に「ゴロちゃん」すると効果てき面である。
全身的に循環系統をよくした上に、局部的鬱積への「ゴロちゃん」は理を得ている。針を打つ前後にゴロちゃんすると針の効果を10日以上にも持続できるので、一ヶ月に二、三回の針で充分と鍼灸師は驚いている。
 火傷するあついお灸の近代化合理化が、この遠赤外線温転器「ゴロちゃん」の使命でもある。健康の玉手箱もゴロちゃんも共に、下痢と便秘、高低血圧相方に好影響をもたす。
 言わば清濁併吞型ユニークさを持っている。

|

2015.05.02

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その20

『私の健康観』20回目  26~27ページより

 他日、光岡博士にゴロちゃんを贈った。遠赤外線が縦深的に腸内細菌に与える影響も面白そうである。慢性的胃腸疾患にゴロちゃんやヘルス・カスケットの応用が何故好結果を生ずるのか。或いは悪玉ウェルシュ菌の異常増殖を抑えてくれる理由があるのかもしれない。
 私は自分の「うんこ」に三原則確立している。すなわち黄いうんこ、細いうんこ、そして臭くないうんこが私の健康のバロメーターである。こんなうんこになるように食養することが大切である。
 光岡先生は臭いうんことガンが関係あると答えられ、意を強うした次第である。うんこの内容や汗の内容の変化を知って、ガンや難病に対する予防を可能にしたいものである。
 私の創った健康玉手箱と「ゴロちゃん」で、食養料理を食べて、正しい腸内細菌のバランスを取り、何より健全な排泄を心がける必要がある。何はあれ出づる研究に、マクロ的から、そして又ミクロ的に、更に歴史的人類学的にも考えなければと思っている。


私からの一言 暫く開いて仕舞い申し訳ありません。
余程、「ゴロちゃん」の成績が良かったのか、光岡先生にお会いされてから、 「何はあれ出づる研究に、マクロ的から、そして又ミクロ的に、更に歴史的人類学的にも考えなければと思っている」と記し、研究への意欲満々です。

|

2015.04.23

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その19

『私の健康観』19回目  25~26ページより


 着衣の上から静かに動かして使う。胃のみぞおちから胃の下方に上下しながらゆっくりマッサージをする。又オヘソを中心に上下左右に静かに往復を繰り返すと、胃の中や、腸の中がゴロゴロとなり出す。それで私はこの遠赤外線温転器を「ゴロちゃん」と名付けている。表面だけ忙しくマッサージする必要はなく、皮膚下40ミリに及ぶ熱の縦深マッサージゆえ、ゆっくりが良い。特に胃腸の動きを活発化してくれる。
 私の友人の妹さんはもういい年だが、御主人が開業医である。奥さんの慢性下痢が七年も治らないと聞いて、早速「ゴロちゃん」を試みる。三週間毎日々々随時応用してかんぜんに慢性的下痢から免れた。お父さんの権威はここでも失墜である。猫でも具合が悪ければ年中日向ぼっこで治す。悪いものを食べたり、食べすぎるるとと草を噛んで吐き出すことも知っている。
 人間の腸内には悪玉のウェルシュ菌と善玉のビヒィズ菌が、バランスを保っているのが良いということだ。このバランスが崩れると便通に異常を生じ不健康を招来する。我々の腸善悪併せ含む寛容さが必要だとは面白いことである。
 私は理科学研究所に光岡知足博士(主任研究員)と面識の機を得て、共にうんこの重要性について共鳴する処大であった。その折り岩波新書から出ている博士の「腸内細菌の話」を寄贈された。「うんこ」の誠実な研究に心から敬意を表した次第である。
 私のかねてよりのうんこへの疑問が大分明るくなった。私はマクロ的にうんこを考えて「うんこ」の示す表情を健康のバロメーターにしている。「入るを計って出づるを制す」にあらずして、特に老後の哲学は、「出づるを計って入るを制す」でなければならない。出づるきのうの減退こそ老化そのものだと感づいたからである。若くして老化が始まっている昨今でもある。汗・脂と糞尿は排泄の四本柱である。

|

2015.04.09

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その18

『私の健康観』18回目  24~25ページより

 又私の知人Y氏は所謂頭痛持ちといわれ、折りにふれて薬を飲む。或る日私の研究室に来られた折り、ヘルス・カスケットを誘う。まだ汗と油を存分に出さない内に、早々と頭痛は淡雪のごとく消えてしまった。友人の医者の言によると、体の毛細血管への血流がなんらかの原因によってその循環が悪くなると、局部的警報(イタサ)の発生しない時には、総じて頭が痛くなるということのようだ。すへていたいのは、警報と思えばよい。
 私のヘルス・カスケットは体内に40ミリにまで及ぶ熱効果を与えるので、血液の循環促進にはもってこいである。血液が順調に毛細血管を還流すれば、細胞の酸欠もなくなり汚物は排泄される。頭痛解除間違いなしだ。
 空気が汚染され、食糧にはあぶない防腐剤が入っている。果実そ菜にまで、劇薬がさん布されている。これら危険物の体内摂取はさけられない。不要ののどくぶつは一刻も早く体外へ排泄しなければならない。すべての循環を良くして、排泄機能を充分にすることが望ましい。 
 最近婦人に便秘患者が多い。肥りすぎを警戒し、所謂美容食にこりすぎて、便通という排泄を忘れている。美容どころか不健康法である。「ヘルス・カスケット」は汗だしの外、胃腸を活発化させる特徴がある。特に遠赤外線温転器と名付けた私のマッサージ器は、一般の表面マッサージ器と異なり40ミリの深さまでを行う特別の性能を有する。

私からの一言----次々と病気が治る話は、なんだか怪しいなと思われるでしょう。でも、私は本当の事だと思います。
「私のヘルス・カスケットは体内に40ミリにまで及ぶ熱効果を与えるので、血液の循環促進にはもってこいである」
 これは本当だと思います。でも、こんなに効果があれば、病気になる人は、居なくなります。これと同じものを作っても、きっと、会社は、潰されるだけだと思います。

|

2015.04.06

私の健康観  *出づるを計って入るを制す  その17

『私の健康観』17回目  23~24ページより

 かつて私と兵役を共にしたH氏がいる。単身より立ち上がって一社を築いた。老年に至り喘息と腰痛に悩む。私はヘルス・カスケットを試みる。このカスケットに用いられた遠赤外線は皮膚下40ミリの深部にも熱効果を及ぼす、気管支に好影響を与える。腰痛にも著効ありと感謝されている。いつの間にか私は彼の奥さんからも先生といわれるバカになった(かつては所かまわず〝小隊長〟とやられてはずかしかったのだが)。
 老年への思いやりか、私の気ままな研究の話に魅せられてか、出張するとよく御馳走になる。折角の御馳走ゆえ全部平らげるのが礼儀と昔教えられた。従って60過ぎても威勢よくやる。但し先述のピーピードンドンまでは自重する心得がある。用を終えて帰ると必ず三キロ肥っている。帰りは私のヘルス・カスケットに直行だ。それから一週間をかけて、三キロ減量し、常の体重に戻ることを常にしている。
 肥満児対策をかんがえてみた。小学校一クラス一人か二人は肥満児がいる。校医の先生の息子まで肥満児で校医先生自ら参っているとの話も聞いた。肥満児は栄養過多と運動不足で、いわば入力と出力のアンバランスである。
 老年のかかるアンバランスは、一時的な時は先述の上下の急速排出によって救われるが、常態的なアンバランスの継続は肥満につながる。運動不足は更に運動嫌いを生起し、肥満は子供を自閉的にしがちである。昔は一人でも遊べる自然の山野があった。自閉症等聞いたこともない。一人で夢中でドジョウ取りをやったり、トンボを追いかけることが出来た。金持ちの子女にはよく肺病に悩まされている者がいた。そして女中より痩せていた。女中といわれた人々は大てい丸々と肥満し、血色もよく、キビキビ働いた。丸々と肥えてほっぺが赤く、今の肥満児ではない。ともかく昨今の肥満児はブヨブヨで、私のカスケットで減量し、食事の指導を併用したらよいかと思っている。


私からの一言---ヘルス・カスケットは素晴らしい道具であったらしいです。現物を見たことはありませんが、サウナです。以前からあるサウナは、湿度の高い狭い部屋の中に入り、暫くすると汗が一杯でてくるものです。私は二度入った経験がありますが、我慢する必要があります。長い人生で、二度は少ないのですが、もし、一人で入っていると、そのまま、死ぬケースもあるのではと心配していますと、直ぐに出て来る事となり、それほど、汗はでなかったように思います。それと、サウナで病気が治るという発想は浮かびませんでした。ルス・カスケットは、使用中の写真を見ましたが、中に椅子があって、一人が坐って満員の大きさです。確か本を読んでいるような物で、入口の戸は開放されたままだったと思います。洋服を着たままの写真でした。サウナですが、服がぬれる程汗が出るほどのものではないようでした。  効果は、喘息と腰痛が書いてあります。 此の病気は、全く関連の無い病気です。両方に効くとは、記事の中の「このカスケットに用いられた遠赤外線は皮膚下40ミリの深部にも熱効果を及ぼす」と関係があることになります。

 普通のサウナは皮膚の表面が一番熱いですが、皮膚下40ミリの深部に温度が行きますから、必ず、血液の流れが良くなりますから、喘息と腰痛とにも効く事になるのでしょうか。
 血液の流れが倍になりますと、患部への酸素の供給量が増えて、低酸素細胞である癌には、場所や癌の種類に関係なく治ると考え、購入することにしました。

|

より以前の記事一覧